理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

収量

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/08/15(火) 22:20:54.50 ID:CAP_USER9
2017年08月15日 14時30分
 宇都宮大バイオサイエンス教育研究センター・児玉豊准教授らの研究グループは、「植物が低温を感知する仕組みを解明した」と発表した。

 植物の細胞内にある青色光受容たんぱく質「フォトトロピン」が温度を感知しているといい、この仕組みを応用できれば、冬場の農作物の収量増などが期待できるという。

 研究成果は、米科学アカデミー紀要(PNAS)の電子版に掲載された。

 児玉准教授らによると、植物は細胞内で葉緑体の配置を変えることで光合成の働きを調節している。低温下でも活発に光合成を行うと植物にとって有害な物質が発生するためで、低温下で葉緑体は「光から逃げる」(児玉准教授)ように細胞の側面に移動する。この動きは「寒冷定位運動」と呼ばれ、フォトトロピンが関与していることは、児玉准教授らが2008年に明らかにしていた。

続きはソースで

http://yomiuri.co.jp/science/20170815-OYT1T50073.html
http://yomiuri.co.jp/photo/20170815/20170815-OYT1I50023-1.jpg
http://yomiuri.co.jp/photo/20170815/20170815-OYT1I50024-1.jpg
images (1)


引用元: 【科学】植物どうやって寒さを感じる?宇都宮大グループが解明©2ch.net

植物どうやって寒さを感じる?宇都宮大グループが解明の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/07/14(金) 00:09:18.72 ID:CAP_USER
エタノールが植物の耐塩性を高めることを発見
~かんがい農地で農作物の収量増産に期待~

ポイント
・作物の成長・収量に被害をもたらす塩害から、植物を守る技術の開発が望まれていた。
・エタノールが、植物の耐塩性を強化することを発見した。
・安価で入手が容易なエタノールによって植物の耐塩性を強化し、作物の収量増産につながることが期待される。


JST 戦略的創造研究推進事業の一環として、理化学研究所 環境資源科学研究センター 植物ゲノム発現研究チームの関 原明 チームリーダー、佐古 香織 特別研究員、横浜市立大学 大学院生命ナノシステム科学研究科のフォン・マイ・グエン 大学院生らの研究グループは、エタノールが植物の耐塩性を高めることを発見しました。

世界のかんがい農地の約20%で塩害が発生しており、作物の成長や収量に大きな被害をもたらしています。こうした塩害から植物を守る技術の開発が望まれています。

本研究グループは、モデル植物であるシロイヌナズナとイネを用いて、エタノールが活性酸素の蓄積を抑制することによって耐塩性を強化することを明らかにしました。

本研究を発展させることによって、耐塩性を強化し作物の収量増産につながることが期待されます。

本研究は、農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門の土生 芳樹 ユニット長、理化学研究所 環境資源科学研究センター 発現調節研究ユニットのラムーソン・ファン・チャン ユニットリーダーと共同で行ったものです。

本研究成果は、2017年7月3日午前5時30分(中央ヨーロッパ時間)に植物科学誌「Frontiers in Plant Science」のオンライン速報版で公開されます。

続きはソースで

▽引用元:科学技術振興機構(JST) 平成29年7月3日
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20170703/index.html
ダウンロード


引用元: 【植物】エタノールが植物の耐塩性を高めることを発見 シロイヌナズナとイネで明らかに 農作物の収量増産に期待/理化学研究所など©2ch.net

エタノールが植物の耐塩性を高めることを発見 シロイヌナズナとイネで明らかに 農作物の収量増産に期待/理化学研究所などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2014/01/15(水) 06:38:15.17 ID:???0 BE:480089472-PLT(12557)

鹿児島大の岩井純夫教授(園芸学)の研究グループは、サトイモを水田で栽培すると収量が2倍以上になるとの研究結果をまとめた。

岩井教授は「休耕田の活用策にもつながる」と話し、15日発行の園芸学会の専門誌で発表する。

images (2)

*+*+ 47NEWS +*+*
http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014011401002162.html



サトイモを水田で栽培すると収量が2倍以上になるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: アルゼンチンバックブリーカー(やわらか銀行) 2013/08/15(木) 23:16:18.89 ID:0Yi9i8JbT● BE:857510827-PLT(12172) ポイント特典

温暖化でリンゴの甘み増す 果樹研究所が発表

地球温暖化の影響で、リンゴの酸味が減って甘みが増していることが分かったと、農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所(茨城県つくば市)などのチームが15日付の英科学誌サイエンティフィック・リポーツ電子版に発表した。

同研究所の杉浦俊彦上席研究員は「温暖化が作物の収量や収穫日に影響することは知られていたが、味が変わることを裏付けたのは世界で初めて」としている。
チームは、1970年以降、「ふじ」などの品質データや気象データを分析した。
その結果、80年~2010年の30年間で年平均気温が1度近く上昇した一方、ふじの酸味は15%減り、糖度は5%増えた。

http://www.47news.jp/CN/201308/CN2013081501001526.html
4



温暖化でリンゴの甘み増すの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ