理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

創薬

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/10/09(月) 02:42:49.95 ID:CAP_USER
iPS創薬治験1例目に着手 骨の難病、京大が世界初
2017/10/5 21:16

患者の人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用いて京都大の研究チームが見つけた、骨の難病の治療薬候補について、京大病院は5日、1例目の臨床試験(治験)に着手したと明らかにした。京大によると、iPS細胞を使って発見した薬の世界初の治験。
 
続きはソースで

▽引用元:共同通信 2017/10/5 21:16
https://this.kiji.is/288623824717939809 
ダウンロード (2)


引用元: 【再生医療】iPS細胞創薬治験1例目に着手 骨の難病「進行性骨化性線維異形成症(FOP)」で 京大が世界初

iPS細胞創薬治験1例目に着手 骨の難病「進行性骨化性線維異形成症(FOP)」で 京大が世界初の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/08/01(火) 23:26:13.89 ID:CAP_USER
iPS創薬、京大が世界初治験へ 骨の難病、9月以降

筋肉の中に骨ができる難病「進行性骨化性線維異形成症(FOP)」の治療薬の候補を、京都大の戸口田淳也教授(幹細胞生物学)らのチームが人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って発見し、臨床試験(治験)を9月以降に始めることが1日、分かった。
 
続きはソースで

▽引用元:共同通信 2017/8/1 13:53
https://this.kiji.is/264927935836323849

▽関連
京都大学 研究成果 2017年08月01日
FOPにおける骨化を抑える方法の発見 -FOPの異所性骨形成のシグナル伝達メカニズムの解明-
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2017/170801_1.html
図:今回の結果から考えられる分子メカニズムのモデル
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2017/images/170801_1/02.jpg
ダウンロード (2)


引用元: 【iPS創薬】筋肉の中に骨ができる難病「FOP」の治療薬の候補 京大が世界初治験へ 9月以降©2ch.net

【iPS創薬】筋肉の中に骨ができる難病「FOP」の治療薬の候補 京大が世界初治験へ 9月以降の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/06/19(月) 14:55:15.61 ID:CAP_USER9
 京都大学や製薬・IT関連企業など約70社で作る共同研究体は7月から、創薬専用の人工知能(AI)の開発に乗り出す。

 国も予算を拠出する。1剤当たり1000億円超にも上る開発費を半減させるのが目標。世界中の製薬企業が新薬開発でしのぎを削る中、オールジャパン体制で日本の国際競争力を高め、医療費の削減も目指す。

続きはソースで

2017年06月19日 09時52分 読売新聞
http://sp.yomiuri.co.jp/science/20170619-OYT1T50036.html?from=ytop_ylist

新薬の開発プロセス
http://yomiuri.co.jp/photo/20170619/20170619-OYT1I50010-1.jpg
ダウンロード


引用元: 【IT】創薬専用のAI開発、開発費を半減へ…京大など [無断転載禁止]©2ch.net

創薬専用のAI開発、開発費を半減へ…京大などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/17(火) 00:24:31.13 ID:???.net
掲載日:2015年2月16日
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201502/0007744757.shtml

no title


 神戸市は2015年度、ポートアイランド2期の神戸医療産業都市にあるスーパーコンピューター(スパコン)「京」などを使い、薬の候補となる化合物を従来より素早く低コストで見つけるため、製薬企業向けのソフトを開発する。
京は12年に本格稼働したが、その高い計算能力を生かせるソフトが不足し、創薬(医薬品の研究開発)が遅れていた。
京や20年の完成を目指す後継機「エクサ級スパコン」を使い、難病などの創薬加速が期待される。

 創薬は従来、化合物と、病気の原因となるタンパク質との結合の強さを実験で調べていたが、開発までに10年以上、1千億円以上かかっていた。実験の代わりに、スパコンによる計算で結合を予測できれば、期間を2~3年、コストは約200億円削減できる可能性があるという。

 ソフトは市の外郭団体、先端医療振興財団(同市中央区)の奥野恭史グループリーダー(京都大大学院特定教授)らが15年度中に開発し、16年度以降は企業から利用料を受け取って開発・運営費に充てる。市は15年度当初予算案に関連費用4800万円を計上した。

続きはソースで
(金井恒幸)

<画像>
創薬分野での利用が進むスーパーコンピューター「京」=神戸市中央区港島南町7
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201502/img/b_07745891.jpg

<参照>
KAKEN - 奥野 恭史(20283666)
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/20283666.ja.html

引用元: 【医療】スパコン「京」で創薬加速 神戸市、企業向けにソフト開発

スパコン「京」で創薬加速 神戸市、企業向けにソフト開発の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ