理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

双子

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/08/28(火) 15:47:53.90 ID:CAP_USER
今日は自閉症の遺伝子研究の解説も兼ねて、スペインからの論文を紹介したい。一般の人には難しい箇所も多いと思うが、ぜひ紹介したい重要な論文なので、なんとか読破してほしいと願っている。

■自閉症遺伝子研究の難しさ

自閉症スペクトラム(ASD)は、一卵性双生児間での発症一致率が高いことから、遺伝的要因が高いと考えられている。しかし病気のゲノム研究が進むにつれ、何か特定の遺伝子がASDの発症を促すというケースはまれで、遺伝性はあっても、たくさんの遺伝子が様々な程度に複雑に絡み合って出来上がった脳の状態であることがわかってきた。こうしてASDリスク遺伝子としてリストされた遺伝子は今や100以上になっている。

もちろんASDの原因として単一の遺伝子変異を特定できる場合もある。しかしこの場合も、特定の分子の変異が多くのASDリスク遺伝子の表現に影響を及ぼし症状が出ることが普通だ。

一般の方は、遺伝子変異による病気というと、例えば凝固因子遺伝子の変異で、血液が固まりにくくなる血友病のようなケースを想像されると思うが、実際にはこのように多くのリスク分子の表現が絡み合っている遺伝性の病気も数多くある。

■突発性のASD研究の難しさ

このように、ASD発症の原因として一つの遺伝子変異が特定される場合もあるが、ASDの大半は遺伝性はあっても、その遺伝子変異を特定することが難しい。医学ではこのような場合を突発性と呼んでいる。原因遺伝子が特定できる場合でも、また突発性でも、ASDは、1)社会性の低下、2)言語発達の遅れ、3)反復行動、など共通の症状を示すことから、突発性のASDの背景に、多様ではあっても共通の分子メカニズムが存在していると予想できる。しかし研究の攻め口が見つからず、分子メカニズムの研究は難航していた。

■自閉症関連遺伝子を調節する分子 CPEB4の発見

今日紹介するスペインのオチョア分子生物学研究所からの論文は、突発性ASD患者さんに共通に存在する分子レベルの手がかりを見つけることに成功した画期的研究で、昨日発行のNatureに発表された(Parras et al, Autism-like phenotype and risk gene mRNA deadenylation by CPEB4 missplicing (CPEB4のスプライス異常による自閉症様形質とリスク遺伝子mRNAの脱アデニル化), Nature 560:441-446, 2018)。

あらゆる詳細をすっ飛ばして、この研究の発見を一言で表現すると「突発性のASDでは短いCPBE4分子の割合が多く、その結果多くのASDリスク遺伝子の発現がまとまって低下してしまう」になる。しかし医学研究者でもこれを聞かされただけでは、なんのことかわからないと思うので、できるだけわかりやすく解説してみよう。

■CPEB4とはどんな分子か?

遺伝子(DNA)から読み出されるmRNAには、タンパク質を作る工場、リボゾームと結合するためのアデニンの繰り返すPoly-A tailが付いている。CPEB4はこのpoly-A tailから少し離れた場所に結合して、poly-A tailの長さを調節する起点となる働きを持っている。もしpoly-A tailが削られてしまうと、リボゾームにmRNAを届けられず、タンパク質の合成が低下することになる。これまでの研究で、CPEB4は神経細胞間の連結部位、シナプスでの神経伝達の強さを調節するタンパク質の合成を調節し、学習や記憶に重要な働きをすることがわかっている。

続きはソースで

https://rpr.c.yimg.jp/im_siggsH2j0lVt5nt7e4oNsRgGOw---x800-n1/amd/20180824-00094130-roupeiro-000-10-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/byline/nishikawashinichi/20180824-00094130/
ダウンロード


引用元: 自閉症の科学 注目すべき自閉症の遺伝子研究[08/24]

自閉症の科学 注目すべき自閉症の遺伝子研究の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/09/07(水) 07:48:49.23 ID:CAP_USER
世界初、犬の一卵性双生児を確認 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/090600331/
https://pbs.twimg.com/media/CrXAwTVXYAA5TB0.jpg


 先日誕生した2匹のアイリッシュ・ウルフハウンドが、科学者の間で大きな話題となっている。この2匹が、犬としては世界で初めて、遺伝子分析によって一卵性双生児であると確認されたからだ。

 犬にも一卵性双生児が生まれるというのは、かねてより言われてきたことであり、実際にそういった事例の報告もあったものの、科学論文によってそれが裏付けられたのは今回が初めてとなる。双子というのは人間には比較的よく見られる一方、他の種においてはきわめて珍しいという。(参考記事:「犬は飼い主の言葉を理解している、脳研究で判明」)

 カレンとロミュラスと名付けられた一卵性双生児の子犬の出産を手がけたのは、南アフリカ共和国のモガレシティーにあるラントエンダル動物病院の獣医、カート・デ・クレイマー氏だ。同氏は苦しむ母犬に帝王切開を施している最中、2匹の子犬の臍帯(さいたい)が、それぞれ同じ胎盤に繋がっていることに気がついた。獣医としての数十年間の経験の中で、こうした例を見たのは初めてであったという。

 このときの出産では他にも5匹の子犬が生まれたが、その子たちは一般的なケースと同じく、1匹ずつ別々の胎盤に繋がっていた。

 カレンとロミュラスの外見は驚くほど似ていたものの、白い模様に少しだけ異なる部分があった。しかし2匹の血液サンプルは、彼らが間違いなく一卵性双生児であり、ひとつの受精卵が分割して誕生したことを示していた。(参考記事:「双子が明かす生命の不思議」)

 模様の微妙な違いは、同じ遺伝子群を持った2匹の子犬でも、各遺伝子の発現はちょっとした環境要因によって影響を受けるという事実を考えれば不自然ではない。これは人間の一卵性双生児の外見がまったく同じではないことの理由のひとつでもある。

 デ・クレイマー医師はその後、オーストラリアにあるジェームズクック大学のキャロリン・ジューン氏、南ア・プレトリア大学のジョハン・ネースリング氏など数名の学者の協力を得て双子の子犬の分析を行い、その成果を先日、学術誌『Reproduction in Domestic Animals』に発表した。

続きはソースで

ダウンロード

引用元: 【動物学】世界初、犬の一卵性双生児を確認 一卵性双生児が人間以外ではきわめて珍しいのはなぜか [無断転載禁止]©2ch.net

世界初、犬の一卵性双生児を確認 一卵性双生児が人間以外ではきわめて珍しいのはなぜかの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/10/31(土) 16:43:41.51 ID:???.net
米国ワシントン州に住む男性が、生まれた我が子の遺伝子検査をしたところ、生物学的には本人の子供ではなく、兄弟の子供であることが分かったという。

精◯は確かに本人のもの
この34才の男性は、妻とともに不妊治療を受けており、生まれた子供は人工授精によるもの。

担当医は人工授精に使用した精◯が夫本人のものであることを確認している。それにもかかわらず、生まれた子供の血液型が両親のどちらとも一致しなかったため、夫妻は遺伝子検査を依頼した。

遺伝子は兄弟のもの
医師が夫の唾液から採取した遺伝子を調べると、子供のものとまったく違っていた。つまり、100%夫の子供ではない。

ところが、夫の精◯を調べると、10%という半端な割合が子供の遺伝子と一致した。これは、遺伝学的には、夫の兄弟が本当の父親であると考えられる。

だが、さらに不可解なことに、当の夫に兄弟はいないのだ。

続きはソースで

images

出典元:Man finds out absorbed twin is genetic father of his child - UPI(10.27)
出典元:How a Man’s Unborn Twin Fathered His Child - TIME(10.28)

http://irorio.jp/sophokles/20151029/272305/

引用元: 【遺伝学】夫の精◯で出来た子が夫の子でなかったという珍事が米国で発生

夫の精◯で出来た子が夫の子でなかったという珍事が米国で発生の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/08/23(日) 17:50:25.86 ID:???*.net
2015年08月21日 21時00分00秒
Windows10の顔認証ログインは一卵性双生児を見分けることができるのかを検証実験
http://i.gzn.jp/img/2015/08/21/windows-hello-identical-twins/00-top.jpg

Windows 10に搭載されている顔認証ログイン機能「Windows Hello」は、PCのカメラがユーザーの顔や指紋などを認識して自動的にログインを行うという生体認証を使ったシステムなのですが、顔認証のしくみを利用して「一卵性双生児がお互いのアカウントにログインして顔認識によるセキュリティを突破できるのか?」という実験が行われました。

Windows Hello: can identical twins fool Microsoft and Intel? | Executive Living | The Australian
http://www.theaustralian.com.au/life/personal-technology/windows-hello-can-identical-twins-fool-microsoft-and-intel/story-e6frgazf-1227490164701

今回の実験に使われたのは、Intelの3Dカメラ技術RealSenseをディスプレイ上部に搭載したノートPC「Lenovo Thinkpad Yoga 14」。
このカメラは通常のレンズの他に赤外線レンズと3Dレンズを備えており、撮影した写真の分析、熱感知、深さ検出を行って、カメラに写った人物を検知します。また、ノートPCの前から離れると自動で端末をロックする機能も搭載しています。
http://i.gzn.jp/img/2015/08/21/windows-hello-identical-twins/001.jpg

「Windows Hello」の詳細は、以下の記事を読めば分かります。

Microsoftが顔を見せるだけでログインできる生体認証「Windows Hello」を発表 - GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20150318-microsoft-windows-hello/
http://i.gzn.jp/img/2015/03/18/microsoft-windows-hello/top_m.jpg

実験にはオーストラリア在住の6組の一卵性双生児が参加しました。なお、オーストラリアには双子の研究を専門に行っているAustralian Twin Registry(ATR)という機関があり、国内の4万組の双子が医療分野の研究発展のために情報を登録しているとのこと。
ATRの研究によると、オーストラリアの国民の40人に1人は双子であり、そのうち4分の1から3分の1は一卵性双生児で、人口の1%を一卵性双生児が占めているそうです。

実験の内容は「双子のうち1人がPCに自身の顔を登録して、もう1人がログインを試みる」というもの。ということで、実際に実験が行われたところ、最年少の8歳で参加したAbbyさんとLibbyさんのSukkel姉妹は、Windows Helloによって顔を正確に判別されてしまい、ログインに失敗。髪型なども似ているので人間なら見分けがつかないところです。
http://i.gzn.jp/img/2015/08/21/windows-hello-identical-twins/002.jpg

続きはソースで

ダウンロード


http://gigazine.net/news/20150821-windows-hello-identical-twins/

引用元: 【IT】Windows10の顔認証ログインは一卵性双生児を見分けることができるのかを検証実験 (画像あり)

Windows10の顔認証ログインは一卵性双生児を見分けることができるのかを検証実験 (画像あり)の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/05/08(金) 12:16:12.65 ID:???*.net
蚊に好かれるのは遺伝子が原因? 英研究

(CNN) 世の中に蚊に好かれる人と好かれない人がいる理由は遺伝子にあるかもしれない――。
そんな研究結果を英ロンドン大学衛生熱帯医学大学院が米科学誌プロスワンに発表した。
蚊の好みが遺伝子に関係している可能性を突き止めた研究は初めて。

 実験ではデング熱を媒介するネッタイシマカを容器に入れ、内部を2つの区画に仕切ってどちらに行くか選べるようにした。2つの区画では、1卵性双生児の姉妹18組と2卵性双生児の姉妹19組がそれぞれ血液を提供。姉妹のどちらが蚊に好かれるかを調査した。

 その結果、1卵性双生児の場合は2人そろって蚊に好かれるか嫌われるかのいずれかで、姉妹の間に差はなかった。一方、2卵性双生児の場合、姉妹の間で蚊に好かれるかどうかに違いが出ることが分かった。

 1卵性双生児は同じ遺伝子を持ち、2卵性双生児の遺伝子は異なっている。つまりこの実験の結果は、遺伝子の中に蚊を引き付ける成分があることをうかがわせると研究チームは結論付けている。

続きはソースで

00

CNN.co.jp 2015.05.08 Fri posted at 12:06 JST
http://www.cnn.co.jp/fringe/35064174.html

引用元: 【科学】蚊に好かれるのは遺伝子が原因?―英研究 1卵性・2卵性双生児で実験[05/08]

蚊に好かれるのは遺伝子が原因?―英研究 1卵性・2卵性双生児で実験の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/04/25(土) 00:59:54.88 ID:???*.net
双胎妊娠において、特に二卵性である時によく聞かれる“バニシング・ツイン”という言葉をご存じであろうか。
双子を妊娠するも片方がうまく育たず、初期の段階で母体に吸収されて結果として1人だけが誕生する。
そして、その胚がもう片方の赤ちゃんの体内に宿ってしまうことも極めて稀に発生するようだ。
アメリカから驚きのニュースが飛び込んで来た。

no title


ロサンゼルスの名医の執刀によりこのほど脳腫瘍の摘出手術を受けたのは、
「インディアナ大学」の博士課程に身を置いているヤミーニ・カラナムさん(26)という女性。
昨年9月に読解、聴解力が非常に低下していることに不安を覚え、医師の診察を受けたところ
脳腫瘍と診断され、低侵襲手術の権威であるHrayr Shahinian博士が率いる脳外科手術の専門機関
「Skull Base Institute」を紹介されたのであった。

頭蓋骨は半インチの切開のみという内視鏡による手術は無事成功したが、そこで仰天の事実が発覚した。
なんと腫瘍の正体は胎児。骨、髪、歯がしっかりと確認されたのであった。彼女は実は双子で、
しかし母親の胎内で片方の胎児が成長しなくなる、いわゆる“バニシング・ツイン(Vanishing Twins)”の
現象が起きていたと考えられるそうだ。
病理検査の結果は心配された悪性の所見もなく、カラナムさんは3週間ほどで普通の生活に戻れるという。

続きはソースで

画像
http://image.news.livedoor.com/newsimage/5/4/5417b_196_b62ce8fb_093d36c4.jpg
http://news.livedoor.com/article/detail/10046114/

引用元: 【米国】脳腫瘍の手術を受けた女性(26)、脳の中に胎児が入っていた

【マジか…】脳腫瘍の手術を受けた女性(26)、脳の中に胎児が入っていたの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ