理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

副作用

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/09(月) 14:41:08.45 ID:???*.net
子宮頸がんワクチン:接種対象7万人を追跡調査…名古屋市
【毎日新聞】 2015/02/09 13:53

5


子宮頸(けい)がんの予防ワクチンの接種を受けた女性の一部が痛みやしびれなどの副作用を訴えている問題で、名古屋市は2015年度、ワクチン接種を受けた可能性のある市内の女性約7万人を対象に、副作用の有無についての実態調査に着手する。調査は政令指定都市では初めてで、全国でも最大規模という。いまだ明確でない接種と副作用の因果関係の解明につながると期待されている。

9日発表の同年度一般会計当初予算案に、費用700万円を計上した。市は10年から独自に中学1、2年の女子を対象に接種への助成を始め、13年4月には全国で定期接種が始まった。

続きはソースで

【岡大介】

ソース: http://mainichi.jp/select/news/20150209k0000e040111000c.html


引用元: 【医療】子宮頸がんワクチン接種7万人を追跡調査 - 愛知・名古屋市 [15/02/09]

子宮頸がんワクチン接種7万人を追跡調査 - 愛知・名古屋市の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/04(水) 22:12:23.41 ID:???*.net
抗てんかん薬:4人死亡…適正用量超え服用
【毎日新聞】 2015/02/04 21:43

抗てんかん薬「ラミクタール錠」(一般名ラモトリギン)の服用で、昨年9?12月に薬との因果関係が否定できない重篤な皮膚障害が出たあと、4人が死亡していたことが分かった。いずれも投与量が正しい用法用量を超えており、厚生労働省は4日、製造販売元のグラクソ・スミスクライン(東京都)に対し医療関係者向けの添付文書に用法用量順守の徹底を追加した上で、医療機関に注意喚起するよう指示した。

厚労省によると、ラミクタールは2008年の承認時から重篤な皮膚障害の副作用が知られており、添付文書にも記載されていた。だが、今回死亡が報告された40?80代の男女4人はいずれも用法用量を超えて投与され、皮膚障害が起きたあとも投与を続けていた。厚労省は、添付文書の警告欄に、用法用量の順守と皮膚障害が出た場合に直ちに投与を中止するよう求める記載を指示した。

ラミクタールはてんかんや双極性障害の治療薬で、これまでに推計約37万6000人が使用。今回の4人を含め計16人が死亡し、大半のケースで不適切な投与が指摘されていた。【金秀蓮】

ソース: http://mainichi.jp/select/news/20150205k0000m040086000c.html

関連ソース:
抗てんかん薬で4人死亡 厚労省、用法など注意喚起 | 共同通信
http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015020401001903.html

引用元: 【医療】抗てんかん薬「ラミクタール錠」で4人死亡...厚労省、用法など注意喚起 [15/02/04]

抗てんかん薬「ラミクタール錠」で4人死亡...厚労省、用法など注意喚起の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/06(金) 13:40:05.69 ID:???*.net
脊髄損傷の治療法に道、標的たんぱく質発見 早大・横浜市大
【日本経済新聞】 2015/2/6 12:23

早稲田大学と横浜市立大学の研究チームは根本的な治療法のない脊髄損傷の治療につながるたんぱく質を発見した。脊髄損傷を起こしたマウスで、傷口の炎症を促すたんぱく質の働きを抑えたところ、運動機能が回復した。たんぱく質を標的にした薬が開発できれば、脊髄損傷が治療できる可能性がある。

研究チームは損傷した神経細胞で働く「CRMP4」と呼ぶたんぱく質に着目した。脊髄損傷を起こして後ろ脚を引きずるマウスの遺伝子を操作し、たんぱく質ができないようにしたところ、4週間後には歩けるようになった。

早大の大島登志男教授は「たんぱく質を抑えることで、炎症反応を抑えて再生を促す2つの役割がある。
副作用も少ないだろう」と話す。

続きはソースで

ソース: http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG05HE7_W5A200C1CR0000/

プレスリリース:
理工・大島研など 脊髄損傷における新たな治療標的タンパク質を特定
http://www.waseda.jp/top/news/21182

画像
http://www.waseda.jp/top/assets/uploads/2015/02/Schematic-image_20150204.png

引用元: 【医療】脊髄損傷の治療法に道、標的たんぱく質「CRMP4」発見 - 早大/横浜市大 [15/02/06]

脊髄損傷の治療法に道、標的たんぱく質「CRMP4」発見 - 早大/横浜市大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/08(木) 18:21:39.59 ID:???.net
Yahoo!ニュース - 新たな抗生物質を画期的手法で開発、耐性菌問題に突破口か (AFP=時事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150108-00000014-jij_afp-sctch


【AFP=時事】(一部更新)薬剤耐性菌の問題を相◯し得る新しい抗生物質を画期的な手法で開発したと、欧米の研究チームが7日、英科学誌ネイチャー(Nature)に発表した。既にマウス実験は終了し、5~6年後には臨床試験が始まる見込みで、細菌感染症の治療における突破口として期待がかかる。

 研究チームは「iChIP」と呼ばれるスクリーニング手法を用い、人工的な環境での培養が難しい土壌中の細菌を培養することで、自然界に存在する抗菌化合物を発見し「テイクソバクチン」と名付けた。

 培養実験では、皮膚や血液、肺の感染症を引き起こすブドウ球菌や結核の耐性菌、下痢の原因となるディフィシル菌、炭疽(たんそ)菌が、テイクソバクチンにより死滅した。また、強い薬剤耐性を示す黄色ブドウ球菌に感染させたマウスの治療にも効果があった。マウスに副作用は見られなかったという。

 テイクソバクチンは、細菌の細胞外壁を構成する脂肪分子と結合することで効力を発揮する。この結合点は「保存性が高い」ため、薬剤耐性につながる変異が起きにくいという。

 抗菌薬としては、一般的な抗生物質が効きにくい細菌に対して使われる強力な抗生物質だが既に耐性菌が見つかっているバンコマイシンと似た働きをする。米ノースイースタン大学(Northeastern University)のキム・ルイス(Kim Lewis)教授は、「バンコマイシンの耐性菌出現までは30年かかった」と指摘し、テイクソバクチンの耐性菌が出るのは「30年以上先になる」と期待を示している。

 また「iChIP」により、さらなる新薬の発見に道が開かれた。研究チームは、「(テイクソバクチンと)同様に薬剤耐性ができにくい天然化合物が、今後も自然界から見つかる可能性がある」と述べている。

 一方、英バーミンガム大学(University of Birmingham)のローラ・ピドック(Laura Piddock)教授(微生物学)は、「iChIPが大変革をもたらすかもしれない」とコメントした。【翻訳編集】 AFPBB News

引用元: 【薬理学/細菌学】新たな抗生物質「テイクソバクチン」を画期的手法「iChIP」で開発、耐性菌問題に突破口か

【朗報】新たな抗生物質をスクリーニング手法で開発 耐性菌問題に突破口かの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/05(月) 11:36:53.81 ID:???0.net
http://woman.mynavi.jp/article/150104-129/
Global Postの記事によると、インドネシアの研究チームが男性用の避妊ピルを開発したそうです。
インドネシアにある珍しい植物が原料とされるこのピルには、「精◯の持つ酵素を弱めることにより、卵子に到達しても受精しなくなる」効果があるそうです。

また、女性用のピルと異なりホルモンへの影響がないため、副作用などが少なく、その効果は99%とされています。
ホルモンに影響を与える女性用避妊ピルでは、人によっては吐き気や不正出血などの辛い副作用が出ることでも知られています。が、そういった副作用はこの男性用ピルには今のところなく、その代わりに体重が増加したり、性欲が増す可能性はある、とのことです。
この男性用ピル、2016年にインドネシアでの販売開始を予定していますが、他の国での実用化はまだ先になる見込みとのことです。
99%と言われるとかなりの高確率ですが、あえて100%ではない、というところも少し気になるところではありますね。日本での実用化がされる日も、いつかくるのでしょうか。

参考記事
The Male Birth Control Pill Is Coming
https://au.lifestyle.yahoo.com/marie-claire/news-and-views/latest/a/25787651/the-male-birth-control-pill-is-coming/

引用元: 【医療】インドネシアで男性用避妊ピルを開発、その効果は99%

インドネシアで男性用避妊ピルを開発、その効果は99%の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/06(木) 00:14:06.06 ID:???.net
2014.11.4 20:07
難病「視神経脊髄炎」に既存の抗がん剤活用 医師主導で治験

難病の「視神経脊髄(せきずい)炎」に特定の抗がん剤が効くとして、国立病院機構宇多野病院(京都市右京区)の田原将行医師(神経内科)が、患者に投与して効果を確かめる臨床試験(治験)を進めている。
視神経脊髄炎の医薬品として承認されれば、世界初となる見通し。
副作用が知られた既存の医薬品を活用することで、安全性の高い治療法の確立につながることも期待される。

治験中の薬は抗がん剤「リツキシマブ」で、血液のがんといわれる悪性リンパ腫の治療薬。
視神経脊髄炎に対しては日本だけでなく欧米でも未承認だが、効果を実証した臨床研究は複数あるという。
視神経脊髄炎は、失明を含む視力障害や両足のまひ、排尿障害などを引き起こす神経難病で、発症のメカニズムは解明されておらず、再発を繰り返せば神経組織が破壊されてしまう。

田原医師は、米国でリツキシマブを投与された視神経脊髄炎の患者に平成18年から、宇多野病院で投与を継続。
この患者を含む6人への臨床研究を通じ、1回の点滴で約9カ月間、発症を抑えられることを突き止めた。

大学病院の教授らと研究チームを作り、国の科学研究費の助成を受けて今年6月に治験を開始。
患者4人が協力しており、今後は40人を目標に患者を集める。
データを分析して効果が確認されれば、視神経脊髄炎の治療薬として承認を目指す。

----------- 引用ここまで 全文は記事引用元をご覧ください -------------

▽記事引用元
http://www.sankei.com/west/news/141104/wst1411040060-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/141104/wst1411040060-n2.html
産経WEST(http://www.sankei.com/west/west.html)2014.11.4 20:07配信記事

引用元: 【医療】難病「視神経脊髄炎」に既存の抗がん剤活用 医師主導で治験__

難病「視神経脊髄炎」に既存の抗がん剤活用 医師主導で治験の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ