理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

化粧品

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/12/23(土) 10:37:56.79 ID:CAP_USER
〈世界最古の町とも言われる古代エリコ、エジプト文明と強いつながり〉

ヨルダン川西岸、現代のエルサレムから北東へ約20キロ離れた場所にあるテル・エッ・スルタン遺跡は、古代エリコの町があった場所だ。旧約聖書に登場するエリコは、外敵の攻撃を受けて城壁が崩れ去るはるか以前から、豊かで交易の盛んな町だった。

 この遺跡で1997年から発掘調査を行っているイタリアとパレスチナの共同チームが、5000年前の住居跡から驚くべき発見をした。
ナイル川でなければとれない真珠貝の殻が、5枚重なった状態で出土したのだ。

 そのうち2枚の貝殻に残されていた黒い粉末は、分析の結果、酸化マンガンであることがわかった。
これはコールと呼ばれる化粧品の主成分で、古代の人々はアイライナーとして使っていた。
 研究者は、この粉末がシナイ半島から運ばれたのではないかと考えている。
そこでは、かつて古代エジプト人が採掘していたマンガン鉱山が見つかっている。

「紀元前3000年には、既に古代パレスチナの都市とエジプトの間に盛んな交易があったことを示す発見です」。
ローマにあるサピエンザ大学の考古学者で発掘責任者のロレンゾ・ニグロ氏はそう語る。
「また、この頃エリコに上流階級が台頭し始めていたことも示しています」

早くから栄えたオアシスの町
 エリコの町は、現在のヨルダン川西岸地区に位置し、豊かな湧き水の周りに発展した。
紀元前1万500年には人々がこのオアシスに集まるようになり、やがて定住し、農作物を育て、家畜を飼うようになった。

 紀元前3000年の初めには町の周囲に城壁が築かれ、支配者の城が建てられた。
町の最も大切な資源である水は絶えず湧き出し、そのおかげで町は繁栄し、諸外国と贅沢な品を取引するようになった。

 最近の発掘調査では他にも、エジプトの中王国時代にあたる紀元前1800年頃の墓が発見された。
例の化粧品の年代よりも1000年以上後のものだが、エリコとエジプトの関係がこの頃も続いていたことを示す副葬品が見つかっている。

その前の発掘調査では、宮殿の壁に囲まれた区域で、王族のものと思われる墓が複数見つかっていたが、今回の墓はそれらとは明らかに異なる。
発見場所は宮殿の真下で、特別な地位にいた人物の墓と考えられている。

 墓からは、2人分の遺骨が見つかった。1人は9歳か10歳の少女で、宝飾品で飾られていた。もう1人は成人女性で、少女の侍女だったと思われる。他に、生贄にされた若いガゼルとヤギの骨、土器6個も出土した。

続きはソースで

画像:3800年前の墓から、身分の高い少女の遺骨が見つかった。
少女は青銅の宝飾品で飾られており、古代エジプトとの関係をうかがわせる副葬品もある。
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/122100067/00.jpg?__scale=w:500,h:556&_sh=0b804607f0

画像:少女の胸に置かれていたエジプトのスカラベ(甲虫の形をした装飾品)。
身をかがめたライオンと丘から昇る太陽が彫られている。
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/122100067/ph_thumb.jpg?__scale=w:500,h:373&_sh=08e0bc0390

画像:少女の墓から発見された青銅の宝飾品やビーズの首飾り。
写真左にある磨かれた壺には、香水が入っていたと思われる。
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/122100067/ph_03.jpg?__scale=w:500,h:307&_sh=0290b00570

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/122100067/
images


引用元: 【考古学】〈画像あり〉5千年前の高貴な少女の化粧品が出土、パレスチナ

〈画像あり〉5千年前の高貴な少女の化粧品が出土、パレスチナの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/12/06(火) 16:02:55.85 ID:CAP_USER9
シャンプーの詰め替えは要注意、容器洗わないと菌が増える
2016.12.06 07:00

師走に突入したこの時期、年末セールで安かったからと、ついつい消耗品を大量に買ってしまったり、大掃除の最中に見つけた使いかけの美容液をまた使い始めたり…。
「食べ物じゃないからいつまでも使える」と思っている人は危険信号。

食料品に賞味期限があるように、モノにも正しい消費期限がある。
期限を知らずに使い続けると思わぬ健康被害にあう恐れも…。今年の大掃除は毎日使っている日用品の見直しから始めてみよう。

国内では薬事法で、3年以上使用できるものは消費期限の表示をしなくていい決まりになっている。つまり、一般的な化粧品は、未開封なら3年間は最低でも品質が保証されているので問題なく使える。しかし一度開封したものは別。

シャンプーやリンス、コンディショナーも化粧品同様に、未開封なら3年以上使える。

ダウンロード (1)

http://www.news-postseven.com/archives/20161206_472272.html

引用元: 【話題】シャンプーの詰め替えは要注意、容器洗わないと菌が増える [無断転載禁止]©2ch.net

シャンプーの詰め替えは要注意、容器洗わないと菌が増える の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/06/20(土) 16:07:16.28 ID:???.net
富士フイルム、ツヤがある肌は細胞構造の乱れが少ないことを確認 | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2015/06/18/562/
肌のツヤを再現する新開発の光学画像シミュレーションシステムを用いて検証 ツヤがある肌は、肌内部の細胞構造の乱れが少ないことを確認 : ニュースリリース | 富士フイルム
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0987.html

画像
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/pack/images/articleImg/articleffnr0987_img_01.jpg
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/pack/images/articleImg/articleffnr0987_img_02.jpg
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/pack/images/articleImg/articleffnr0987_img_03.jpg
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/pack/images/articleImg/articleffnr0987_img_04.jpg


富士フイルムは6月18日、ツヤのある肌は肌内部の細胞構造の乱れが少ないことを確認したと発表した。

今回の研究では、ヒトを若々しく見せる要素である「視覚的ハリ感」に注目。20~50代の女性被験者の肌内部の状態を解析し、肌がどのような構造になっていればツヤがあるように見えるのかを調査した。その結果、ツヤの目視評価が高い被験者ほど、肌内部における細胞構造の乱れが少ないことがわかった。

また、肌表面について、マイクロスコープを用いて肌画像を取得し、皮溝の幅や肌の密度などキメ形態の定量解析を実施。従来から知られている通り、肌表面の凹凸形状であるキメが荒くなると肌のツヤが減少することを確認した。

さらに、肌のツヤを再現できる独自開発の光学画像シミュレーションシステムを用いて、細胞構造の乱れの程度やキメ形態をそれぞれ変化させた複数の肌モデルを作成し、ツヤの状態を可視化したところ、微細な細胞構造の乱れを抑制することでしっかりとしたツヤになることを実証することができたという。

続きはソースで

images (1)


引用元: 【美容医学】ツヤがある肌は、肌内部の細胞構造の乱れが少ないことを確認 光学画像シミュレーションシステムを用いて検証 富士フイルム

ツヤがある肌は、肌内部の細胞構造の乱れが少ないことを確認 光学画像シミュレーションシステムを用いて検証 富士フイルムの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/14(日) 17:47:03.74 ID:???.net
妊婦のプラスチック化学物質への暴露、子どもの知能指数低下と関連か 研究
2014年12月12日 12:44 発信地:マイアミ/米国

【12月11日 AFP】プラスチック製品や化粧品、芳香剤などに含まれるごく一般的な化学物質に、妊娠期間中に高レベルでさらされた女性の子どもは、そうでない子どもよりも知能指数(IQ)が低くなる傾向がみられたとの研究論文が、10日の米オンライン科学誌「プロスワン(PLOS ONE)」に掲載された。

研究によるとフタル酸ジブチル(DnBP)とフタル酸ジイソブチル(DiBP)の痕跡が高かった母親の子どもは、同物質に低レベルさらされた母親の子どもと比べて、IQが平均で6ポイント低かったという。

この結果を受け、研究チームは妊娠中の女性に対し、芳香剤や洗濯乾燥機用の柔軟剤シートなどの香料入り製品への暴露を制限し、プラスチック容器に入れて電子レンジで食品を温めたり、リサイクルマークの3(ポリ塩化ビニール)、6(ポリスチレン)、7(その他)のラベルがついたリサイクル製品の使用を避けるよう呼び掛けた。

------------ 引用ここまで 全文は記事引用元で ------------

▽記事引用元
http://www.afpbb.com/articles/-/3034054
AFPBBNews(http://www.afpbb.com/)2014年12月12日 12:44

▽関連リンク
・PLOS ONE
Persistent Associations between Maternal Prenatal Exposure to Phthalates on Child IQ at Age 7 Years
http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0114003
・Columbia University Mailman School of Public Health
Exposure During Pregnancy to Common Household Chemicals Associated with Substantial Drop in Child IQ
http://www.mailman.columbia.edu/news/exposure-during-pregnancy-common-household-chemicals-associated-substantial-drop-child-iq

引用元: 【環境衛生】妊婦のプラスチック化学物質への暴露、子どもの知能指数低下と関連か/米コロンビア大学

妊婦のプラスチック化学物質への暴露、子どもの知能指数低下と関連か/米コロンビア大学の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ