理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

出品

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
~~引用ここから~~

1: エタ沈φ ★@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 16:26:03.10 ID:???.net

1970年代に旧ソビエト連邦の宇宙飛行士3人を宇宙空間に送り出した宇宙船のカプセルが来月7日、ベルギーで競売に掛けられる。
ドイツの競売会社レンペルツ(Lempertz)が23日、発表した。

 旧ソ連の宇宙カプセルが競売に登場するのは欧州初で、予想落札価格は140万ユーロ(約1億9800万円)。

 レンペルツによると、「再突入カプセル(Vozvrashchayemyi Apparat、VA)」と呼ばれるこのカプセルは、旧ソ連と米国が宇宙開発競争にしのぎを削った冷戦時代に開発された。
高さ2.2メートル、直径2.8メートルで、重量は2トン近い。

 78年には無人ミッションにも使用され、その後は訓練用として使われた。
当初はある英国企業に払い下げられたが、この企業が売却を決定し、レンペルツに管理を委託したという。 (c)AFP

続きはソースで
http://www.afpbb.com/articles/-/3013581
~~引用ここまで~~



引用元: 【宇宙】旧ソ連の「再突入カプセル」と呼ばれる宇宙カプセルが競売に、予想落札額およそ2億円


旧ソ連の「再突入カプセル」と呼ばれる宇宙カプセルが競売に、予想落札額およそ2億円の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/08(日) 20:40:27.38 ID:???0

★「重文388件が所在未確認」 ネット出品 家宝意識薄く
2013.12.8 12:28

国宝を含む国の重要文化財が全国各地で所在不明になっている問題で、個人所有の重文約800点のうち半数近くの所在が確認できていないことが、文化庁の調査で分かった。一部は不特定多数が利用するインターネットオークションに出品されている実態も判明。文化財を代々引き継ぐという価値観の喪失など、所有者のモラルの低下を懸念する声が上がっている。(川瀬弘至、篠原那美)

◆無届け売買が横行

文化庁によると、重文には現在、国宝871点を含む美術工芸品1万524点が指定されている。
このうち売買されることの多い個人所有の約800点について10月に確認調査を行ったところ、いつの間にか所有者が代わっていたなどの理由で388件の所在が確認できなかった。

文化財保護法では、譲渡や相続などで重文の所有者が代わる際、文化庁に届け出なければならない。
しかし最近は無届けで売買したり転居したりする所有者が多く、「所在確認は年々難しくなっている」
(文化庁関係者)という。

文化庁が懸念するのは、無届けの売買による文化財の散逸や海外への流出だ。今年7月には、重文と同じく海外輸出が禁じられている「重要美術品」の仏教文書が中国でオークションにかけられていたことが判明。8月には、重要美術品とみられる刀剣が匿名で利用できるインターネットのヤフーオークションに出品されていたことも分かった。(以下略)

4

http://sankei.jp.msn.com/life/news/131208/trd13120812340008-n1.htm



「重文388件が所在未確認」 ネット出品 家宝意識薄くの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/10/18(金) 18:14:48.46 ID:???

全長17メートルの恐竜化石が競売に 英

(CNN) 1億5000万年前に生息していた恐竜「ディプロドクス」の化石が近く、英国のオークションに出品される。全長17メートルの「大物」だ。
大型恐竜の完全な化石がオークションにかけられるのは欧州で初めてとされる。

イングランド南部ビリングスハーストで来月27日に開催されるこのオークションは、「進化」がテーマ。
英ジュラシック海岸で発掘されたイクチオサウルスの化石や、自然史関連の芸術作品も出品される。
キュレーターを務めるのは文筆家で画家のエロル・フラー氏だ。
同氏によると、ディプロドクスの化石は2009年に米ワイオミング州で発掘され、「ミスティー」と名付けられた。

同州の発掘現場へ14歳と11歳の息子を連れて行った古生物学者が、2人に近くの地面を掘らせたところ、巨大な骨を見つけてきた。
すぐにチームをそちらに移し、9週間かけて全体を発掘した。

米国の国有地で発掘された化石は国外への持ち出しが制限されるが、ミスティーが見つかったのは私有地だったため、世界中どこへでも合法的に運ぶことができるという。
フラー氏によると、世界では6カ所ほどの博物館がディプロドクスの化石を所蔵し、ロンドン自然史博物館など博物館数カ所に石こう模型が展示されている。

ミスティーは金属製の枠で支えられ、この枠は組み立て式になっている。
いったん解体して再び組み立てる作業には、2~3人がかりで約1日かかるという。
予想落札価格は40万~60万ポンド(約6300万~9500万円)。

フラー氏は、8月にオークションにかけられた高級車フェラーリの落札価格が1800万ポンド(約28億円)に上ったことを例に挙げ、「仮に私が金持ちだとして、友人に自慢する時のインパクトを考えれば、ミスティーは信じられないほど安い」と強調した。

CNN.co.jp 2013.10.18 Fri posted at 09:00 JST
http://www.cnn.co.jp/fringe/35038623.html?tag=cbox;fringe
e88ebb9a.jpg



【古生物】全長17メートルの恐竜「ディプロドクス」の化石が英国でオークションにの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ