理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

劇症型溶血性連鎖球菌感染症

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/09/08(火) 19:57:01.52 ID:???*.net
http://www.47news.jp/CN/201509/CN2015090801001581.html

人食いバクテリア患者が増加 299人、10年で最多
2015/09/08 17:07 【共同通信】

 国立感染症研究所は8日、手足の強い痛みや壊死などを起こす「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」の今年の患者数が299人になったと発表した。
この10年間で最も多い。症状が急速に進み、多臓器不全で死亡することもあることから「人食いバクテリア」とも呼ばれる。近年増加傾向にあり、手足の傷が急激に腫れるなどの症状に注意するよう呼び掛けている。

続きはソースで

ダウンロード (1)



引用元: 【医療】人食いバクテリア患者が増加 299人、10年で最多

人食いバクテリア患者が増加 299人、10年で最多の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/08/18(火) 16:29:29.24 ID:???.net
「人食いバクテリア」今年の患者数279人、過去最多に
引用元:TBS News i 18日11:05配信記事
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2565468.html

「人食いバクテリア」とも呼ばれ急激に手足が壊死し、死に至ることがある「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」の今年の患者数が279人となり、過去最多となったことがわかりました。

「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」は主に「A群溶血性レンサ球菌」の感染によって引き起こされ手足の筋肉が急激に壊死し、多臓器不全などになることがあります。
致死率はおよそ30%にのぼり、「人食いバクテリア」とも呼ばれます。 

ダウンロード (1)


(18日11:05)

▽関連リンク
・東京都感染症情報センター
劇症型溶血性レンサ球菌感染症の流行状況(東京都 2015年) 更新日:2015年8月5日
http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/s-group-a/s-group-a/
・国立感染症研究所
http://www.nih.go.jp/niid/ja/

引用元: 【感染症】人食いバクテリアと呼ばれる「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」 今年の患者数が既に279人 過去最多に

人食いバクテリアと呼ばれる「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」 今年の患者数が既に279人 過去最多にの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/25(水) 13:23:36.79 ID:???*.net
突然発症して急激に手足の壊死(えし)などが進み、時に人の命を奪う「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」の患者報告数が近年、増加傾向にある。国立感染症研究所によると、昨年は1999年の調査開始以降最も多い273人に達した。今年も2月15日までで68人に上る。
急激な進行と致死率の高さから「人食いバクテリア」と恐れられる細菌感染症の実態とは?【藤野基文】

00


主な原因菌の「A群溶血性レンサ球菌」は特別な細菌ではない。へんとう炎やとびひ、皮膚炎などを起こすが、通常は抗菌薬で治療できる。症状がないまま、のどなどに保菌している子どももいる。

しかし傷口などから細菌が体に入ると、まれに劇症化することがある。初期症状は手足の痛みや腫れ、発熱などだが、病気の進行は極めて速い。細菌が急激に増殖し、通常は細菌のいない筋肉や筋膜を壊死させたり、血流に乗って全身に回って多臓器不全などを引き起こしたりする。
発症して数十時間以内にショック状態で死亡することもあり、死亡率は30~50%に達する。

厄介なのは、抗菌薬の効果が菌の増殖スピードに追いつかない場合もあることだ。
東京女子医大の菊池賢教授(感染症学)によると、「足が痛い」と訴えて来院した患者を診察した際、壊死して皮膚が紫色に変色した部分が見る間に広がっていった例もあった。菊池教授は「体内で免疫機構が全く機能せず、細菌が自由に増殖していくのを見ているようだった。
どんどん壊死が広がる場合は切断して止めるしかない」と話す。

なぜ劇症化するかは解明されていない。国立国際医療研究センターの秋山徹・病原微生物学研究室長によると、A群の中でも、ある特定の遺伝子を持った型が劇症化を起こす場合が圧倒的に多いことが分かっている。
通常、体内に入った病原体は免疫細胞によって排除されるが、この型の菌は特別な物質を産生して免疫細胞を攻撃している可能性が考えられるという。

感染研によると、この感染症は87年に米国で見つかり、日本では92年に初めて報告された。
患者は全例、国に報告されることになっている。患者報告数は2000年代前半までは年50人前後で推移したが、その後は100人前後に増えた。さらに、10年代は200人前後と倍増。
A群以外の溶血性レンサ球菌で劇症化する場合があることも分かってきた。(以下省略)

「人食いバクテリア」になることがあるA型溶血性レンサ球菌=国立感染症研究所提供
http://mainichi.jp/graph/2015/02/25/20150225k0000e040151000c/image/001.jpg
劇症型溶血性レンサ球菌感染症の患者報告数
http://mainichi.jp/graph/2015/02/25/20150225k0000e040151000c/image/002.jpg
http://mainichi.jp/select/news/20150225k0000e040151000c.html

引用元: 【国内】人食いバクテリア 昨年患者273人で過去最多、致死率30~50%

【恐怖】人食いバクテリア 昨年患者273人で過去最多、致死率30~50%の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/24(水) 12:31:26.62 ID:???0.net
 手足の壊死(えし)や意識障害を引き起こし、死に至る恐れもある「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」の今年の患者数が、12月中旬で263人となり、調査を始めた1999年以降最悪となった。

 国立感染症研究所は、激しい喉の痛みや手足の腫れなど、感染が疑われる症状があれば、医療機関を速やかに受診するよう呼びかけている。

 感染研によると、2010年までの患者数は多い年でも年100人前後だったが、12年以降は200人を超えている。
今年は12月14日までで263人となり、最悪だった12年(242人)をすでに上回った。東京(41人)、神奈川(19人)、愛知(18人)が多い。

 子どもの咽頭炎やとびひを起こすA群溶連菌などが原因。
喉などの粘膜や皮膚の傷口から感染するとされるが、どういう場合に劇症化するのかなど詳しいことはわかっていない。

 38度を超える発熱や傷口の激しい痛みや腫れなどの初期症状から急激に悪化し、数日以内にショック症状や多臓器不全などに陥ることがある。
抗菌薬による早期治療が重要だが、昨年は20人が亡くなった。手足や顔などの筋膜組織が壊死することもあり、「人食いバクテリア」とも呼ばれる。

2014年12月24日 12時05分 Copyright c The Yomiuri Shimbun
http://www.yomiuri.co.jp/national/20141224-OYT1T50058.html?from=ytop_main4

引用元: 【国内】「人食いバクテリア」患者263人…最悪に

「人食いバクテリア」患者263人…最悪にの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ