理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

原始卵胞

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/02(月) 09:48:19.75 ID:???*.net
●卵子は日々消滅している
仕事を楽しんでいるからといって、体が年をとらないわけではない。特に女性の場合は深刻だ。

男性の精◯は2ヶ月の寿命で次々と新しいものが作られるが、女性の卵子は新しく作られることがない。
女性は生まれる時に原始卵胞という卵子の素を約200万個持って生まれてくるが、1回の月経の度に約1000個ずつ減っていき、持って生まれた原始卵胞を使い切ってしまったら、もう卵子をつくる事はできない。

●卵子は老化する
さらに、原始卵胞が年を重ねると、卵子の中でも卵子として機能しないものの割合が高くなり、染色体異常を持つ卵子も増える。
染色体異常を持った卵子は受精卵になったとしても流産する割合が高い。つまり、卵子が老化することで妊娠しにくくなるのだ。

米科学誌サイエンスの調査では、20~24歳の女性の不妊症発症率は10%以下だったのに対し、30~34歳では約15%、35~39歳では約30%まで上がるということが明らかになった。
http://dmm-news.com/article/914080/

【不妊】「35歳を超えると妊娠が難しくなる」・・・あまり知られていなかった卵子老化の衝撃~NHKクローズアップ現代★9
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1329274701/

引用元: 【不妊症】 卵子は老化する・20~24歳の女性の発症率は10%以下、30~34歳は15%、35~39歳は30%・・・米科学誌調査

卵子は老化する・20~24歳の女性の発症率は10%以下、30~34歳は15%、35~39歳は30%・・・米科学誌調査の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/10/01(火) 14:59:28.49 ID:???0

★早発閉経女性が出産=卵子活性化で世界初-聖マリアンナ医大

 若いうちに月経がなくなり妊娠が難しくなる早発閉経の女性の、卵子のもととなる「原始卵胞」を人工的に活性化させて妊娠、出産させることに世界で初めて成功したと、聖マリアンナ医大の石塚文平特任教授らのチームが1日発表した。論文は米科学アカデミー紀要に掲載された。

 今後は加齢に伴う不妊の女性にも対象を広げる方針で、日本産科婦人科学会や厚生労働省と協議する。

 出産したのは25歳で早発閉経と診断された女性。30歳で治療を受け、31歳だった昨年12月、出産した。母子に異常はないという。

 チームは女性の卵巣を摘出していったん凍結した。解凍して細かく切断した上で、化学物質を加えて原始卵胞を活性化。卵管に移植して卵子に発育させた上で取り出し、体外受精させて再び体内に戻した。

 チームは27人の女性に治療を実施。このうち14人は原始卵胞が残っていなかった。
残っていた13人のうち3人が受精卵の移植まで進み、2人が妊娠し、1人は流産した。
(2013/10/01-13:13)

4

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013100100424

日経:「早発閉経」の女性が出産 聖マリアンナ医大、世界初の成功
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0100T_R01C13A0CR0000/
NHK:凍結保存の卵巣組織使い出産
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131001/k10014939521000.html



早発閉経女性が出産=卵子活性化で世界初-聖マリアンナ医大の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ