理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

半数

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/08(土) 15:44:36.12 ID:???.net
昆虫の起源は4.8億年前 筑波大など研究チームが分析
2014/11/7 23:08

日本、ドイツ、米国など13カ国の国際研究チームは7日、地球上の生物種の半数以上を占める昆虫の厳密な系統樹を作ったと発表した。
昆虫のゲノム(全遺伝情報)と化石を使って進化年代を推定、これまで約4億年前とされていた昆虫の起源は約4億8000万年前にさかのぼることがわかった。
研究成果は米科学誌「サイエンス」に掲載された。

昆虫は地球上に約100万種おり、全生物種の半数以上、動物種の75%以上を占める。

筑波大の町田龍一郎教授ら約100人の国際研究チームは、昆虫の約32目(もく)をすべてカバーする103種の約1500遺伝子の塩基配列を解析。
膨大なデータを分析して厳密な系統樹を作成した。

昆虫が多様化を遂げた年代を推定するため、37種の化石を使って調べたところ、昆虫の起源は約4億8000万年前にさかのぼることが判明した。
さらに、これまで約3億5000年前とされていたカゲロウなどの有翅(し)昆虫類の羽の獲得は、4億年前以上にさかのぼることもわかった。

町田教授は「昆虫は藻類などの陸上植物とともに、初期の陸上生態系を作り出した生物群の一つだったことがわかった」と話している。
_________

▽記事引用元
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG07H5W_X01C14A1CR8000/
日経電子版(http://www.nikkei.com/)2014/11/7 23:08

▽関連リンク
・Science 7 November 2014:
Vol. 346 no. 6210 pp. 763-767
DOI: 10.1126/science.1257570
?Report
Phylogenomics resolves the timing and pattern of insect evolution
http://www.sciencemag.org/content/346/6210/763
・筑波大学
ゲノム情報で昆虫の高次系統関係と分岐年代を解明
http://www.tsukuba.ac.jp/attention-research/p201411071600.html
http://www.tsukuba.ac.jp/wp-content/uploads/888326177f4688f92fdaf484ca61e8281.pdf

引用元: 【生物】昆虫の起源は4.8億年前 膨大なデータを分析して厳密な系統樹を作成/筑波大など__

昆虫の起源は4.8億年前 膨大なデータを分析して厳密な系統樹を作成/筑波大など__の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 膝十字固め(WiMAX) 2013/11/03(日) 16:13:32.81 ID:XIweHIEuP BE:1621479492-PLT(14008) ポイント特典

不妊の原因 半数は男性 積極治療を

不妊に関する正しい情報を知ってもらおうという催しが東京・港区で開かれ、専門家が不妊の原因の半数近くは男性にあるとして積極的に治療を受けるよう呼びかけました。

この催しは、不妊の患者を支援するNPO法人「Fine」が毎年開いているもので、東京・港区の会場にはおよそ400人が集まりました。
ことしは男性の不妊治療を専門とする石川智基医師が講演し、不妊の原因の半数近くが男性にあることを説明したうえで「妻だけが不妊治療に通うケースが多いが妊娠の確率を高めるためには夫が積極的に医療機関に通うことが必要だ」と訴えました。

また、日頃から男性が注意する点として、精・は熱や酸化に弱いため、タバコや長風呂、それにサウナは避けることや、ブリーフよりもトランクスをはくこと、それに何日も精・をためないことなどが紹介されました。
Fine理事長の松本亜樹子さんは「不妊は誰もがなりうる身近なことなので、前向きに治療に取り組んでもらいたいし、周囲の人も理解をして温かくサポートしてほしい」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131103/k10015775211000.html
1



不妊の原因の半分は男性 タバコや長風呂控えての続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ベガスφ ★ 2013/09/02(月) 15:21:46.89 ID:???

"糖尿病患者の半数が超過=合併症予防の血糖目標値-循環器病研究センター"

治療を受けている糖尿病患者のうち半数は、血糖が合併症予防の目標となる値より高いことが国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)などの調査で分かった。

特に50代後半から60代に高い人が多く、研究グループは仕事や家族の介護などで忙しく、食事の管理などが十分できていない可能性があるとみている。

調査は2011年12月~12年2月、吹田市など周辺4市の約350薬局に糖尿病治療薬の処方箋を持って訪れた人を対象に実施。1026人から有効回答を得た。

日本糖尿病学会は、過去1~2カ月の血糖状態を示す値「HbA1c」を7%未満に保つことが、合併症予防の目安になるとしている。調査に回答した患者の平均値は7.2%で、約半数が7%以上だった。
また、合併症の一つには視力低下や失明にも至る網膜症があるが、眼科を定期的に受診していない患者は32%に上った。

2013/09/02-14:48
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2013090200424
5f1b8abf.jpg



【医療】糖尿病患者の半数がHbA1c、7%以上…食事の管理などが十分できていない可能性 /国立循環器病研究センターの続きを読む

このページのトップヘ