理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

史上

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/01/28(木) 18:02:51.66 ID:CAP_USER.net
史上最大の恒星系を発見 「太陽」と惑星の距離1兆キロ (AFP=時事) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160128-00000000-jij_afp-sctch


【AFP=時事】観測史上最も広範囲に広がる恒星系を発見したとする新たな研究結果が発表された。この恒星系にある巨大惑星は、主星からの距離があまりにも遠いため、公転軌道を完全に1周するのに約90万年かかるという。

 この巨大惑星は、恒星系という「家」を持たずに宇宙を浮遊している孤立した惑星だと長年考えられていたが、今回の研究で科学者らは、約1兆キロ離れた距離にある恒星の周囲を公転していると結論付けた。

 巨大惑星と恒星は、宇宙空間を同方向に移動していること、どちらも太陽からの距離が約104光年であることなどの観測結果により、関連が示唆された。

 論文主執筆者の英ハートフォードシャー大学(University of Hertfordshire)のニール・ディーコン(Niall Deacon)氏は声明で、「これは、これまでに発見された中で最も範囲の広い惑星系だ」と述べている。

 主星と惑星はどちらも、その存在を8年前から知られていたが、「これまでは誰も、これらの天体の間に関連があるとは考えなかった」という。
「この惑星は、当初考えられていたように完全に孤立しているのではなく、非常に長い距離を隔てた関係の中に存在しているのは確かだ」とディーコン氏は述べている。

 研究成果は26日、「英国王立天文学会月報(Monthly Notices of the Royal Astronomical Society)」に発表された。

「2MASS J2126」と呼ばれるこの巨大惑星は、木星の約11.6~15倍の質量を持ち、主星からの距離が約7000天文単位(1天文単位=地球と太陽間の平均距離=約1億5000万キロ)で、知られている中で最も広範囲にわたる公転軌道を周回している。

 この惑星が公転軌道を完全に1周するのに、約90万年かかる。軌道があまりに広範なため、2MASS J2126は誕生以来、公転軌道を50回足らずしか巡っていないと思われる。

「このような奇異な世界には、生命が存在する見込みはほぼないが、もし住人がいて、自分たちの『太陽』を眺めたとしても、それはただの明るい星にしか見えないだろう。
その星と自分の惑星との間に結びつきがあることなど、想像すらできないかもしれない」と声明は述べている。

 論文の共同執筆者、オーストラリア国立大学(Australian National University)のサイモン・マーフィー(Simon Murphy)氏は「これほど広範な惑星系がどのようにして形成され、存続しているのかという疑問は、未解決のままだ」と話した。【翻訳編集】 AFPBB News

images
 

引用元: 【天文学】史上最大の恒星系を発見 「太陽」と惑星の距離1兆キロ 公転軌道を完全に1周するのに約90万年

史上最大の恒星系を発見 「太陽」と惑星の距離1兆キロ 公転軌道を完全に1周するのに約90万年の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/01/25(月) 21:01:57.85 ID:CAP_USER.net
<寒波>偏西風蛇行、沖縄上空にまで (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160125-00000085-mai-sctch
偏西風が蛇行、寒気一気に南下…西日本大雪 (読売新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160125-00050011-yom-sci


 25日も各地で観測史上最低気温を更新するなど九州・山口地方は厳しい冷え込みが続いた。
福岡管区気象台は今回の記録的な寒さは、偏西風の蛇行で大陸の強い寒気が沖縄上空にまで流れ込んだことが原因としている。

 冬場には西高東低の気圧配置で大陸の寒気が日本列島の上空に流れ込む。
今回はこの冬型の気圧配置が強まった上に、通常はシベリアから日本付近を通る偏西風が、北極圏付近から日本列島南側へと大きく蛇行。
西日本の上空約1500メートルを氷点下15度以下の寒気が覆い、1977年以来の寒波となった。

 これにより、例年0度~氷点下4度の九州上空の気温は、24日午後9時時点で九州南部が大雪の目安とされる氷点下12度、沖縄上空も氷点下6度にまで下がった。

 九州大大学院理学研究院の川村隆一教授(気象学)によると、今回の現象は、北極圏での寒気の蓄積と偏西風の蛇行が重なる「北極振動」とみられる。
「暖冬をもたらしているエルニーニョ現象は昨年末がピークだったが、九州近海の水温が高めで寒気を湿らせたことも大雪となった要因と考えられる」としている。【山崎あずさ、関東晋慈】

images (2)
 

引用元: 【気象学】西日本大雪 今回の現象は、北極圏での寒気の蓄積と偏西風の蛇行が重なる「北極振動」とみられる

西日本大雪 今回の現象は、北極圏での寒気の蓄積と偏西風の蛇行が重なる「北極振動」とみられるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/05/07(木) 12:19:01.33 ID:???.net
観測史上最も遠方の銀河を発見、地球から約131億光年 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150507-00000008-jij_afp-sctch

画像
http://amd.c.yimg.jp/im_siggk2p3q4kBkBnaA2hOCEZjOg---x600-y600-q90/amd/20150507-00000008-jij_afp-000-3-view.jpg
観測史上最も遠方にあると確認された銀河「EGS-zs8-1」(2015年5月5日提供)。【翻訳編集】 AFPBB News


【AFP=時事】観測史上最も遠方にある銀河が、米エール大学(Yale University)などの天文学者チームにより発見された。地球から約131億光年にあるこの銀河は、明るい青色の星の集まりのように見えるという。

 エール大は発表した声明で、「EGS-zs8-1」と呼ばれるこの銀河は「初期宇宙に存在する最も明るく、最も質量の大きい天体の一つ」と指摘している。

 地球からの正確な距離の算出は、米ハワイ(Hawaii)のWMケック天文台(W.M. Keck Observatory)にある口径10メートルの望遠鏡に搭載された近赤外多天体撮像分光器「MOSFIRE」を用いて行われた。

 EGS-zs8-1は、米航空宇宙局(NASA)のハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)とスピッツァー宇宙望遠鏡(Spitzer Space Telescope)の画像で初めて確認されていた。

 エール大や米カリフォルニア大学サンタクルーズ校(University of California, Santa Cruz)などの天文学者チームによると、EGS-zs8-1ではいまだに天の川銀河(Milky Way)の約80倍の速度で星形成が進んでいるという。

 発見に関する詳細は5日、英学術誌「アストロフィジカル・ジャーナル・レターズ(Astrophysical Journal Letters)」に発表された。【翻訳編集】 AFPBB News

1
 

引用元: 【天文学】観測史上最も遠方の銀河「EGS-zs8-1」を発見、地球から約131億光年

観測史上最も遠方の銀河「EGS-zs8-1」を発見、地球から約131億光年の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/04/02(木) 15:17:47.52 ID:???*.net
南極大陸で観測史上最高気温か 17.5度を記録
CNN.co.jp 4月2日(木)10時51分配信

jpg


(CNN) 南極大陸のエスペランサ基地が先月24日、南極大陸での観測史上最高気温とみられる17.5度を記録していたことがわかった。気象情報専門サイトのウェザー・アンダーグラウンドが2日までに伝えた。

エスペランサ基地はアルゼンチンに近い南極半島北端にあり、アルゼンチンが運営している。

世界気象機関(WMO)で異常気象などの主席報告者を務めるアリゾナ州立大学のランディー・チェルベニー教授は、WMOがこの記録に関する情報収集を進める臨時委員会の設置に向けて動いていると述べた。

委員会は第一線の気象・気候学者約10人からなり、気温の測定に使われている機器が正常に機能しているか、観測手順が守られているかどうか、設置場所は適切か、周辺の観測地点の記録と矛盾はないかについて調べるという。

委員会は討議を経てサーベニー教授に勧告を行う。教授は今年夏の終わりか秋の初めまでに正式結果を公表する予定だ。

気候変動の専門家は南極大陸をはじめとする世界各地の気象の変化を注視し、それが地球温暖化を示すデータなのか見きわめようとしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150402-35062614-cnn-int

引用元: 【気候】南極大陸で観測史上最高気温か 17.5度を記録

南極大陸で観測史上最高気温か 17.5度を記録の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/02/06(金) 18:47:46.75 ID:???.net
掲載日:2015年2月6日
http://news.mynavi.jp/news/2015/02/06/038/

 2007年にウルグアイで化石が発見された史上最大のげっ歯目動物 「Josephoartigasia monesi」は、ゾウのように前歯を使っていたと英ヨーク大学らの研究グループが発表した。

 「Josephoartigasia monesi」は300万年前まで南米に生息していたと考えられている。分類上はモルモットの近縁種だが、体の大きさは現代のバッファローと同じ程度で、体重は1tに達していたとされる。

 今回、研究グループは骨格標本をCTスキャンし、コンピューターを用いて「Josephoartigasia monesi」の噛む力を算出した。

続きはソースで

<画像>
image_2463-Josephoartigasia-monesi

「Josephoartigasia monesi」のイメージ図 (C) James Gurney (sci-news.comより転載)
http://cdn4.sci-news.com/images/2015/02/image_2463-Josephoartigasia-monesi.jpg

<参照>
Giant rodent used incisors like tusks - News and events, The University of York
http://www.york.ac.uk/news-and-events/news/2015/research/giant-rodent/

Predicting bite force and cranial biomechanics in the largest fossil rodent using finite element analysis - Cox - 2015 - Journal of Anatomy - Wiley Online Library
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/joa.12282/abstract

引用元: 【古生物】300万年前の巨大モルモットは前歯をゾウのように使っていた? - 英ヨーク大

300万年前の巨大モルモットは前歯をゾウのように使っていた? - 英ヨーク大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/02/03(火) 12:46:41.52 ID:???.net
地球の平均気温、観測史上最高…温暖化鮮明に (読売新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150202-00050151-yom-soci


 【パリ=石黒穣】世界気象機関(WMO)は2日、2014年の地球全体の平均気温が観測史上最高だったと発表した。

 陸地と海洋上を合わせた14年の平均気温は14・57度となった。基準年(1961~90年)の平均14度を0・57度上回る数値で、これまで最高だった10年の14・55度、2番目に高かった05年の14・54度を超えた。

 これにより今世紀に入って続く気温の上昇傾向は、一段と鮮明になった。WMOのミシェル・ジャロー事務局長は「大気中の温室効果ガスの増加が続き、海洋に蓄えられた熱が増大しており、温暖化は今後も進む」と警告した。

 地球の気温上昇に伴って各地で異常気象現象も頻発している。ジャロー事務局長は「14年の豪雨、洪水及び干ばつを伴う記録的暑さは、気候変動から予想される通りのものとなった」と指摘した。

引用元: 【気候学】地球の平均気温、観測史上最高…温暖化鮮明に

地球の平均気温、観測史上最高…温暖化鮮明にの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ