理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

冥王星

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/06/03(金) 08:08:36.46 ID:CAP_USER
冥王星、氷が絶えずわき上がる意外な地質運動が判明 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/060200198/


 冥王星で最も目立つ、明るいハート形の領域「スプートニク平原」は、地質学的に「生きている」ことが明らかになった。

 『ネイチャー』6月2日号に発表された2本の論文では、スプートニク平原の下にある氷の対流が、その表面をたえず新たに覆い直し、多角形のパターンを作り出しているという発見が報告されている。

 一見穏やかそうな平原の西半分では、比較的温度の高い窒素の氷が、下からたえずわき上がってきている。新たに表面に到達した氷は横に広がり、クレーターやその他の痕跡を消し去り、この領域を若々しく保っている。

 スプートニク平原に見られる多角形のパターンも、わき上がってきた氷が作り出している。その形は、氷床のゆっくりした動きとともに変化していくと考えられる。

 米ワシントン大学のビル・マッキノン氏は、「この領域は鼓動しています。実際に活動しているので、人類が10万年後に同じ場所を再訪することがあれば、パターンは大きく変化しているはずです」と語る。(参考記事:「冥王星に信じがたい5つの新事実発覚」)

 今回発表された2つの研究は、対流している窒素の氷の層の深さなど詳細な点では食い違いがあるが、基本的な主張は同じである。一方の論文の共著者である米パデュー大学のアレクサンダー・トローブリッジ氏は、「類似点があることの方に興味があります」と言う。「私たちが導き出した結論は非常によく似ています。科学はこうでなければなりません」


次々にわき上がる氷

 NASAの無人探査機ニュー・ホライズンズが2015年7月に冥王星への接近通過を行ったとき、科学者たちは、冥王星の地形や色、氷の様子が、低温の太陽系外縁部で作られたものとしてはきわめて多様であることに驚いた。太陽から遠く離れた太陽系外縁部では、太陽からの熱がほとんど届かないため、すべてがその場で凍りつき、太陽系が誕生した当時から、死んだ破片が円盤状になって太陽系を取り巻いていると思われていたからだ。(参考記事:「冥王星“接近通過”をめぐる10の疑問に答える」)

続きはソースで

ダウンロード

引用元: 【天文学】冥王星、氷が絶えずわき上がる意外な地質運動が判明 太陽系外縁の常識を上回る高速な活動 [無断転載禁止]©2ch.net

冥王星、氷が絶えずわき上がる意外な地質運動が判明 太陽系外縁の常識を上回る高速な活動の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/06/02(木) 12:24:58.57 ID:CAP_USER
「太陽系の第9惑星」は他恒星から盗んだもの? 45億年前に移動との報告 (sorae.jp) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160602-00010000-sorae_jp-sctch

images


2006年に冥王星が惑星から準惑星に変更されて以来、いまだに埋まっていない「太陽系の第9惑星」の座。「惑星X」とも仮称で呼ばれるこの謎の天体ですが、スウェーデンのルンド大学の研究者はこの惑星Xが他の惑星系から太陽によって奪われたのではないか、との研究結果を発表しています。
 
この惑星Xは未だ発見されていませんが、エッジワース・カイパーベルト(海王星より外側の領域)にある複数の天体の動きから、その存在が想定されています。また、その質量は地球の10倍程度になると予想されています。
 
そして今回の研究によると、太陽によって盗まれたこの惑星Xは元の恒星から離れた場所を周回していました。また、恒星と惑星Xの重力による結びつきも弱いものでした。そして太陽と恒星が150天文単位(地球から太陽の距離)の距離をすれ違った際に、惑星Xが太陽系へと移動してきたというのです。また、この移動は45億年前に起きたとされています。
 
今回の研究はコンピューターのシミュレーションによって行なわれました。下の動画ではどのようにして太陽が他の惑星系から惑星Xを移動させたのかが、わかりやすく解説されています。まだまだ謎多き9番目の惑星Xですが、いつかその存在が確認される日がくるといいですね!

URL:https://www.youtube.com/watch?v=gVSEK9yvr3s



引用元: 【天文学】「太陽系の第9惑星」は他恒星から盗んだもの? 45億年前に移動との報告 [無断転載禁止]©2ch.net

「太陽系の第9惑星」は他恒星から盗んだもの? 45億年前に移動との報告の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/04/27(水) 17:56:19.27 ID:CAP_USER.net
準惑星マケマケの月発見 ハッブル宇宙望遠鏡 - 読んで見フォト - 産経フォト
http://www.sankei.com/photo/story/news/160427/sty1604270004-n1.html


 米航空宇宙局(NASA)は26日、ハッブル宇宙望遠鏡による観測で、太陽系外縁部にある準惑星「マケマケ」の周りを回る衛星を初めて発見したと発表した。当面「MK2」という名前で呼ぶという。

 マケマケはカリフォルニア工科大のチームが2005年に冥王星の外側の軌道で発見。南太平洋のイースター島の創造神にちなんで命名した。直径は地球の約9分の1の1400キロ、衛星MK2の直径は160キロ程度とみられる。

続きはソースで

ダウンロード
(共同)

引用元: 【天文学】準惑星マケマケの月発見 ハッブル宇宙望遠鏡

準惑星マケマケの月発見 ハッブル宇宙望遠鏡の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/03/29(火) 18:39:16.61 ID:CAP_USER.net
冥王星に凍った池を発見。過去には流れる川も? NASAが画像公開 (sorae.jp) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160329-00010002-sorae_jp-sctch


現在無人探査機のニュー・ホライゾンズは冥王星の観測を終え、地球に向かってさまざまな観測データを送信しています。その中から、NASAは「冥王星に凍った池が過去に存在した」ことを示すと思われる画像を公開しています。上が公開された画像ですが、確かに池だと言われれば池っぽいですね。
 
今回、冥王星のSputnik Planumという地点で撮影された「池の痕跡」には、現在はもちろん液体は存在していません。池の大きさは130メートルほど。そして、過去にはこの池には液体窒素が存在していたものと思われます。
 
NASAによれば、数百万年前~数十億年前には凍った冥王星の表面に液体が存在していました。昔は冥王星の表面は温度が高く、また気圧も高かったことにより液体が存在していたものと推測されます。
 
今回の画像はニュー・ホライズンズが昨年の7月にLORRI(モノクロ望遠カメラ)で撮影しました。ニュー・ホライズンズはその他にも、冥王星に過去に流れる液体が存在したと思われる証拠も発見しています。

images (1)
 

引用元: 【天文学】冥王星に凍った池を発見。過去には流れる川も? NASAが画像公開

冥王星に凍った池を発見。過去には流れる川も? NASAが画像公開の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/03/28(月) 18:35:47.15 ID:CAP_USER.net
太陽系第9惑星「Planet Nine」、やっぱり存在していた? (sorae.jp) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160328-00010002-sorae_jp-sctch


水金地火木土天海冥の最後こと冥王星が「太陽系外縁天体に属する準惑星」に分類されてから、我らが太陽系の惑星は8個ということになっています。さよなら冥王星……。しかし新たな研究結果より、『太陽系には第9の惑星「Planet Nine」がある可能性』が、日に日に増しています。
 
この仮称として名づけられた「Planet Nine」ですが、例えばカリフォルニア工科大学の惑星天文学者のマイク・ブラウン氏は、以前にエッジワース・カイパーベルト(海王星より外側の天体が密集した領域)の6つの物体を観測し、それらの動きが何らかの大きな天体によって影響を受けていると主張していました。
 
さらに今回、ブラウン氏はエッジワース・カイパーベルトに存在する別の物体が第9惑星の存在の可能性を高めていると主張しています。太陽系外観察プロジェクトのOSSOSが発見した「uo3L91」は上図の青い実線のように、非常に大きな軌道で太陽系を周回しています。そしてuo3L91はやはり太陽から地球の距離の200倍~1,200倍の場所に位置する大きな天体の影響を受けているそうです。
 
今回の研究はまだ確定したわけではなく、また第9の惑星「Planet Nine」が観測されたわけでもありません。今後もOSSOSは引き続き太陽系外の天体について観察を続けますが、はたしてこれまで人類が知らなかった第9の惑星が発見される日はくるのでしょうか?

ダウンロード
 

引用元: 【天文学】太陽系第9惑星「Planet Nine」、やっぱり存在していた?

太陽系第9惑星「Planet Nine」、やっぱり存在していた?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/03/18(金) 07:37:05.05 ID:CAP_USER*.net
探査機が撮影した氷火山「ライト山」の画像=サイエンス提供
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20160317004733_comm.jpg
 米航空宇宙局(NASA)の研究チームは、冥王星には過去に、半ば凍った状態の水や窒素がマグマのように噴き出す「氷火山」が存在したと考えられるなどとする論文を、17日付の米科学誌サイエンスに発表した。昨年7月に冥王星に最接近したNASAの探査機ニューホライズンズの観測データを解析した。

 論文によると、氷火山は冥王星の南半球に2カ所あり、それぞれ標高が3~4キロと6キロ。いずれも山頂部に噴出口のようなくぼみがあった。

続きはソースで

images (1)


(奥村輝)
asahi.com
http://www.asahi.com/articles/ASJ3K3HH1J3KULBJ003.html

引用元: 【太陽系】冥王星に「氷火山」存在した NASA探査機データ解析

冥王星に「氷火山」存在した NASA探査機データ解析の続きを読む

このページのトップヘ