理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

切断

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2018/04/28(土) 00:45:16.37 ID:CAP_USER
イェール大学の神経科学者であるNenad Sestanが率いるチームが行なった実験が話題になっています。
それは豚の頭部を身体から切り離し、外部の”維持装置”と接続することで脳に36時間、正常な活動を続けさせることに成功したというものです。

Netflix(ネットフリックス)のオリジナルドラマ『オルタード・カーボン』について、「意識をダウンロードするなんてできるの?」と専門家たちに聞いたところ「不可能/難しい」という回答が返ってきたのも記憶に新しいです。
しかし、今回の実験が示唆しているのは「もしかしたら人間の脳を生きたまま保存できるようになるかもしれない」という事実です。
そうするとSF好きとしては「脳の...移植...」なんて妄想もしてしまうわけです。

MIT Tech Reviewによると、この結果はNational Institutes of Healthで3月28日に開かれた、脳科学実験における倫理的な問題について議論するミーティングで発表されたとのこと。
人間の脳が人体から切り離されて活動維持が可能になれば、人間の死という概念が大きく揺らぐことになります。
うーん...どこから考えれば良いのか分からないですね。

実験に使われた豚の頭部は、と◯場で別の目的のためにと◯された個体のものを利用したとのこと。
MIT Tech Reviewの取材に対し、Sestan氏はすでに科学誌に研究内容を送っており、現時点でコメントを公開する意図は無いと回答しています。
正式な研究発表が科学誌に掲載されるのが待たれますが、大きな議論を呼ぶことは間違いないでしょう。

続きはソースで

関連ソース画像
https://assets.media-platform.com/gizmodo/dist/images/2018/04/27/20180427-decapitated-brain-alive-for-36-hours-01-w960.jpg

GIZMODO
https://www.gizmodo.jp/2018/04/decapitated-brain-alive-for-36-hours.html
ダウンロード (9)


引用元: 【医学】イェール大学、身体から切り離された脳を36時間”生かす”ことに成功[04/27]

イェール大学、身体から切り離された脳を36時間”生かす”ことに成功の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2018/04/17(火) 09:57:24.56 ID:CAP_USER
イタリア北部で考古学者らが、珍しい発見をした。手の場所にナイフがついている男性の骸骨が見つかった。Sciencealertが伝えた。

この骸骨は6~8世紀のものと推定された。死亡時の年齢は40~50歳とみられている。

続きはソースで

https://jp.sputniknews.com/images/478/54/4785411.jpg
https://jp.sputniknews.com/science/201804164785457/
images (3)


引用元: 【考古学】右腕にナイフの付いた義手・・・中世イタリアでサイボーグ化された男の骸骨を発見

右腕にナイフの付いた義手・・・中世イタリアでサイボーグ化された男の骸骨を発見の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2018/03/09(金) 14:41:12.15 ID:CAP_USER
何億年も前に生きた古代の爬虫類も、敵から逃げ切るための素晴らしい特技をもっていた。
現代の多くのトカゲがもつ「尻尾切り」の技だ。最新の研究成果が学術誌「Scientific Reports」に発表された。

 カナダ、トロント大学の研究者らがこの爬虫類の尾骨70個を調査したところ、トイレットペーパーがミシン目で切れるように、捕食者がこの爬虫類の尾をつかんだ際に、尾骨にある特定の亀裂で尻尾が切れるようになっていたという。

 カプトリヌスと呼ばれるこの爬虫類は重さ2キロほどで、今から2億8900万年前に生息していた。
尻尾を切り離すための亀裂は若い個体に多く見られ、おとなの骨ではしっかり結合しているように見える。

続きはソースで

画像:太古の爬虫類カプトリヌスは敵につかまれたときに尻尾を切り離すことができた。
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/030800106/ph_thumb.jpg

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/030800106/
ダウンロード (1)


引用元: 【古生物】2.9億年前の爬虫類も尻尾を切って逃げのびた 化石に尻尾を切りやすくする「切れ目」、研究成果[03/08]

2.9億年前の爬虫類も尻尾を切って逃げのびた 化石に尻尾を切りやすくする「切れ目」、研究成果の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/10/27(金) 18:43:19.44 ID:CAP_USER9
2017年10月27日15時56分
鋭い歯を持つ新種の草食恐竜マテロノドン・プロビンキアリスの想像図(Lukas Panzarin氏提供)
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20171026003857_comm.jpg
新種の草食恐竜マテロノドン・プロビンキアリスの歯の化石
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20171026003861_comm.jpg

大きくて鋭い歯を持ち、はさみのように植物を切り刻んで食べていたと考えられる、新種の草食恐竜の化石がフランスで発見された。欧州の研究チームが26日、英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。

 ベルギーやフランスの研究チームは、白亜紀の地層から見つかった化石を鳥脚類というグループの新種と判断。仏の恐竜研究者の名前と、発見場所の南仏プロバンス地方にちなみ「マテロノドン・プロビンキアリス」と名付けた。

 鳥脚類の仲間は、主に北米やアジアで繁栄。植物をすりつぶして食べられるよう、口内に小さな歯を何百本もびっしりと生やした「デンタルバッテリー」という特殊な歯の構造を持っていたことで知られる。

続きはソースで

(小堀龍之)

配信2017年10月27日15時56分
朝日新聞デジタ
http://www.asahi.com/articles/ASKBT52S8KBTULBJ00L.html?iref=comtop_photo
ダウンロード (1)


引用元: 【恐竜】草食なのに鋭い歯で植物スパッ? 新種の恐竜、フランスで発見

【恐竜】草食なのに鋭い歯で植物スパッ? 新種の恐竜、フランスで発見の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/10/15(日) 22:25:26.85 ID:CAP_USER
京都府立医大、再生医療を発表 血管詰まる難病の臨床試験
2017/10/12 19:20

手足の血管が詰まって痛みなどが起き、切断に至ることもある難病「バージャー病」の患者に、血管再生作用がある自分の骨髄細胞を移植する再生医療の臨床試験を開始すると、京都府立医大(京都市)が12日、発表した。数年後の普及を目指す。
 
続きはソースで

府立医大病院の他に、横浜市立大病院、信州大病院、名古屋大病院、広島大病院、久留米大病院で実施する予定。
 
府立医大によると、バージャー病の国内患者は約9千人。うち1、2割ほどが重症という。臨床試験は20~70代の25人の重症患者が対象で、患者の腰から骨髄細胞を採取し、足の筋肉に注射して、血管ができるのを促す。

▽引用元:共同通信 2017/10/12 19:20
https://this.kiji.is/291153744383493217

▽関連
京都府立医科大学
先進医療Bにおける自家骨髄単核球細胞を用いた下肢血管再生療法の新たな多施設共同臨床試験の開始
~バージャー病の血管再生療法の提供に向けて~
https://www.kpu-m.ac.jp/doc/news/2017/20171012.html

難病情報センター
バージャー病(指定難病47):ばーじゃーびょう
http://www.nanbyou.or.jp/entry/170
ダウンロード


引用元: 【再生医療】血管詰まる難病「バージャー病」の臨床試験 血管再生作用がある自分の骨髄細胞を移植/京都府立医大

血管詰まる難病「バージャー病」の臨床試験 血管再生作用がある自分の骨髄細胞を移植/京都府立医大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/07/02(日) 04:11:17.67 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3134166?act=all

【7月1日 AFP】米ニューヨーク(New York)の退役軍人病院で6月30日、近未来的な義肢の実演会が行われた。

「ルーク・アーム(LUKE Arm)」と名付けられた第3世代の義肢は、SF映画「スター・ウォーズ(Star Wars)」シリーズでルーク・スカイウォーカー(Luke Skywalker)が装着したロボットアームにちなんでいる。

 何年もの試験を経て、2016年5月に首都ワシントン(Washington D.C.)で初披露されたルーク・アームは、卵のように壊れやすいものからブドウ一粒大の小さなものまでつかむことができ、ねじ回しを扱うこともできる。

 ルーク・アームを製造している米企業メビウス・バイオニクス(Mobius Bionics)の代表、ジェイ・バークホルダー(Jay Burkholder)氏は、注文数量にもよるが、年内にも数十セットは販売可能だと述べている。義肢はそれぞれ受注生産されるが、価格については明らかにされていない。

続きはソースで

(c)AFP

2017/07/01 21:24(ニューヨーク/米国)

米ニューヨークにある退役軍人のための医療機関で、「ルーク・アーム」の実演をするフレッド・ダウンズさんとアーティ・マコーリーさん(2017年6月30日撮影)。(c)AFP/TIMOTHY A. CLARY
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/5/1/-/img_516ddde1395332e544b968b3c7b574dc135119.jpg
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/7/3/-/img_731ffff5d96410e243f72c7fffe055b2111671.jpg
images


引用元: 【技術】最先端の義肢「ルーク・アーム」販売へ 米国防総省開発 [無断転載禁止]©2ch.net

最先端の義肢「ルーク・アーム」販売へ 米国防総省開発の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ