理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

化石

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/04/12(水) 07:17:51.89 ID:CAP_USER
http://www.hazardlab.jp/contents/post_info/1/9/7/19735/teeth001.jpg
1万3000年前の氷河期時代の人類の虫歯の化石(撮影:Gregorio Oxilia)

イタリア北西部トスカーナ州で、氷河期の人類の虫歯の化石が見つかった。
2本の歯は、中心部分に穴が空いて石油の塊と毛髪が詰められており、考古学者はこれまでに見つかったうち最古の治療された虫歯の化石だと見ている。

米国の人類学誌『American Journal of Physical Anthropology』に掲載された伊ボローニャ大学の研究論文によると、考古学者ステファノ・ベナッツィ研究員らのチームは、トスカーナ州ルッカ近郊の氷河期時代の遺跡がある地域で、人間の前歯2本の化石を発見。
分析の結果、この歯は、最後の氷河期があった1万3000年前に生きていた同一人物のものだとわかった。

顕微鏡で細部を観察したところ、神経が入る中心部分が大きく掘られ、側面には水平位置を刻む印が刻まれていた。

続きはソースで

http://www.hazardlab.jp/contents/post_info/1/9/7/19735/teeth002.jpg
歯の内側の神経が入る部分は穴が開かれ、「ビチューメン」という石油カスと毛髪と植物繊維が埋まっていた(Stefano Benazzi/The University of Bologna)

ソース元:ハザードラボ
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/9/19735.html

images (1)

引用元: 【人類】氷河期の歯医者が治療した虫歯の化石をイタリアで発見「石油と毛髪が詰まっていた!」[04/12] [無断転載禁止]©2ch.net

氷河期の歯医者が治療した虫歯の化石をイタリアで発見「石油と毛髪が詰まっていた!」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/03/15(水) 07:36:51.46 ID:CAP_USER
http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news0/photos/20170314202732_799487593.jpg
歯が顎に付いた状態で発見されたフクイサウルスの上顎骨(下)。
頭部レプリカ(上)で指で示す部分に当たる=福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館(勝山市)は14日、昨夏行った同市北谷町杉山の化石発掘調査で、草食恐竜のフクイサウルスとみられるイグアノドン類の化石が複数見つかったと発表した。
これまで見つかっていなかった頭の部位が多く、上顎が特殊なフクイサウルスの全体像の解明につながると同館ではみている。

約1億2千万年前(白亜紀前期)の手取層群北谷層で新しく発見された部位は、頭の上部にある前頭骨と後眼窩骨、肘より先の尺骨など。
同一個体の骨とみられるという。

また過去の発掘でも見つかっている上顎骨は今回、歯が顎に付いたままの約19センチの骨が初めて見つかった。

続きはソースで 

ソース元:
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/dinosaur/117150.html

images (1)


引用元: 【古生物】フクイサウルス頭の部位の化石を多数発見 福井県立恐竜博物館が発表[03/15] [無断転載禁止]©2ch.net

フクイサウルス頭の部位の化石を多数発見 福井県立恐竜博物館が発表の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/03/02(木) 09:08:04.38 ID:CAP_USER
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/3/e/1024/img_3e2951e0df608705d9aff547b5f53eec158304.jpg
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/4/1/1024/img_4111d7159a6e553daa71573643273602124677.jpg
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/4/c/1024/img_4ce876752c59d2a288d84bc048c4397d249345.jpg
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/2/5/1024/img_2502019ef664afdcc95e256f23c7f012133878.jpg

38億~43億年前の地球に生命が存在したことを示す「直接的証拠」となる最古の化石を発見したとの研究論文が1日、英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された。
発見者である英ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ(UCL)のドミニク・パピノー(Dominic Papineau)教授によると、見つかった微化石は、これまで最古とされてきた化石よりも約3億年古い。

見つかったのは、鉄を食べる海生バクテリアによって形成された糸状構造と赤い管の化石で、幅はヒトの髪の毛の半分ほど、長さは最大0.5ミリ。
化石を宿すことが知られている白い花のような石英構造体の中に閉じ込められていた。
周辺には、主に深海底に存在する熱水噴出孔の痕跡も見つかった。
鉄が豊富にある熱水噴出孔は現代にも存在し、そこに生息するバクテリアは、研究チームが痕跡化石を発見した生命体と似たものである可能性がある。

続きはソースで

ソース元:AFP通信
http://www.afpbb.com/articles/-/3119776

ダウンロード (1)


引用元: 【古生物】地球最古の化石発見 約40億年前の生命の「直接的証拠」[03/02] [無断転載禁止]©2ch.net

地球最古の化石発見 約40億年前の生命の「直接的証拠」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/02/24(金) 23:18:26.28 ID:CAP_USER
古代の巨大ペンギン、恐竜と共存 NZで発見の化石で判明
2017年02月24日 06:10 

【2月24日 AFP】ニュージーランドで発見された巨大ペンギンの足の骨の化石から、ペンギンの祖先が恐竜と同じ時代に地球上に存在していたことが分かったとの研究結果が23日、発表された。
 
約6550万年前に起きた小惑星の衝突で非鳥類型恐竜が絶滅する以前、超大型のペンギンが角竜類のトリケラトプスや肉食のティラノサウルスといった恐竜と同じ空気を吸っていたということになる。
 
足の化石は、ニュージーランドのワイパラ(Waipara)川近くでアマチュア化石収集家により発掘された。
ただ、この化石だけではペンギンと恐竜が共存していたことの証明にはならない。
この8センチの骨の年代は、ティラノサウルス・レックス(T・レックス、Tyrannosaurus rex)などが姿を消してからずっと後の約6100万年前のものだった。
 
しかしこの周辺では過去に別の巨大ペンギンの化石が見つかっており、これが決定的な証拠となり、2羽の共通の祖先がその何百万年も前に生きていたことが示された。

続きはソースで

▽引用元:AFPBBNews 2017年02月24日 06:10
http://www.afpbb.com/articles/-/3119007
images


引用元: 【古生物】古代の巨大ペンギン 恐竜と同じ時代に地球上に存在 NZで発見の化石で判明©2ch.net

古代の巨大ペンギン 恐竜と同じ時代に地球上に存在 NZで発見の化石で判明の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/02/15(水) 22:56:04.54 ID:CAP_USER
原始爬虫類の腹に胎児 「進化史書き換える」化石、中国で発見
2017年02月15日 06:04 発信地:パリ/フランス

【2月15日 AFP】2億4500年前に生息していた非常に首の長い海生爬虫(はちゅう)類が、卵生ではなく胎生だったことを示す化石を発見したとする論文が14日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に発表された。
恐竜や鳥類、ワニを含む主竜形類の仲間で胎生が確認された唯一の種だという。
 
中国南西部の雲南(Yunnan)省で見つかった雌のディノケファロサウルスの化石を調査した研究チームは、腹部に胎児の化石を発見した。
論文の共同執筆者、中国・合肥工業大学(Hefei University of Technology)の劉俊(Jun Liu)氏は、「生殖器系の進化についてのわれわれの理解を書き換える発見だ」と述べている。

続きはソースで

▽引用元:AFPBBNews 2017年02月15日 06:04
http://www.afpbb.com/articles/-/3117812

魚を捕食する妊娠中の原始爬虫類ディノケファロサウルスの想像図。ネイチャー誌提供(2017年2月9日提供)。(c)AFP/NATURE/DINGHUA YANG/JUN LIU/HEFEI UNIVERSITY OF TECHNOLOGY
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/c/8/500x400/img_c8042ebcd4eefdd680b73cd80d37f87d82938.jpg
images (1)


引用元: 【古生物】原始爬虫類の腹に胎児 「進化史書き換える」化石、中国で発見©2ch.net

原始爬虫類の腹に胎児 「進化史書き換える」化石、中国で発見の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/01/31(火) 19:57:26.26 ID:CAP_USER
2017年01月31日 10:49 発信地:パリ/フランス

約5億4000万年前に生息していた袋状の海生生物「サッコリタス」の復元画像(2017年1月30日提供)。(c)AFP/NATURE PUBLISHING GROUP/JIAN HAN
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/c/4/500x400/img_c43a7fbce9ac8d0051f953b8a900d6ff53951.jpg

【1月31日 AFP】人類から進化系統をさかのぼることができる最古の生物は、約5億4000万年前に生息していた卵形の生き物である可能性が高いとの研究結果が30日、発表された。この生物は、摂食と排せつを同じ大きな開口部から行っていたという。
 英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された研究論文によると、「サッコリタス(Saccorhytus)」と命名された非常に小さな生物の驚くほど保存状態の良い化石が、中国内陸部・陝西(Shaanxi)省で発見されたという。

 進化の重要な枝分かれのうち、人類に至るものを含むいくつかの分岐は、見過ごされそうなほど小さく目立たないこの海生生物から端を発したのではないかと研究チームは推測している。
 論文の共同執筆者である英ケンブリッジ大学(University of Cambridge)のサイモン・コンウェー・モリス(Simon Conway Morris)教授は、「この生物が、人類を含む非常に多様な範囲の生物種の根源的な始まりを示している可能性がある」と述べた。

続きはソースで

http://www.afpbb.com/articles/-/3116022?page=2
ダウンロード


引用元: 【人類】 人類最古の祖先、5億4000万年前の肛門のない袋状生物か 研究[01/31] [無断転載禁止]©2ch.net

人類最古の祖先、5億4000万年前の肛門のない袋状生物か 研究の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ