理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

半分

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/12/14(木) 08:02:34.93 ID:CAP_USER
体の半分がオスで半分がメスの珍しい「雌雄型」のガの標本が、岡山県倉敷市中央2丁目の市立自然史博物館で展示されている。
虫を愛する女子高校生が、学校行事の途中で立ち寄ったサービスエリア(SA)で偶然見つけた一匹。
同館は「極めて珍しい。奇跡ともいえる発見」と話している。

11月22日。岡山理大付属高校生命動物コース3年の安達由莉さんは、同級生48人と広島県廿日市市の宮島水族館に向かっていた。

 休憩で山陽道下り線の小谷SAに立ち寄ると、早々に虫探しを始めた。
SAは山林を切り開いて設けられ、外灯で夜通し明るい。愛好家にとっては格好の観察スポットだという。

 「何かしら、必ずいる」。この日もそう思いながら歩道や緑地に目をこらしていた。
すると自販機の前の路上に見慣れた模様の羽を広げたウスタビガを発見した。自宅では同じ種類のガの標本を作製中。
乾燥させるために机の上にあるので、毎日目にしていた。

 見間違いはない。しかし何かが違った。「左右で触角の形が違う!」。
左は葉のような形のオス、右はごく細いメスの形。即座に右手を伸ばし、胴体をつまんで持ち上げた。
左の羽はだいぶ傷んでいた。このままでは羽根の粉が落ちて模様が消えてしまう。
バスの備品のエチケット袋にそっと入れて持ち帰った。

続きはソースで

画像:安達由莉さんが採取した雌雄型のウスタビガ
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20171212001447_commL.jpg
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20171130002844_commL.jpg

朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASKD654GMKD6PPZB00L.html
images


引用元: 【動物】体半分がオス、半分がメスのガ 虫愛する女子高生が発見

体半分がオス、半分がメスのガ 虫愛する女子高生が発見の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/10/23(金) 21:10:06.08 ID:???*.net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151023-00000042-jij_afp-sctch

images


【AFP=時事】イリエワニは脅威を察知するために片方の目を開けたまま眠ることができることが分かったと、
オーストラリアの科学者らが23日、語った。追加の研究によって、脳の半分だけを眠らせる能力を持っていることが明らかになる可能性が高いという。

 この研究は英科学誌「Journal of Experimental Biology(実験生物学ジャーナル)」に発表された。
オーストラリアの研究チームは、3頭の若いイリエワニを個別の水槽に入れ、12か月にわたって観察。結果、
ワニも鳥類と同様に外敵の脅威がある環境では「片目だけを閉じて」睡眠していることが分かった。

 論文の筆頭著者、ラトローブ大学(La Trobe University)のマイケル・ケリー(Michael Kelly)氏はAFPに
「鳥類も人間のように両目を閉じて睡眠するのを好む。だが脅威を感じると片目を開けておき、その目を脅威の対象の方に向ける」と説明した。

「ワニも同様の行動をしていた。睡眠時のほとんどのときは両目を閉じている。
だが脅威の対象を提示すると、ワニは片目を開け、目を脅威の対象の方へ向け続ける」

■脳を全部眠らせるのは少数派か
 ケリー氏は追加研究でワニの脳派を測定し、ワニが脳の半分だけを眠らせているどうかを調べる必要があると語る。
その研究で、完全に意識を遮断する人間流の睡眠が、動物界においてはまれであることが判明する可能性がある。

「片目だけを閉じて眠ることが知られているワニなどの爬虫(はちゅう)類が、実際に脳の半分だけを睡眠させていることがわかれば、(片目睡眠が)進化の中で生まれた新しい性質(進化的新奇性)ではなく、
むしろ人間流の睡眠のほうがそうであることが示唆されるかもしれない」とケリー氏は見通しを語った。【翻訳編集】 AFPBB News

画像 豪シドニーの動物園で、餌のウサギを食べる体重700キロのイリエワニ「レックス」(2014年3月3日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News
http://amd.c.yimg.jp/im_siggNOHGHV5ixseNLcad2AYWvw---x900-y595-q90/amd/20151023-00000042-jij_afp-000-2-view.jpg

引用元: 【研究】ワニは片目を開けて眠る 豪研究

ワニは片目を開けて眠る 豪研究の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/27(土) 20:03:51.45 ID:???.net
【9月26日 AFP】地球上にある水の最大半分は、太陽系よりも古い可能性が高いとの研究論文が25日、米科学誌サイエンス(Science)に発表された。天の川銀河(Milky Way)内の地球以外の星にも生命が存在する可能性を高める研究結果だ。

今回の研究により、地球上に存在する水のうちの「かなりの割合」が星間空間に由来し、約46億年前の太陽の形成以前に存在していたことが明らかになった。

地球にある水がどこに由来するかは、水分子に含まれる水素と重水素(水素の重同位体)の割合を調べることで判別できる。
星間空間に由来する水や氷は、非常に低温の状態で形成されるため、水素に対する重水素の比率が高くなる。

だが、太陽が誕生する過程でどの程度の量の重水素が除去されたかや、太陽系の誕生時にどの程度の量の重水素に富む水や氷が生成されたかについては、これまで科学的に解明されていなかった。

http://www.afpbb.com/articles/-/3027084

引用元: 【地球】地球の水、半分が太陽誕生前に由来か 研究

【地球】地球の水、半分が太陽誕生前に由来か 研究の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/25(木) 20:14:00.81 ID:???0.net
体が雌雄半々に分かれたとみられるイセエビが、三重県鳥羽市の離島・答志島で見つかった。
イセエビの人工生産に世界で初めて成功した同県水産研究所によると、「雌雄モザイク」と呼ばれる珍しい現象で、受精卵の遺伝子情報が交錯して伝達されたらしい。

見つけたのは答志島で旅館を経営する中村泰久さん(36)。島でイセエビ漁が解禁された16日から20日にかけ500匹を仕入れ、24日夜に水槽内で裏返っていた1匹を取り出したところ、左が赤褐色、右が黒色に体色が分かれていた。すでに死んでおり、冷凍保存している。
足の大半と尾は「共食いされなくなっていた」という。

23年間イセエビの増殖技術の開発に取り組んでいる同県水産研究所の松田浩一・主幹研究員(51)は「大変珍しく、イセエビで目撃するのは2回目」。
原因について「受精卵が2分割する段階で雌雄や体色を決める遺伝子情報がいびつな形で伝わったからだ」とし、「かなり高い確率で雌雄モザイクと推定される」と話している。

松田主幹研究員によると、大西洋北部に生息するオマールエビでは100万匹に1匹の確率で出現するという。
【林一茂】

http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/select/images/20140926k0000m040043000p_size5.jpg
http://mainichi.jp/select/news/20140926k0000m040039000c.html

引用元: 【生物】体の左右半分ずつがオスとメスに分かれているイセエビが見つかる 三重県鳥羽市の離島(画像あり)

体の左右半分ずつがオスとメスに分かれているイセエビが見つかる 三重県鳥羽市の離島(画像あり)の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ベンゼン環◆GheyyebuCY 2014/04/16(水)12:49:55 ID:LBHTeRD5p

火星の地表にはかつて大量の水があったことが分かっていますが、45億年前の誕生から約4億年の間だ
けで、既に50%以上失われていたことが分かったと、名古屋大と東京工業大の研究グループが15日に発表しました。
残った水は現在、地下に氷として存在するとしています。

詳細はソースをご覧ください。

ソース
火星の水、4億年で半分消失=大量の氷存在可能性も??名古屋大など
時事通信 4月15日 21時19分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140415-00000158-jij-sctch



火星の水は、誕生から4億年で半分消失 [04/15]の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: アルゼンチンバックブリーカー(やわらか銀行) 2013/08/27(火) 14:37:24.41 ID:EEhR3ToHP BE:490470023-PLT(12000) ポイント特典

 京都大学の山中伸弥教授は26日、都内で講演し、医療に使うiPS細胞(万能細胞)をあらかじめ備蓄する「再生医療用iPS細胞ストック」事業について、「5年以内に日本人の半分をカバーし、10年後には日本人の大半をカバーできる体制を構築する」との方針を明らかにした。同事業では、細胞の血液型であるHLA(ヒト白血球抗原)について、複数の人に対応できる型のiPS細胞を集める計画で、京大iPS細胞研究所が今年着手した。

 現在、京大病院や日本赤十字などの協力を得て、「HLAホモ」と呼ばれる汎用性のある型を持つ細胞の提供者を探している。

 山中教授は「研究用に比べ、医療用の高品質のiPS細胞を作るのは非常に難しいが、まずは第1例をつくりたい」と意欲を述べた。
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020130827agax.html
2



京大山中教授が ips細胞ストック10年後、日本人の大半カバーしたいとの方針を明らかにの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ