理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

味蕾

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/10/30(金) 12:33:36.67 ID:???*.net
◆歯の再生が可能になる? 抜けた歯が再び生える最新研究とシクリッドの謎!

images (2)


多くの現代人にとって“歯の悩み"は逃れようのないシビアな現実ではないだろうか。
永久歯は治療を重ねれば重ねるほど磨り減り、失えば2度と戻ってこない。
ほかの生活習慣病などは、生活態度を改めることで改善の可能性もあるが、歯だけは一方通行で磨耗し抜けていく。
おそらく有史以来、ずっと歯に悩まされ続けてきたはずの人類だが、最新の研究ではなんと永久歯を失っても再び自分の歯を取り戻せる可能性が出てきたというのだ。

■味蕾と歯はもとは同じ細胞

抜けた歯が再び生えてくるかもしれない――。
まさに人類の夢と言っても過言ではない研究を発表したのは、米・ジョージア工科大学のトッド・ストリールマン教授だ。
同研究論文は学術誌「Proceedings of the National Academy of Sciences」に先頃掲載された。
この研究の鍵を握っているのは、アフリカ東南部にあるマラウイ湖に生息するカラフルな淡水魚、シクリッド(Cichlid)だ。
まるで熱帯魚のような色彩豊かなカラーリングのシクリッドだが、実はこの魚の歯は生涯にわたって何回でも生えかわるのである。
ストリールマン教授の研究チームはこのシクリッドを発生学的に研究。
受精後の胚が分裂し、魚体が形成される過程において、味を知覚する味蕾(みらい)と歯が同じ細胞から作られていることを発見した。

味蕾も歯もシクリッドの口の中の上皮細胞(epithelial cells)として現れ、どこかの時点で味蕾になる細胞と歯の組織にわかれるのだ。
「我々はシクリッドの味蕾と歯の発達における可塑性を紐解きました。
そして現在、もとは同じ細胞を味蕾と歯に分岐させているものが何であるのかを解明しようとしています」
と、ストリールマン教授は「Daily Mail」の記事で言及している。

シクリッドの受精後の胚が分裂をはじめてから5、6日で口の中の上皮細胞が味蕾と歯に分かれるという。
この時点で脳と眼は形成されているが、アゴはまた形成途上にあるということだ。
「この時点のどこかで味蕾になるか歯になるかという、上皮細胞の“進路先”を決めるスイッチが入っていることは明らかなんです」(トッド・ストリールマン教授)

続きはソースで

画像:シクリッド(Cichlid)
http://tocana.jp/images/cichlidteeth1.JPG

TOCANA 2015年10月30日(金)
http://tocana.jp/2015/10/post_7706_entry.html

引用元: 【科学】歯の再生が可能になる?抜けた歯が再び生える最新研究と淡水魚シクリッドの謎

歯の再生が可能になる?抜けた歯が再び生える最新研究と淡水魚シクリッドの謎の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/02/19(木) 01:43:50.06 ID:???.net
掲載日:2015年2月18日
http://news.mynavi.jp/news/2015/02/18/035/

 米ミシガン大学は2月16日、ペンギンは5つある味覚のうち3つが無いと発表した。

no title

 同成果は同大学のJianzhi Zhang 教授らによるもので、2月16日に米科学誌「Current Biology」オンライン版に掲載された。

 事の発端はZhang教授のもとに中国の研究者から「アデリーペンギンと皇帝ペンギンの遺伝子配列を調べたが、味覚に関連する遺伝子のいくつかが欠けている」との連絡があり、それが検査の不備によるものなのか、進化の過程で失われたものなのか判断してほしいという依頼があったこと。

 Zhang教授らはアデリーペンギンと皇帝ペンギンの遺伝子のほか、ヒゲペンギン、キングペンギン、イワトビペンギンやペンギン以外の鳥類22種の遺伝子を調査。その結果、5種のペンギンすべてで甘味、うま味、苦味の遺伝子が欠損していることが判明した。

続きはソースで

<画像>
キングペンギン (C)Jianzhi Zhang
http://news.mynavi.jp/news/2015/02/18/035/images/001l.jpg

<参照>
Sweet, bitter, savory: penguins lack three of the five basic tastes | University of Michigan News
http://ns.umich.edu/new/releases/22679-sweet-bitter-savory-penguins-lack-three-of-the-five-basic-tastes

Molecular evidence for the loss of three basic tastes in penguins
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0960982215000573

引用元: 【生物】ペンギンには味覚が2つしかない!? - 米ミシガン大

ペンギンには味覚が2つしかない!? - 米ミシガン大の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ