理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

医療機関

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/07/12(日) 12:02:12.16 ID:???*.net
毒蛇のマムシにかまれたら、走ってでもいち早く医療機関を受診する方が軽症で済むことが、救命救急医らのグループによる全国調査で分かった。

従来は「走ると毒が全身に回るので安静第一」とされてきたが、グループは「認識を改めてほしい」としている。

グループは福岡、兵庫などの医師、ヘビの研究者ら6人で、全国の救急病院での受診の経緯などがわかった178例について分析した。

マムシにかまれると、約30分でかまれた部位の腫れがひどくなり、その後徐々に毒が全身に回るとされる。
受診するまでに少しでも走った人は21人で、受診までの平均時間は約18分。平均入院期間は5・9日だった。
一方、全く走らずに救急車を待つなどした157人は、受診までに約84分かかり、入院期間は8・4日と長かった。腫れの程度も、走った人の方が軽かったという。

続きはソースで

ダウンロード


2015年07月12日 10時58分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150712-OYT1T50010.html

引用元: 【社会】「マムシにかまれたら、走ってでも受診を」と救急医 「走ると毒が全身に回る」は間違い

「マムシにかまれたら、走ってでも受診を」と救急医 「走ると毒が全身に回る」は間違いの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/04/19(日) 12:37:06.27 ID:???*.net
CT検査など不要な被ばく抑制へ基準
NHK4月19日 12時01分

no title


CTやマンモグラフィーなどの検査で使われる放射線の量が医療機関ごとに異なることが分かり、専門の医師らで作る団体が不要な被ばくを減らそうと、目安となる放射線量の基準をまとめました。

基準をまとめたのは、日本医学放射線学会など12の団体で作る「医療被ばく研究情報ネットワーク」です。
ネットワークによりますと、検査で使う放射線の量は、医療機器のメーカーが推奨する値を参考にそれぞれの医療機関で決めていて、高い線量を使えば鮮明な画像が得られることから、被ばく量も医療機関ごとに異なるということです。

続きはソースで

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150419/k10010053501000.html

引用元: 【社会】CT検査など不要な被ばく抑制へ基準

CT検査など不要な被ばく抑制へ基準の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/16(金) 13:42:18.14 ID:???0.net
インフル全国「警報」レベル…さらに拡大恐れ
【読売新聞】 2015/01/16 12:12

国立感染症研究所は16日、今月11日までの1週間のインフルエンザの患者数が1医療機関あたり33.28人となり、今季初めて全国平均で警報レベル(同30人)を超えたと発表した。

昨シーズンよりも3週間早く、厚生労働省は、流行が今後さらに拡大する可能性があるとみて、注意を呼びかけている。

感染研によると、全国約5000か所の定点医療機関からの報告に基づき推定した今月5~11日の受診患者数は約206万人。

1医療機関あたりの患者数を都道府県別でみると、最多の宮崎(76.42人)をはじめ、沖縄(62.98人)、熊本(57.23人)、福岡(54.29人)、長崎(50.86人)など九州、沖縄で特に大きな流行となっている。

年齢別の推計数は、20歳代(約30万人)、30歳代(約28万人)、40歳代(約26万人)の順に多い。

昨年秋以降に検出されたウイルスは、A香港型(H3N2型)が95%を超え、B型や、2009年に新型インフルエンザとして大流行したH1N1型は数%にとどまっている。

ソース: http://www.yomiuri.co.jp/national/20150116-OYT1T50096.html
画像: http://www.yomiuri.co.jp/photo/20150116/20150116-OYT1I50012-L.jpg

関連ソース:
インフル流行拡大、患者200万人超 46都道府県で「警報」 | 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG16H2P_W5A110C1CR0000/

引用元: 【医療】インフル全国「警報」レベル、患者200万人超...さらに拡大恐れ - 厚労省 [15/01/16]

インフル全国「警報」レベル、患者200万人超...さらに拡大恐れの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/09(火) 07:17:21.41 ID:???0.net
2014年12月8日 

 インフルエンザの流行が始まりました。厚生労働省は12月5日、全国で約5千カ所の定点医療機関から直近の1週間(11月24~30日)に報告された患者数が、1カ所あたり1.90と、今シーズン初めて全国的な流行開始を示す指標の「1人」を超えたと発表しました。昨シーズンより3週間早いので注意が必要です。

ワクチンの接種は重要だが、完全に予防できるわけではない
 今からでもワクチンの接種は有効です。子供以外は1回で十分です、注射がきらいな人もできるだけ接種をお勧めします。ただ卵アレルギーのある人、過去ワクチンで副作用がでたことのある人、1カ月以内に他のワクチンをした人、当日発熱など体調が悪いと感じている人は医師の助言を求めてください。費用は勤務先や住んでいる市町村より補助される金額で異なりますが、自己負担は高くても4500円ほどです。

 注意しなければならないのは、ワクチンを接種すればインフルエンザの発病を完全に押さえ込むことができると誤解していることです。実際にはそれほど強力な予防効果があるわけではなく、高齢者などを重症化させないという程度のものと理解するべきです。もちろん普通の風邪には効果はありませんので、ワクチンをしたから安心と考えて無茶な生活をするのは禁物です。

Next:インフルエンザウイルスは高温多湿を嫌う
(記事の続きや関連情報はリンク先で)

引用元: http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20141205/427238/

引用元: 【社会】 インフルエンザの流行が始まる インフルエンザの弱点は高温・多湿 [日経BP]

インフルエンザの流行が始まる インフルエンザの弱点は高温・多湿の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/12(水) 01:51:06.04 ID:???*.net
エボラ疑いの発熱、厚労省「絶対に医療機関行かないで」
http://www.asahi.com/articles/ASGCC36SZGCCULBJ001.html
朝日新聞  2014年11月11日16時27分


 エボラ出血熱を疑われる男性が一般の医療機関を受診し、陽性ならば感染を広げる恐れがあったことを受け、厚生労働省は、検疫で流行国からの入国者に配る指示書に受診しないよう明記するなど対策を強化することを決めた。塩崎恭久厚労相が11日の閣議後会見で明らかにした。

 厚労省は、流行国滞在者が帰国後に発熱があった場合、検疫所や保健所に連絡して一般の医療機関を受診しないように呼びかけているが、口頭で伝えるのみだった。リベリアから帰国後に発熱した東京都の60代男性が、7日に自宅近くの医療機関を直接訪れ、医療機関も渡航歴を把握しなかった。その後、男性は検査でエボラウイルス陰性と判明した。

 厚労省は、発熱しても「絶対に直接医療機関に行かないで下さい」などと指示書に記す。これまでの指示書は、発熱に加え、頭痛などの症状が出た場合に検疫所にすぐに連絡するように求めていた。

 男性は受診後にメールで発熱を検疫所に伝えたが、検疫所はすぐに連絡をとれなかった。そのため、厚労省は、流行国滞在者に義務づける朝夕の連絡はメールだけでなく、電話でも必ずするように求める。家族の連絡先も届けてもらう。流行国滞在者の情報を、住まいなどがある保健所に事前に伝える。

 また、厚労省は発熱患者が受診する際に渡航歴を確認するための資料をウェブサイトに掲示し、全国の医療機関に利用するよう呼びかける。

 厚労省は、エボラ出血熱患者を治療する指定医療機関がない8県に対し、早急に整備するよう求めることも明らかにした。

引用元: 【エボラ出血熱/国内】エボラ疑いの発熱、厚労省「絶対に医療機関行かないで」 [11/11]

厚労省「エボラの発熱だと思ったら絶対に医療機関に行かないで!」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: かじりむし ★@\(^o^)/ 2014/06/10(火) 01:39:16.60 ID:???0.net

医療機関、最多の303件が休廃業
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ090FA_Z00C14A6TJ1000/
日本経済新聞 2014/6/9 23:49


 帝国データバンクが9日まとめた全国の医療機関の休廃業に関する統計によると、2013年度に休廃業・解散した医療機関は303件と、06年度の調査開始以降で最も多かった。12年度比の増加率は9%。都市部での患者獲得競争の激化や、地方の過疎化による経営悪化が要因とみている。

続きはソースで
~~引用ここまで~~



引用元: 【医療】医療機関、最多の303件が休廃業 2013年度 [6/9]


医療機関の休廃業が止まらない?の続きを読む

このページのトップヘ