理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

和歌山県

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/08/18(月) 23:14:29.41 ID:???.net
2014年08月18日 10時07分

 和歌山県紀の川市の県農業試験場が、梅干しを作る際に排出される「梅調味液(漬け汁)」を利用して水田で雑草の発生を抑える方法を開発し、マニュアルにまとめた。

 梅干しの産地である県内で、年間約1万トンが廃棄されるという液を活用することで、処理費用の節約も図れるという。

 梅調味液は、味付け後に出る廃液で、糖分やクエン酸、塩分を含む。産業廃棄物として処理しなければならず、コストや処理場の確保が課題となっている。

 試験場が開発した方法は、梅調味液に含まれる糖分などが水田内で微生物などに分解される際、土壌の表面が酸欠状態になって雑草の発芽を抑える仕組み。

続きはソースで

http://www.yomiuri.co.jp/eco/20140818-OYT1T50035.html?from=ytop_main1

引用元: 【農学】頭痛めてた和歌山梅干し廃液、こんな使い道が!

頭痛めてた和歌山梅干し廃液、こんな使い道が!の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
~~引用ここから~~

1: ゆでたてのたまご ★@\(^o^)/ 2014/06/25(水) 13:24:58.01 ID:???0.net

メタンハイドレート再調査へ
06月24日 19時13分

和歌山県は、去年からことし2月にかけて串本町沖の海底で行った調査で、次世代のエネルギーとして期待されている「メタンハイドレート」から出た可能性が高い気泡が確認できたとして、ことし夏以降に再び海底の調査を行うことになりました。

メタンハイドレートは、メタンガスと水が海底で氷のように固まった物質で、火をつけると燃えるため、次世代のエネルギーとして期待されています。
和歌山県は、去年11月からことし2月にかけて、串本町の沖合およそ18キロの海底付近で、最新の機材を使ってメタンハイドレートの存在を確かめる調査を行いました。

続きはソースで

ソースに動画があります。

ソース: NHK http://www3.nhk.or.jp/lnews/wakayama/2045428981.html
~~引用ここまで~~



引用元: 【海底資源】メタンハイドレート再調査へ 串本町沖18kmでメタンガスと見られる気泡確認 - 和歌山 [6/24]


【和歌山】メタンハイドレート再調査へ 串本町沖18kmで気泡確認の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: こたつねこ◆AtPO2jsfUI 2014/04/04(金)12:56:54 ID:7b3Kjriuf

和歌山のカタツムリ研究家、「新種発見」100種達成

カタツムリ(陸産貝類)の研究家として知られる和歌山県白浜町の湊宏(みなとひろし)さん(75)による国内の「新種発見」が、100種を達成した。1960年代前半から教員として働く傍らこつこつと研究を重ね、記念すべき100番目は県内で70年ぶりに見つかった新種となった。

湊さんは幼いころ日置川流域の海辺に住み、貝を集めて楽しんだ。
家族で山あいに引っ越した際、母の末乃(すえの)さんから「陸にも貝はいるよ」と言われた。
探すと、紀伊半島などの特定の木にしかいない体長約1センチのマルクチコギセルを見つけた。
その繊細さに驚き、驚きは研究への扉を開けるきっかけになった。

画像:カタツムリの標本を前にした湊宏さん=白浜町中、雨宮徹撮影
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140403002099_comm.jpg

↓全文を読む場合は以下をクリック↓
http://www.asahi.com/articles/ASG3N6H5QG3NPXLB016.html

朝日新聞デジタル 雨宮徹 2014年4月4日08時55分



和歌山のカタツムリ研究家、「新種発見」100種達成の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: かじてつ!! φ ★ 2014/01/29(水) 09:32:26.16 ID:???P

○メタンハイドレート第2回調査はじまる

紀伊半島沖の海底に存在するとされる、石油に変わる新しい燃料資源「メタンハイドレート」の本格調査を行っている和歌山県は、串本町潮岬(くしもとちょう・しおのみさき)沖の海中で、きょう(28日)から2回目の調査を開始しました。

メタンハイドレートは、メタンなどの天然ガスが水と結合してできた固体の結晶で、ガスを固体の状態で大量に蓄えられることから、石油に代わる燃料資源として注目され、日本では、日本海やオホーツク海のほか、紀伊半島沖でも存在する可能性があるとして、県は去年(2013年)1月に枯木灘(かれきなだ)沖で予備調査、11月下旬に串本沖で本格調査を行ったところ、潮岬から南へおよそ15キロ沖の深さおよそ1700メートルの海中で、メタンハイドレートの目印となる泡の存在を確認しました。

県はメタンハイドレートの存在する可能性が高いとして、きょうから今月(1月)30日までの予定で、前回調査した海域の南隣りで2回目の調査を始めました。

初日のきょうは、前回と同じように県の漁業調査船「きのくに」を、潮岬の南およそ20キロの海域に出航させ、株式会社独立総合研究所の青山千晴(あおやま・ちはる)博士が乗船し、魚群探知機を使って、深さおよそ2200メートル付近の谷のようになっている部分で泡の存在を調査しました。

その結果、前回と同じように泡の兆候が確認できたということです。

調査はあす(29日)も引き続き行われます。

調査後、2回分のデータを独立総合研究所が分析し、県では3月末ごろ調査結果を報告する方針です。

□ソース:和歌山放送
http://wbs.co.jp/news/2014/01/28/36786.html
5ff9aa9f.jpg



【和歌山】メタンハイドレート第2回調査はじまる・・・潮岬沖の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/14(土) 20:42:52.65 ID:???0

★シー・シェパード 今季の調査捕鯨の妨害を宣言 和歌山県太地町ではイルカ漁妨害が激化 有名人が広告塔
2013.12.14 13:34

米国やオーストラリアを拠点にする反捕鯨団体「シー・シェパード」(SS)が、日本の南極海調査捕鯨を阻止するため、今月16日に妨害船を出港させると発表した。和歌山県太地町に活動家を常駐させるSSはイルカ漁漁師らへの悪質な嫌がらせも続け、“日本バッシング”を通して寄付を募る。著名人も支援者につけて世界中で勢力を拡大している。(佐々木正明)

調査捕鯨船団は、今月7日に山口県の下関港を出港した。来年3月までに南極海でクロミンククジラ935頭を捕獲し、生態を調べる。

国際指名手配中のSS創始者、ポール・ワトソン容疑者(63)は13日、米国のTV番組に出演し、「闘いに勝つ」と対決姿勢を鮮明にした。24カ国出身の約100人の活動家らを乗せた3隻が、オーストラリア南部のメルボルン港などから南極海に向かう。

ワトソン容疑者は昨年5月、SSが過去に起こした南米コスタリカのサメ漁妨害事件でドイツ当局に拘束された。
同7月にドイツから逃亡して昨季の反捕鯨キャンペーンにも参加、今年11月にはSSの米国本部のあるシアトルに姿を現した。日本側が妨害禁止を求めて提訴した裁判で、被告側証人として出廷するためだ。

SSの動向に詳しい関係者は、こうした自由な移動について「ワトソンは団体のカリスマ。法に触れてでも、彼を支える支援者が世界中にいることを示す証拠だ」と指摘する。
>>2へ続く

6742512b.jpg

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131214/crm13121413390006-n1.htm



シー・シェパード 今季の調査捕鯨の妨害を宣言 和歌山県太地町ではイルカ漁妨害が激化 有名人が広告塔の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ツームストンパイルドライバー(東日本) 2013/11/27(水) 01:10:03.98 ID:Ud37TItP0 BE:70803825-PLT(13000) ポイント特典

【出港】和歌山県がメタンハイドレート調査
http://webnews.asahi.co.jp/abc_2_007_20131126002.html

新たなエネルギーとして期待される「メタンハイドレート」について和歌山県は串本町沖で海底調査を行い、「メタンハイドレート」から出ていると思われる気泡を確認しました。

「メタンハイドレート」は、メタンと水から成り火をつけると燃えるため、「燃える氷」とも呼ばれ次世代エネルギー資源として期待されています。26日は、新しく搭載した魚群探知機を使って串本町沖15キロ付近の海底を調査しました。その結果、水深1700メートルから600メートル付近の海底で「メタンハイドレート」から出ているとみられる気泡を確認したということです。

青山自然科学部長は、今回の調査は大成功?との問いに、「とても意味があった、成功だと思う」と話しました。和歌山県は、27日も調査を行い「メタンハイドレート」と確認されれば国に本格的な調査を求めるとともに採掘基地などを誘致したいとしています。
http://webnews.asahi.co.jp/abc_2_002_20131126012.html
3



【和歌山】串本町沖でメタンハイドレート見つかる…独立総合研究所、青山部長「成功だと思う」の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ