理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

古代

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/05(木) 18:10:41.04 ID:???.net
掲載日:2015年1月7日
http://www.afpbb.com/articles/-/3035803

 エジプト当局は6日、スウェーデン・ルンド大学(Lund University)の考古学チームが、古代エジプトの2神を描いたおよそ2500年前のものとみられる珍しい壁面レリーフ(浮き彫り細工)を発見したと発表した。

 レリーフが見つかったのは、首都カイロ(Cairo)から約850キロ離れたアスワン(Aswan)の北にある採石場。
ルクソール(Luxor)にある有名なカルナック神殿(Karnak Temple)やルクソール神殿(Luxor Temple)の建造に使われた石が切り出されていた場所だ。

 上エジプト(Upper Egypt)地域の古文化財管理当局トップ、アリ・アスファル(Ali al-Asfar)氏はAFPに対し、「アモンラー(Amen-Re)神とトト(Thot)神を一緒に描いた数少ない彫刻」の一つだと語った。

続きはソースで

(c)AFP

<画像>
エジプト・アスワン(Aswan)近くにある採石場で、スウェーデンの考古学チームが発見した2500年前の壁面レリーフに描かれた古代神。
エジプト考古最高評議会(Egyptian Supreme Council of Antiquities)提供(2015年1月6日提供)。(c)AFP/SCA
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/a/2/1024x/img_a25fab5c83515040f56e95edfe5be894300203.jpg

エジプト・アスワン(Aswan)近くにある採石場で、スウェーデンの考古学チームが2500年前の壁面レリーフを発見した採石場の入り口。
エジプト考古最高評議会(Egyptian Supreme Council of Antiquities)提供(2015年1月6日提供)。(c)AFP/SCA
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/5/7/1024x/img_5784cbce61ba8d3684c6eb2590d5fa90190710.jpg

<参照>
Archaeologists make unique discoveries in Egypt | Lund University
http://www.lunduniversity.lu.se/article/archaeologists-make-unique-discoveries-in-egypt

Gebel el Silsila Survey Project
http://gebelelsilsilaepigraphicsurveyproject.blogspot.se/

引用元: 【考古学】古代エジプトの2神描いた希少レリーフ、スウェーデン大が発見

古代エジプトの2神描いた希少レリーフ、スウェーデン大が発見の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/02(月) 17:50:08.03 ID:???.net
マヤの水の神殿を発見 “激動の時代”の爪跡か | ナショナル ジオグラフィック(NATIONAL GEOGRAPHIC) 日本版サイト
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20150130/433789/

画像1
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20150130/433789/ph_thumb.jpg
新たに発見された古代マヤの水の神殿の空撮写真

画像2
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20150130/433789/01.jpg
ベリーズのカラ・ブランカにある泉を探索した結果、干ばつ期に神への供物が増えていたことがわかった(Photograph by Tony Rath Photography)

画像3
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20150130/433789/03.jpg
カラ・ブランカ遺跡の泉に沈んだ木の間を探索するダイバー。マヤの人々は神への祈りを込めて壺や瓶、器を捧げた。(Photograph by Tony Rath Photography)

画像4
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20150130/433789/04.jpg
放射性炭素年代測定をおこなうため、カラ・ブランカの泉の底に沈んだ木からサンプルを採取する研究者。(Photograph by Tony Rath
Photography)
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20150130/433789/05.jpg
かつてマヤの人々が雨乞いの儀式に使った泉を泳ぐシクリッドの群れ。(Photograph by Tony Rath Photography)


 ベリーズの静かな森にたたずむ深い泉に、古代マヤの人々に“干ばつカルト”が広がっていたことを示す遺跡が眠っていた。マヤの人々は、文明国家が滅びないようにと雨の神に供物と祈りを捧げたようだ。

 今回、考古学者のグループがベリーズのカラ・ブランカで発見したのは、水の神殿の遺跡だ。小さな広場があり、朽ちた小屋と小さな2つの建造物の名残がみられる。中心となる建造物は、人々がマヤの雨の神や地下界の悪魔に供物を捧げたとみられる深い泉の淵にひっそりと建っている。

 遺跡からは、古代マヤ文明の崩壊期に干ばつに見舞われた人々の信仰が見てとれる。ピラミッドを築いたマヤ文明は、長きにわたり中央アメリカの広範囲で繁栄したが、西暦800年以降、ほとんどの都市国家が崩壊した。

 カラ・ブランカの白い岩壁の下で、祈りを捧げに訪れた人々は壺や瓶、器などを神殿の泉深くに沈めた。供物には近辺で作られたものと遠くから運ばれたものがあり、この遺跡に広く一帯から人々がやって来て雨乞いをしたことを示している。

神聖な意味をもつ場所

「祈りを捧げる人々がここへ来て身を清め、神に供物を捧げていました」今回の発見をした研究チームのリーダーでイリノイ大学の考古学者、リサ・ルチェロ氏は言う。ルチェロ氏は、セノーテと呼ばれる天然の泉の深さを4年かけて測定し、セノーテの底に長い間発見されずにあった陶器や石の道具を発見した。「ここは、神聖な意味をもつ特別な場所だったのです」

 しかし、人々が常に足繁くこの神殿を訪れていたわけではなかった。とりわけマヤ文明初期の供物が少なかったことは、裏を返せば、泉に住むとされた雨の神チャクの怒りが鎮まるように、ある時点から人々が強く望むようになったことを示しているのかもしれない。近く「CambridgeArchaeological Journal」誌に発表されるこの発見に関する報告で、ルチェロ氏とカリフォルニア州モアパーク・カレッジの考古学者アンドリュー・キンケラ氏は、広範囲の干ばつが古代マヤを襲った後に神殿への供物が増えたと指摘している。

干ばつカルト

 だが供物もむなしく、雨の神チャクと地下界の悪魔は古代マヤ文明を滅亡させた――雨を降らせてから、干ばつをもたらして。ペンシルバニア州立大学の人類学者ダグラス・ケネット氏の研究チームは、洞窟にできた石筍(せきじゅん)を分析し、大量の降雨によりマヤの人口が急激に増え、西暦660年まで続いたことが推定されると報告している。雨が降らなくなると、古代の王国は滅びた。

 度重なる干ばつにより王の失脚が続き、西暦800年頃から中央アメリカ全体でマヤ文明の都市国家は崩壊し始めた。また干ばつによって、チャクの怒りを鎮めようとする人々の間で“干ばつカルト”に火がつき、突如滅亡の危機にさらされた古代マヤのあちこちで、洞窟やセノーテに多数の供物が捧げられた。

続く 

引用元: 【考古学】マヤの水の神殿を発見 “激動の時代”の爪跡か

マヤの水の神殿を発見 “激動の時代”の爪跡かの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/03(月) 23:56:07.35 ID:???.net
先日、リポートした「マルタ島周辺=アトランティス大陸」説。今回は、その失われた文明がどのようなものであったかを、現存する遺跡から解説していこう。

世界最古の天文台をはじめ、世界各地で見られるストーンサークルなど巨石遺物4タイプすべてが残るマルタ島。
“アトランティス文明”とは、当時どのような存在で、後々の文明にどのような影響を与えてきたのか?

■豊かな生活をしていた“アトランティス人”

本誌では「アトランティス伝説」の謎解きの鍵として、地中海の真ん中に浮かぶ「マルタ島」に注目した。

この島と西隣のゴゾ島では、8000年前頃から巨石神殿を中心とした古代文明が生まれたが、4000年前頃に突如として活動が止まった。その原因は巨大地震と大津波の襲来、さらに急激な地殻変動でもともとの広い陸地が水没したためと推定され、最近の潜水調査では、両島周辺の海底からもマルタ巨石文明の一部とみられる遺跡が見つかっている。


前回のリポートに続き、これまでイタリア半島とシチリア島など、地中海各地の古代遺跡を取材してきた考古ジャーナリストの有賀訓(あるが・さとし)氏は、こう説明する。

「1980年代に本格化したマルタ考古学研究の中で、敷地面積50m四方の大型神殿の建設に必要な労働人数と工期の試算が行なわれ、一日300人を動員した突貫工事でも、5000日(約15年)かかるという結果が出ています」

この試算が行なわれた理由は、これまでに2島で確認されている大型神殿約10ヵ所と、それ以外に残っている多くの石造物を、現在のマルタ島とゴゾ島の土地面積(八丈島4つ分)で維持できたのか?という考古学者たちの疑問があったからだ。

「そして試算数値から導き出されたのは、4000年前まで両島の陸地面積は今よりもずっと広く、豊かな食料生産力が保証されていなければ、とても巨石文明を支えるほどの労働力は養えなかったという結論でした」(有賀氏)

以下、ソース

マルタ島に眠る「アトランティス遺産」の驚くべき全貌とは? 【前編】
http://yukan-news.ameba.jp/20141101-30896/
マルタ島に眠る「アトランティス遺産」の驚くべき全貌とは? 【中編】
http://yukan-news.ameba.jp/20141102-31029/
マルタ島に眠る「アトランティス遺産」の驚くべき全貌とは? 【後編】
http://yukan-news.ameba.jp/20141103-31148/

引用元: 【考古学】マルタ島に眠る「アトランティス遺産」の驚くべき全貌とは?

マルタ島に眠る「アトランティス遺産」の驚くべき全貌とは?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/22(水) 23:05:24.95 ID:???.net
(CNN) 古代エジプト王ツタンカーメンのミイラの「仮想検視」を行って生前の姿を初めて実物大で再現した画像が公開された。
26日放送の英BBCのドキュメンタリー番組で紹介される。
ツタンカーメンは紀元前1333年~1323年の古代エジプト第18王朝の王で、死亡当時の推定年齢は19歳前後。

2010年の米医学誌に発表された研究によれば、足の骨折で感染症にかかった後マラリアのため死亡したと推定される。
生前の姿を再現した画像はミイラのCTスキャンをもとに研究チームが作成した。
左足の足首のあたりが変形しているのは、骨に異常が生じるケーラー病だった可能性があるという。
ツタンカーメン王の墓からは100本以上の杖も見つかっている。当初は権力の象徴とみられていたが、実は歩くために杖が必要だったという見方が有力になった。

死因を巡っては、チャリオットと呼ばれる馬車に乗っていて死亡したとする説もあった。
しかしイタリアの専門家は、ツタンカーメンが馬車に乗ることは不可能だったと説明。
「足がひどく変形していて、支えてもらわなければ立つことができなかった」と指摘している。
家族のミイラの遺伝子を解析した結果、両親はきょうだい同士だったことも分かった。
このためツタンカーメンは遺伝性の疾患を抱えて健康状態が良くなかったと研究チームは推測している。
http://www.cnn.co.jp/fringe/35055492.html

http://www.foxnews.com/science/2014/10/21/is-this-face-tutankhamun/
Is this the face of Tutankhamun?

画像
http://global.fncstatic.com/static/managed/JT.jpg
http://global.fncstatic.com/static/managed/JWT.jpg

http://www.bbc.co.uk/programmes/b04n6scp
Tutankhamun: The Truth Uncovered
BBC One   On TV Sunday 21:00  except Wales, Wales HD

引用元: 【考古学】ツタンカーメンの生前の姿、明らかに 足に疾患か

ツタンカーメンの生前の姿、明らかに 足に疾患かの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/14(火) 00:28:06.43 ID:???.net
巨大モザイク画、ギリシャ最大の古代墳墓で発掘
2014年10月13日 08:44 発信地:アテナ/ギリシャ

【10月13日 AFP】ギリシャ北部マケドニア(Macedonia)地方のアンフィポリス(Amphipolis)にある同国最大の古代墓地遺跡で、古代の二輪戦車を駆る男性を描いたモザイク画が発掘された。
同国文化省が12日、発表した。

月桂樹の葉の冠をかぶり、あごひげを生やした男が、2頭の白馬に引かれた二輪戦車を駆っている姿を描いた
このモザイク画には、白、黒、青、赤、黄、灰色の小さなピースが数多く使われている。

二輪戦車の前には、古代ギリシャの神々の使者ヘルメス(Hermes)も描かれている。

文化省の声明によると「同遺跡で最大のこのモザイク画は、縦4.5メートル、横3メートルの大きさで、発掘作業はまだ完全には終わっていない」という。

作られた時代は紀元前4世紀までさかのぼる。

考古学者らは8月上旬、古代マケドニアのアレクサンダー大王(Alexander The Great)時代にさかのぼる巨大墓地遺跡の発掘作業を行った。

この遺跡に埋葬された人物については、アレクサンダー大王のバクトリア人の妻ロクサーヌ(Roxane)や大王の母オリンピアス(Olympias)、あるいは側近の一人など、さまざまな推測がなされている。(c)AFP
__________

▽記事引用元
http://www.afpbb.com/articles/-/3028739
AFPBBNews(http://www.afpbb.com/)2014年10月13日 08:44配信記事

*ご依頼いただきました。

引用元: 【考古】ギリシャ最大の古代墳墓 古代の二輪戦車を駆る男性を描いたモザイク画発掘

ギリシャ最大の古代墳墓 古代の二輪戦車を駆る男性を描いたモザイク画発掘の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/26(金) 17:19:23.57 ID:???.net
【9月24日 AFP】ボリビア南東部の町パディージャ(Padilla)近郊で、新生代などに生息していた古代生物の化石が風食作用により露出し、約70か所から出土している。

これまでに甲羅に覆われた哺乳類グリプトドンの骨格や、ゾウに似た大型哺乳類マストドンの歯などが見つかっている。
(c)AFP

画像
http://www.afpbb.com/articles/-/3026907
動画
http://www.afpbb.com/articles/-/3026950

引用元: 【古生物】古代生物の化石、風食作用で大量に露出 ボリビア

古代生物の化石、風食作用で大量に露出 ボリビアの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ