理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

吸引

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/04/25(水) 02:02:29.40 ID:CAP_USER
世界各地の大気汚染を調べている米民間機関、健康影響研究所(HEI)は17日に発表した年次報告書の中で、世界の人口の95%以上が汚染された空気の中で暮らしている現状を明らかにした。

汚染した空気を長期間吸っていたために脳卒中や心臓発作、肺のがんや慢性疾患を起こし、2016年に死亡した人は、世界で計610万人に上ったと推定される。死因となる健康リスクのうち、空気の汚染は高血圧、不適切な食生活、喫煙に次ぐ第4位に入っているという。

報告書によると、空気の汚染による死亡例の半数以上が中国とインドで起きている。
16年にインドと中国で報告された屋外での大気汚染による死者は、それぞれ110万人に上った。
大気汚染の状況は中国でやや改善されたのに対し、インドとパキスタン、バングラデシュでは10年以降で急激に悪化した。

続きはソースで

関連ソース画像
https://www.cnn.co.jp/storage/2018/04/18/5b0e68b9d333f1b03f3088616d96e797/china-air-pollution.jpg

https://www.cnn.co.jp/fringe/35117971.html
ダウンロード (2)


引用元: 【環境】世界人口の95%超、汚染された空気を吸って生活 米研究[04/18]

世界人口の95%超、汚染された空気を吸って生活 米研究の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/02/01(木) 16:11:23.01 ID:CAP_USER
【2月1日 AFP】
フォルクスワーゲン(VW)などドイツ自動車大手3社がディーゼル車の排ガスを人やサルに吸わせる実験に出資していた問題で、独大衆紙ビルト(Bild)は31日、サルへの健康被害が予想より大きかったことから、VWが実験結果の隠蔽(いんぺい)を試みていたと報じた。

 問題の実験は、VWのディーゼル車「ビートル(Beetle)」の排ガスが米フォード・モーター(Ford Motor)のピックアップトラック旧モデルよりも健康への害が低いこと示す目的で、サル10匹を対象に行われた。だが同紙によると、その結果が「あまりにも壊滅的」だったために「公表しないもの」とされた。

 人やサルを対象とした排ガス吸引実験は、VW、ダイムラー(Daimler)、BMWの3社が出資していた・・・

続きはソースで

(c)AFP

画像:独南部ルートビヒスブルクで排ガス試験を受けるフォルクスワーゲンのディーゼル車「ゴルフ(Golf)」
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/3/0/320x280/img_30c01b332243eb09fc600ae3c40ef900134599.jpg

AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3160724
ダウンロード


引用元: 【医学/動物】サルに排ガスを吸わせる実験の「壊滅的」な結果、フォルクスワーゲンが隠蔽か[02/01]

サルに排ガスを吸わせる実験の「壊滅的」な結果、フォルクスワーゲンが隠蔽かの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/10/06(金) 05:39:17.66 ID:CAP_USER9
気管切開、戸惑わないで 医療的ケア児親向けサイト
2017/10/5 16:33
https://this.kiji.is/288575004957344865?c=39546741839462401

 病気や障害で呼吸がうまくできず、のどに穴を開ける「気管切開」が必要な子どもを持つ家族のために、国立成育医療研究センター(東京)が総合情報サイト「子どもの気管切開なび」を開設した。手術方法やたんの吸引など医療的ケアの仕方、生活の留意点などを写真とともに分かりやすく紹介している。

続きはソースで

images

引用元: 【医療】気管切開、戸惑わないで 国立成育医療研究センター(東京)が「子どもの気管切開なび」を開設

気管切開、戸惑わないで 国立成育医療研究センター(東京)が「子どもの気管切開なび」を開設の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/09/27(水) 09:59:20.43 ID:CAP_USER9
45歳女性 脂肪吸引手術後に意識不明 生死をさまよう…英国
2017年09月27日 07時30分
http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/2/22110.html

http://sp.hazardlab.jp/contents/post_info/2/2/1/22110/ope.jpg
部分痩せできるとして美容外科で受けられる脂肪吸引手術。英国では45歳の女性が、術後に意識不明の重体に陥った(画像はイメージ/AC)

 気になる部分の皮下脂肪を取り除くことができるとして、女性に人気の脂肪吸引手術。
「部分痩せ」などのうたい文句で宣伝しているクリニックも多いが、英国では、45歳の女性が手術後に意識不明状態になり、生死をさまよった。
脂肪が血管をふさぐ脂肪塞栓症(FES)で命を落とす寸前だった。 

 英国医師会が発行する『ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)』に25日に公表された症例報告によると、
英国中部バーミンガムで最近、45歳の女性が両足の膝から下の脂肪吸引手術を受けた。

 手術は無事成功したかのように思われたが、術後40時間以内に、心拍が早まり、意識が混濁。
呼吸が止まる寸前になり、血液中の二酸化炭素濃度が急激に上昇。

 患者は西バーミンガム・サンドウェル総合病院の集中治療室(ICU)に搬送された。

続きはソースで
ダウンロード (1)


引用元: 【医療技術】45歳女性、脂肪吸引手術後に意識不明…脂肪塞栓症で生死をさまよう 英国医師会症例報告©2ch.net

45歳女性、脂肪吸引手術後に意識不明…脂肪塞栓症で生死をさまよう 英国医師会症例報告の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/10/02(日) 15:33:16.28 ID:CAP_USER9
 服や靴に吹きかける「防水スプレー」を吸い込んで呼吸困難などに陥る事故が増えている。入院するケースもあり、東京都消費生活総合センターは使用時の換気など、正しい方法で使うように注意を呼びかけている。

 防水スプレーは服や靴に吹きかけ、雨水などを弾く「はっ水効果」で保護する製品。同センターに入った相談によると今年5月、東京都内の20代女性が靴店で防水スプレーを購入。自宅マンションで数足の靴に吹きかけたところ、数時間後に高熱が出て呼吸困難になった。翌日、医療機関で過敏性肺炎と診断されて9日間入院。酸素吸入や肺洗浄などの治療を受けたという。2014年には、50代男性が化学性肺炎で全治4週間と診断された事例もあった。

 公益財団法人日本中毒情報センターによると、防水スプレーには細かい粒子の樹脂が含まれている。吸い込むと樹脂が肺に付着し、肺のガス交換機能に支障が出ることで呼吸困難などを引き起こすと考えられている。

続きはソースで

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161002-00000014-mai-soci

ダウンロード


引用元: 【社会】<防水スプレー>吸い込むと肺機能に支障 注意呼びかけ [無断転載禁止]©2ch.net

<防水スプレー>吸い込むと肺機能に支障 注意呼びかけの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/02/20(土) 11:42:24.06 ID:CAP_USER*.net
2月20日 11時29分
心筋梗塞などで心停止状態になった患者に水素ガスを吸わせることで、寝たきりになるなどの後遺症を減らそうという臨床研究を慶応大学病院など全国12の医療機関が始めることになりました。効果が確認できれば、早ければ3年後には医療現場で広く行えるようにしたいとしています。

臨床研究を始めるのは、慶応大学病院のほか香川大学病院、熊本大学病院など
全国12の医療機関です。
国内では毎年13万人が心停止状態になり病院に運ばれていますが、回復しても脳細胞がダメージを受け、寝たきりになったりことばが十分に話せなくなるなどの後遺症が残るケースが少なくありません。

続きはソースで

ダウンロード

引用元:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160220/k10010415981000.html

引用元: 【医療】心停止の患者 水素で脳ダメージ軽減 臨床研究開始へ[NHK]

心停止の患者 水素で脳ダメージ軽減 臨床研究開始への続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ