理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

加齢

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/10/19(水) 03:04:03.16 ID:CAP_USER9
◆「老眼」の手術は必要か? どの手術も「治す」のではなく「軽減」が目的だという認識を

「老眼が治る」と言う話や広告を見たことがあると思います。
「治る」とは、風邪や胃潰瘍が治るなど、病気に対して使う言葉です。
しかし老眼は病気ではなく、しわや白髪のように加齢変化です。
白髪を染めれば一時的に黒くなりますが、色が落ちれば白髪が見えてきます。
老眼も同じで、どんな治療を受けても、あるいはどんな道具を用いても、老眼は治りません。
「軽減する」、あるいは「困らなくなる」程度だと思っていないと、期待外れになることでしょう。
最近は「アンチエイジング」と言って、少しでも若い状態を保つことや若返ることを目的とした様々な施術やサプリメントの広告を目にすることがあります。
「老眼を治す」と言う治療も一種のアンチエイジングと言えると思われます。

◇「老眼」のメカニズムは?

目の中のレンズである「水晶体」は、近くを見る時には厚くなり、遠くを見る時には薄くなり、見る対象物にピントを合わせます。
この水晶体は、加齢変化により弾力性を失い、厚くなることができにくくなります。
それによって近くの物が見えなくなるのが「老眼」です。早い人で30代後半から始まり、60代くらいまで徐々に進行します。
何らかの対策を取らないと、眼精疲労や頭痛、肩こりなどの原因となります。
若い頃から近視の人は、メガネをかけて、遠くの物や近くの物を見ています。
視力が良い人は、メガネをしなくても、遠くの物も近くの物も見えています。
しかし、ある年齢になると、近視の人は、メガネをかけると遠くの物は見えますが、近くの物が見づらくなり、メガネを外して近くの物を見ます。
一方、視力が良い人は、メガネをしなくても遠くの物は見えますが、近くの物は見づらくなります。
つまり、若い時と同じ方法では、遠くの物か近くの物か、どちらかしか見えないわけです。

◇手術による老眼対策

今回はインターネットなどで見かける「手術による老眼対策」について解説します。
しかし、若い時と同じような見え方や目の状態に戻す手術ではないので、なにがしかの我慢や犠牲は必要であることを知っておいてください。
また、今回の連載を読んでいただいている方々の中にも、視力の悪い方(近視が強い方)や視力が良い方がおられると思います。
しかし、老眼を感じ始めた時に、「強い近視」の人、「軽い近視・遠視」の人、「強い遠視」の人では、対応が異なります。
どの様にして遠くの物や近くの物を見ているか、また、メガネをかけているかいないかでも、対策が異なります。
そのため、今回の話も、すべての方にあてはまる訳ではないので、自分がどの手術の適応があるかは担当医に確認してください。
まず、老眼の手術を理解する上で、ぜひ知って欲しい言葉が「モノビジョン」と「多焦点」です。

◇「モノビジョン」と「多焦点」

「モノビジョン」とは、一方の目では遠くが見えて、もう一方の目は近くが見えて、両目で見ると遠くも近くも見える、いわゆる「がちゃ目」の状態です。
若い頃は、視力が悪い目だけ度の入ったメガネをかけている人もいます。
しかし、老眼の年齢になるとメガネがなくても遠くも近くも見えるので、意外と便利だと感じる方もいるようです。

「多焦点」を理解するためには、1枚のレンズで遠くも近くも見えるようにした「遠近両用メガネ」を思い浮かべてください。
レンズの上部で遠くが、下部で近くが見えるように、上から下へ多数の焦点を設けています。
これが「多焦点レンズ」になります。
若い人がかけている近視矯正のメガネは、遠くが見えるようにした単焦点のレンズです。
若い時には、単焦点レンズのメガネをかけても、調整力が保たれているので近くも見えるのです。

◇老眼対策の2種類の手術法

老眼対策の手術はいくつかありますが、「目の中にレンズなど何かを挿入する方法」と「水晶体を摘出したり角膜を削ったりする治療」に分けられます。
人間の目は角膜と水晶体で外から入る光を曲げて、網膜に映像を写します。
よって、手術をする場合、主に角膜と水晶体がターゲットとなります。 
【1】水晶体の手術
①白内障手術(多焦点眼内レンズ)
白内障とは水晶体が濁る病気で、主に加齢変化で起こります。
手術は、濁った水晶体の中身を取り除き新しいレンズ(眼内レンズ)を入れる治療です。
この眼内レンズは、保険診療で行う通常の手術では単焦点のレンズを入れるため、術後に老眼鏡や運転用のメガネが必要になります。
一方、単焦点眼内レンズの代わりに多焦点眼内レンズを入れると、遠くも近くも見えるので、老眼対策になります。
現実的には、すべての距離にピントが合うとは限らず、鮮明に見るためにはメガネが必要になることがあります。
また、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は、自費診療になりますので、両眼で数十万円の自己負担が必要になります。
手術自体は通常の白内障手術と変わらないので、合併症も少なく安全な治療と言えます。
老眼の治療を希望する方で白内障があり、必要に応じてメガネをかけても良いのであれば、お勧めの治療の一つです。

【2】眼内にレンズ等を挿入する手術
①アキュフォーカスリング(AcuFocus Ring)
クリニックによっては「カメラやリーディングアイ」と呼ばれています。アメリカのAcuFocus社が開発した老眼治療用のリングです。
レーザで角膜にポケットを作り、その中にリングを挿入します。直径3.8mmの黒い円形のリングで中心に穴が開いています。
その穴を通して見ることで焦点深度が深くなり、近くが見やすくなるしくみです。
通常は片目に挿入しモノビジョンの状態を作ります。
元々両眼とも視力が良い人は、レンズを挿入した目で近くを見て、他方の目で遠くを見ることになります。
近眼が強い人は、同時に角膜を削るレーシックを受ければ、遠くも近くもだいたいは見えます。
慣れるのに時間がかかることや細かい物を見る時にはメガネが必要になることがあるようです。
不具合があれば、摘出することができますが、瘢痕を残すとの報告もあります。

②レインドロップ(raindrop)
アメリカのReVision Optics社が開発した老眼治療用のレンズです。
直径2mmの透明なレンズで、角膜に埋め込み、角膜の形状を変えることで近くが見えるようになります。
やはり、片目に挿入しモノビジョンの状態を作り、遠くも近くも見えるようにします。
アキュフォーカスリングやレインドロップともに、現在のレンズでは残念ながらハロー・グレア(にじむ、ぼやける)やドライアイの症状が出ることがあります。
光学的には「収差」と言って、色合いの変化、像のぼやけ・歪みなどを増やすとの報告もあります。

③眼内コンタクトレンズ
虹彩と水晶体の間にコンタクトレンズと似た素材のレンズを挿入する手術です。
挿入するレンズが多焦点レンズであれば、遠くも近くも見えることになります。
角膜を削ったり水晶体を摘出したりしないので、不具合があり、レンズを摘出した場合はほぼ元に状態に戻ります。
しかし、見え方の質にはまだ改善の余地があり、細かい物を見る場合は、メガネが必要になることがあります。
本法は、まだ症例数も少なく術後成績や合併症など詳細は不明であり、標準治療とは言えません。

【3】角膜を削る手術
①モノビジョンレーシック
両眼ともに近視の人が対象になります。片目は遠くが見えて、片目は近くが見えて、両目で見ると遠くも近くも見える状態を人工的に作るのが、モノビジョンレーシックです。
主に利き目で遠くを見えるようにし、他方の目で近くを見えるようにします。
例えば、両目が近視で、近くを見る時にメガネを外して見ている方は、利き目のみレーシックで近視を減らします。
他方はレーシックは行わず近視のままにしておきます。
利点は、遠くも近くもメガネ無しである程度は見えるようになることです。
主な問題点は、下記の様なものがあげられます。

続きはソースで

ヘルスプレス 2016.10.17 
http://healthpress.jp/2016/10/post-2612.html 
http://healthpress.jp/2016/10/post-2612_2.html 

ダウンロード

引用元: 【医療】「老眼」の手術について解説 [無断転載禁止]©2ch.net

「老眼」の手術について解説の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/08/20(土) 20:41:13.71 ID:CAP_USER9
 病気になったらできるだけ早く適切な対処をする--。これが重症化を防ぐ鉄則であり、治せる病気であれば回復を早める後押しになります。
そのために大事なのが、病気を早く見つけることです。では、うつ病には“サイン”があるのでしょうか。くどうちあき脳神経外科クリニック院長、工藤千秋さんに聞きました。

うつ病のポイントは、1)今まで興味のあったものに全く興味を持たなくなった2)気持ちの落ち込みが2週間たっても回復しない--などで、これらがあったらうつ病の可能性が高いと考えていいでしょう。
しかし、いつから始まったかはっきりしないので、こうした症状は早期発見の手助けにはなりにくいといわざるを得ません。

 そこで注目していただきたいのが「早朝覚醒」です。早朝覚醒とは、起きようと思っている時間よりずっと早く目が覚めることで、「睡眠障害」の一つです。
睡眠障害には、なかなか寝つけない「入眠障害」と、夜中に何度も目が覚める「中途覚醒」もありますが、うつ病に伴う睡眠障害には早朝覚醒が多いので、うつ病を早期発見するサインになります。

人は加齢に伴って目覚めが早くなりますが、働き盛りや若い世代の人が午前3時、4時といった時間に目が覚め、そのあとなかなか眠れないとしたら、心が疲れている証拠です。
さらに、その状態がほぼ毎日、2週間以上続いているなら、うつ病の可能性があります。

 自分自身、またはパートナーに早朝覚醒が続いているなら、できるだけ早く精神科か心療内科を受診してください。せっかくサインに気づいたのですから、早く治療を始めない手はありません。
そうすることで重症化を防ぐことができ、早い回復が期待できるでしょう。

 ただし、こころの問題を扱う診療科は、とくにほかの科以上に、医師と患者の相性が治療に影響を及ぼしやすいといえます。この先生とは合わないと思ったら、医師を変えたほうがよいでしょう。

うつ病の患者さんには、抗うつ薬を使いたくないという人が少なくありません。
抗うつ薬を使わない場合、一般的には漢方薬の処方や、認知行動療法(ものごとの受け取り方を修正することで気分や行動を変化させる精神療法)が行われます。

 ただ、それで効果が上がらないときは、抗うつ薬を併せて服薬するほうが早く治る可能性が高いことを知っておきましょう。抗うつ薬は進歩しており、副作用は以前よりかなり軽減されています。

 うつ病のサインに気づいたとき、最もしてはいけないことは、自分が“主治医”になって自己診断してしまうことです。
インターネットの情報をもとに、自分はうつ病だと決めつけ、「私はうつ病なのでこの薬を出してください」と言って来る患者さんが実際にいます。

 しかし、病院は「薬を出すところ」ではありません。病院は、どういう治療がいいのか相談するところであり、その相談に対して患者さんと一緒になって考えるのが医師です。
うつ病かもしれないと思うと病院に行きたくない気持ちになるかもしれませんが、相談機関だと思ってぜひ早めに受診してください。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160820-00000025-mai-soci
毎日新聞 8月20日(土)10時0分配信
ダウンロード (1)


引用元: 【医療】早すぎる目覚めはうつ病のサイン©2ch.net

早すぎる目覚めはうつ病のサインの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/08/19(金) 21:48:06.16 ID:CAP_USER
老化物質、虫歯進行にブレーキ 大阪大チーム発表

歯に蓄積した老化関連物質「AGE」の働きで、年を取ると虫歯の進行が遅くなる―。

こんな研究結果を大阪大の三浦治郎助教(総合歯科学)らのチームが明らかにし、歯学専門誌電子版に15日発表した。
虫歯への耐性を強めているとみられ、チームは「加齢と虫歯の関係性の解明や・・・

▽引用元:共同通信 2016/8/15 18:54
http://this.kiji.is/137842203224262140

歯の象牙質(左)。左上の暗い部分が虫歯になっている。右は同じ象牙質を特殊な測定法で観察したもの。虫歯の部分にAGEが多く蓄積していることがわかった(大阪大提供)
http://www.47news.jp/PN/201608/PN2016081501001998.-.-.CI0002.jpg
続きはソースで

images (1)


引用元: 【歯科学】歯に蓄積した老化関連物質「AGE」の働きで、年を取ると虫歯の進行が遅くなる/大阪大 ©2ch.net

歯に蓄積した老化関連物質「AGE」の働きで、年を取ると虫歯の進行が遅くなる/大阪大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/07/12(火) 17:49:03.50 ID:CAP_USER9
スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の研究チームは、ザクロに含まれるエラジタンニンが体内の細菌によって分解されウロリシンAに変化すると、アンチエイジング効果が生じるとのリポートを発表した。ネーチャー・メディスン誌に掲載された。

実験では、ウロリシンAを高齢のマウスに与えたところ、ランニングの持久力が平均42%向上したという。

研究チームは、EPFLのアービッシャー学長が共同設立したバイオテクノロジー会社アマゼンティスと協力し、筋力増強と抗加齢作用のある栄養補助剤の開発に取り組んでおり・・・

続きはソースで

ダウンロード
ソース/ロイター
http://jp.reuters.com/article/pomegranates-anti-aging-idJPKCN0ZS0CO

引用元: 【科学】ザクロ由来成分、消化でアンチエイジング効果=スイス研究チーム [無断転載禁止]©2ch.net

ザクロ由来成分、消化でアンチエイジング効果=スイス研究チームの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/06/21(火) 23:44:18.35 ID:CAP_USER
脳の機能を高める効果があるとして「脳トレーニング」系の訓練プログラムが関心を集めていますが、その効果をうたう根拠の多くがプラシーボ効果によるバイアスがかかったものであることを明らかにする研究結果が発表されました。

学力の向上や仕事の能力アップ、さらには加齢による脳機能の低下を補うことを目的に、脳を鍛えて認知力を高めるとする、いわゆる「脳トレ」系のコンテンツが大人を中心に人気を集めており、アメリカでは「Lumosity」や「Cogmed」、「NeuroNation」などの大手脳トレーニングプログラムがサービスを提供してきました。しかし、その効果については懐疑的な見方が常に存在しており、実際には脳の機能は向上しておらず、単なるプラシーボ効果、つまりは気のせいであるとする指摘が相次いでいました。

2016年1月には、「加齢に伴う認知能力の低下に対する消費者の恐怖をあおり、ゲームをプレイすることで記憶力の低下や認知症、アルツハイマー病を食い止めることができると示唆したが、その効果を裏付けるための科学的な根拠を持っていなかった」として、アメリカ連邦取引委員会はLumosityに対して200万ドル(約2億4000万円の罰金を課す処分を下しています。

これらのサービスの多くは、実際のユーザーのIQがトレーニング後に向上したという結果を根拠にしていたのですが、その結果が実はプラシーボ効果によって影響を受けた、いわゆる「盛られた」結果になっていたことが科学ジャーナルサイトの「Proceedings of the National Academy of Sciences」に掲載された研究結果で明らかにされています。

その中で研究チームは、過去に実施されてプラスの結果を出していた検証実験においては、被験者の集め方に問題があったと指摘しています。多くの場合、被験者を集める際には「脳のトレーニングを行って脳の機能を高めましょう」などといった謳い文句で被験者を集めていたということなのですが、実はこの段階で既にプラシーボ効果の下地づくりが行われていたとしています。「脳の機能を高めましょう」というキャッチコピーで集められた被験者は、当然のように良い結果を期待しながら検証に参加します。すると、本人が意識するとしないにかかわらず、トレーニング後には良い結果が出てしまうというのが研究チームが指摘する問題点であるというわけです。

続きはソースで

images


引用元: 【プラセボ】トレーニングによる能力アップは「プラシーボ効果」によって生みだされていたことが証明される©2ch.net

脳トレーニングによる能力アップは「プラシーボ効果」によって生みだされていたことが証明されるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/06/09(木) 18:49:18.46 ID:CAP_USER
中高年の過度な早寝早起きは要注意

 年齢とともに早寝早起きになることはよく知られている。中高年に「若いときよりも早寝早起きになったか」と聞けば7割以上の人は「イエス」と答える。特に60歳以上のいわゆるリタイア世代になるとその割合はさらに増加する。

 高齢者の早寝早起き、それ自体が悪いわけではない。しかし、過度の早寝早起きになると問題だ。

 夜9時過ぎには眠気が強まり、頭がぼんやりして、知らぬ間にソファーで寝込んでしまう。いったん寝ついても2、3時間もすれば目を覚ましてしまう。まだ暗いうちに何度も目が覚める、二度寝ができないなど睡眠満足感が低下することが多い。

 あまりにも早い時間帯から寝落ちすると一般的に睡眠の質は低下する。ホルモンや自律神経など眠りを支える心身の機能がしっかりと準備が調っていないためだ。いくつかの研究によれば、健康な70代の体内時計は、若者と比較しても高々1時間程度しか進んでいないため、夜10時前は多くの高齢者にとって寝るには早すぎる時間帯なのだ。

 ところが、睡眠習慣調査を行うと分かるのだが、体内時計の加齢変化以上に早寝早起きをしている中高年がとても多い。この傾向は特にリタイア後に顕著になる。

 ナゼ、年とともに必要以上に早寝早起きになってしまうのか、そこには大きく4つのステップがある。各ステップには中高年で多い中途覚醒や早朝覚醒を改善する生活上のヒントも隠されている。

【第1ステップ:早朝覚醒】-早起きだけなら正常な変化だが…

 年齢とともに進行する「早寝」と「早起き」だが、実はこの両者が同時に起こることは少ない。多くの人ではちょっとした早朝覚醒から始まる。

 早朝覚醒が起こる原因はさまざまだが、最大の原因は加齢とともに必要睡眠量が減少することにある。また、睡眠の中でも特に深い睡眠が減るため、ちょっとした刺激、例えば物音や寒さ、尿意などで目が覚めてしまう(年齢とともに必要睡眠量が減る理由については「ゾウの睡眠、ネズミの睡眠」で詳しく解説したのでご一読いただきたい)。

 つまり、中高年では眠りを維持する力が低下するようになり、早朝覚醒が起こりやすくなる。白髪や老眼と同じように、ある程度の早起きは正常な加齢変化と言える。ただし、当初は「年相応」に思われても、その「ちょっとした」早起きがさらに強度の早起きを招く悪循環の第2ステップにつながる。

全文はリンク先にて

ダウンロード (3)


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160609-00010002-nknatiogeo-sctch

中高年では早寝早起きが自然光や家庭照明の浴び方を変えて体内時計の朝型化を加速させ、さらなる早寝早起きをもたらす悪循環に陥る。(イラスト:三島由美子)
http://amd.c.yimg.jp/amd/20160609-00010002-nknatiogeo-000-1-view.jpg

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/15/403964/060800010/01.jpg?__scale=w:800,h:600&_sh=0e002e0690

引用元: 【人体】ナゼ、人は年をとると「必要以上」に早寝早起きになるのか©2ch.net

ナゼ、人は年をとると「必要以上」に早寝早起きになるのかの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ