理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

周期律表

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2019/01/18(金) 18:40:15.57 ID:CAP_USER
イギリス・スコットランドのセント・アンドルーズ大学で、世界でもっとも古い「周期表」が発見されました。

World's oldest periodic table chart found in St Andrews | University of St Andrews news
https://news.st-andrews.ac.uk/archive/worlds-oldest-periodic-table-chart-found-in-st-andrews/
https://i.gzn.jp/img/2019/01/18/oldest-periodic-table-chart/a02_m.jpg

元素を化学的性質の似たものが並ぶように配列した周期表(元素周期表)は、1869年にロシアの科学者ドミトリ・メンデレーエフによって考案されました。メンデレーエフの発見は化学だけでなく物理や生物学でも通用する重要な法則を示すものとして、今日においても活用されています。
https://i.gzn.jp/img/2019/01/18/oldest-periodic-table-chart/a01_m.png

014年にセント・アンドルーズ大学のアラン・アイトキン博士が、化学薬品や実験器具などの備品が保管されていた倉庫から、古い周期表の紙面を発見しました。この周期表が古くに作成されたことは一目でわかりましたが、セント・アンドルーズ大学の研究者たちによって正確な作成時期の特定作業が始まりました。
https://i.gzn.jp/img/2019/01/18/oldest-periodic-table-chart/a02_m.jpg

まず、周期表は1871年にメンデレーエフが発表した2番目の周期表とかなり似ていたものの、同一ではなかったとのこと。そして、周期表にはドイツ語で注釈があり、作成したのは1875年から1888年でオーストリアで研究していた科学者Verlag v. Lenoir博士とForster, Wien博士ということがわかり、作成時期が絞られました。

続きはソースで

https://gigazine.net/news/20190118-oldest-periodic-table-chart/
images (1)


引用元: 【歴史】〈画像〉世界最古の「周期表」が発見される[01/18]

〈画像〉世界最古の「周期表」が発見されるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/01/06(水) 14:04:44.74 ID:CAP_USER*.net
「水兵リーベ僕の船…」と言えば、元素周期表を暗記するための語呂合わせである。
化学が苦手でも、学校で習った覚えのある人が少なくないのではないか。

 その周期表に、日本が発見した元素が新たに記載されることになった。
理化学研究所による原子番号113番の新元素発見が、国際学会に認定された。
理研は元素の命名権を獲得し、約1年後には新元素名が決まる見通しという。

 日本初の元素発見で、アジアでも初めての快挙だ。
日本が蓄えてきた基礎科学の実力をあらためて世界に示したといえるだろう。

 元素とは、それ以上分割できない最小微粒子である原子の種類を表す。
周期表は、金属や非金属など元素の性質を分類して並べている。
自然界では92番のウランまで発見され、それ以降の重い元素は人工合成した。

 これまで114種類に名前が付いており、今回は新たに113番を含め4種類が認められた。

続きはソースで

images


http://www.nishinippon.co.jp/nnp/syasetu/article/216646

引用元: 【社会】新元素認定 日本初の快挙をたたえる

新元素認定 日本初の快挙をたたえるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/04/13(月) 23:54:08.43 ID:???.net
2015年4月13日ニュース「周期律表のパズル一つ解明」 | SciencePortal
http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2015/04/20150413_01.html


原子番号103の元素「ローレンシウム」の一番外側にある電子が極めて緩く結合していることを、国立研究開発法人日本原子力研究開発機構などの国際共同研究チームが初めて確かめた。
この論文を掲載した英科学誌ネイチャー最新号は、ローレンシウムのイオン化エネルギーが横に並んだ元素群に比べ低いことを示す元素周期律表の立体的イラストを表紙に掲げ、研究成果の意義を強調している。

この研究成果は、日本原子力研究開発機構 先端基礎研究センターの重元素核科学研究グループ 佐藤哲也(さとう せつや)研究員、浅井雅人(あさい まさと)研究主幹、塚田和明(つかだかずあき)研究主幹、永目諭一郎(ながめ ゆいちろう)副センター長らの研究グループが、ドイツ・マインツ大学、欧州合同原子核研究所(CERN)などと行った国際共同研究によって得られた。実験に用いられたのは、同機構原子力科学研究所のタンデム加速器実験施設。タンデム加速器で合成された半減期わずか27秒の短寿命同位体ローレンシウム256のイオン化・質量分離に成功、このデータからローレンシウムのイオン化エネルギーの値を初めて導き出した。

ローレンシウムは、アクチノイドと呼ばれる原子番号89から103までの元素群の中で最も重い元素。アクチノイドは、米国の化学者、グレン・シーボーグが命名者で、属する元素発見のほとんどにシーボーグが関わっている。ローレンシウムの半減期は非常に短いため、化学的・物理的性質は分からないことが多い。

続きはソースで

00

別ソース
ASCII.jp:世界初、半減期27秒のローレンシウムの化学的性質を実験で確認
http://ascii.jp/elem/000/000/998/998740/
http://ascii.jp/elem/000/000/998/998737/Lr01_588x.jpg
http://ascii.jp/elem/000/000/998/998741/01_800x.jpg
http://ascii.jp/elem/000/000/998/998738/Lr02_800x.jpg

引用元: 【物理化学】ローレンシウムの一番外側にある電子が極めて緩く結合していることを確認 周期律表のパズル一つ解明

ローレンシウムの一番外側にある電子が極めて緩く結合していることを確認 周期律表のパズル一つ解明の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ