理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

問題

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: フェイスクラッシャー(岡山県) 2013/08/31(土) 10:40:30.37 ID:ZOEkAreH0 BE:1569505436-PLT(12001) ポイント特典

数学の挑戦!!!
「エンジニアなら、三分以内に解ける;建築家なら、三時間;医者なら、六時間;会計士なら、三ヶ月; 弁護士なら、解けないかもしれない」という仮説があります。
皆さんはどのくらいの時間がかかりますか?
https://twitter.com/baiduime/status/373445009929805824/

問題の画像
2

http://pbs.twimg.com/media/BS6-QgTCIAA1pr-.jpg:large?.jpg



【数学】 「エンジニアなら3分で解けるが、弁護士なら解けない」 という問題が話題にの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: チリ人φ ★ 2013/07/27(土) 11:39:43.51 ID:???

人工多能性幹細胞(iPS細胞)をめぐる倫理問題をテーマに京都大iPS細胞研究所は26日、シンポジウムを開催した。所長の山中伸弥教授は「新しい科学技術には倫理問題も伴う。何をどこまで受け入れるのか、答えを出すのは社会です」と述べた。

山中教授は冒頭のあいさつで、「新しい科学技術をどこまで受け入れるのかは国や文化によって違い、正しい答えはない」と強調。「iPS細胞の研究は驚くべきスピードで進んでいるが、良いことばかりではなく、新しい問題も発生している」と指摘した。

その後講演では、倫理問題として、人間のiPS細胞から精子や卵子を作ることや豚の体内で人間の臓器を作ることなどを挙げ、「社会全体で議論して答えを出すためには、研究内容の公開や発信といった科学者と社会のコミュニケーションが大切だ」と述べた。

1

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130726/wlf13072622090023-n1.htm


【再生医療】世界初のiPS臨床研究を厚労省部会が了承 早ければ7月中に大臣が了承意見、手続き終了へ
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1373639718/



【再生医療】山中教授「何をどこまで受け入れるのか、答え出すのは社会」 iPS細胞めぐる倫理問題でシンポの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: リキラリアット(埼玉県) 2013/07/24(水) 18:28:46.63 ID:+awW0oWgP BE:2585142465-PLT(12001) ポイント特典

「天才」と呼ばれた人が、本物の「天才」に出会ったとき【第1部:理系篇】
名門高校の神童? 東大理Ⅲ? それがどうした!大学に入って分かった「オレは大したことない」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/35503
(抜粋)
人間は、己を超える圧倒的な才能と出会ったとき、自己を客観視して成長する。
「天才」たちにも若き日の敗北体験があり、それを乗り越えたからこそ今がある。

世の中には「天才」と呼ばれる人たちがいる。
私立灘高校から東大数学科に進み、現在はエコール・ポリテクニーク(フランスの理工系大学のトップでカルロス・ゴーンの母校)の助教授を務める
郡山幸雄(38歳)もその一人だろう。

今年も東大理Ⅲ(定員約100名)に27名の合格者を送り込んだ灘高は、全国で最も数学のレベルが高い進学校として知られる。
だが、その灘高でも、郡山の数学の力は別格だった。

「まんべんなく勉強して通信簿がオール10の同級生がいて、周囲に『すごい』とか言われてたけど、僕はそうは思わなかった。
コツコツ暗記して点数を上げることに興味が持てなかったんですね。
それより、『いかに物語性のある解き方で数学の難問を解くか』を考えるのが好きだった。
正直言って、灘高では、こいつにはかなわないと思う同級生は一人もいませんでした」

高校1年の冬、郡山は数学オリンピックの日本大会に初めて参加する。
50倍以上の予選をくぐり抜けて20名の「日本代表候補」に入り、6名の日本代表を選ぶための合宿に参加した。
そして、その合宿で、郡山は劇的な体験をすることになる。

「生まれて初めて、『こいつには勝てない』と思う人間に出会いました。
数学オリンピックは受験数学とは違って、見たことのない問題にどうアタックするかの世界なんですが、
僕が手も足も出ない整数論の問題を、パッパッといろんなアイデアを出して解くやつがいた」

凡人には理解できない領域だが、数学はあるレベルを超えると「見える」「見えない」という表現で語られる。
日本人が日本語の文章を読んで「文法が正しいかどうか」を判断するのと同じ感覚で、彼らには数式の正誤が「見える」という。
(つづく)
24



灘高の数学トップ神童 今は経済学者 数学で自分を超える大天才に出会い「勝てない」と悟ったための続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~管理人の周りの声~

1.一人の女性が子供一人産んでるペースならまだ日本は豊かな環境にあるってことなんじゃないかな。
これが一人を切るような状況になっちゃったらいよいよ日本は人がいなくなっちゃうよな。これだけは阻止してみんなガンガン産んでもらいましょ。

2.この都道府県別のデータをみるとなんとなくだけど、地方の方が出生率高いな。やっぱりみんな環境がよくて人が少ないところとか、空気が澄んでて都会にはないような自然がある場所とかの方が子供育てるにはいいんだろうな。

3.おれの彼女もいってるけど、東京では子供産みたくないって言ってるwなんでかはきいてないけどやっぱり治安も悪けりゃあ、空気も汚いし、色々あるだろうね。分かる気がするな。

4.若いやつこそガンガン子供産まないとって思うんだよなぁ。年とってくると女の人は子供産める確率減ってくるっていうからなぁ。今の人たちはあんまり子供に関心がないんだろうけどね、だから産んでもすぐに殺したり、自分が中に出したくせにそのあとは知らんぷりとか、そんないいかげんなやつらがいるからダメなんだよな。

5.もう十代でも結婚して子供つくっちゃえばいいんだよwまぁある程度の財力がないとちょっときついとおもうけど。産めばなんとかなるだろ。

~周りの声おわり~
1: チリ人φ ★ 2013/06/05(水) 22:55:34.11 ID:???

1人の女性が産む子どもの数の指標となる去年の出生率は、1.41で、前の年より僅かに上昇し、平成8年以来16年ぶりに1.4まで回復したことが、厚生労働省のまとめで分かりました。

厚生労働省によりますと、1人の女性が一生のうちに産む子どもの数の指標となる「合計特殊出生率」は、去年は1.41で、前の年よりも0.02ポイント上昇しました。

出生率が1.4を超えたのは平成8年以来16年ぶりです。

都道府県別で最も高かったのは、沖縄で1.9、次いで島根が1.68、宮崎が1.67となっています。

一方、最も低かったのは、東京で1.09、次いで京都が1.23、北海道が1.26となっています。

年代別では、30代と40代で上昇している一方、20代で減少傾向が続いています。

また、第一子を出産した平均年齢は30.3歳で、過去最高を更新し、晩産化が進んでいることがうかがえます。

このほか、去年生まれた子どもの数は103万人余りで、前の年よりおよそ1万3000人減ってこれまでで最も少なくなった一方、死亡した人は125万人余りで、戦後、最も多くなりました。

その結果、死亡数から出生数を引いた人数は21万人余りで、過去最多となりました。

厚生労働省は、「30代で結婚した女性の出産が増えたため、出生率は上昇しているが、20代の出生率は上がっていないため、少子化に歯止めはかかっていない」と話しています。


専門家「労働問題の改善を」

人口問題に詳しい政策研究大学院大学の松谷明彦名誉教授は「結婚している女性の出生率は僅かに
増加しており、出生率が低迷している大きな原因は、結婚できない20代が増えていることだ。その背景には、若物の半数近くが非正規雇用で働いていることや低賃金の問題がある。こうした労働問題を改善して若い男女が結婚・出産できるようにしなければ、さらに少子化に拍車がかかることになる」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130605/t10015090151000.html
18



日本の合計特殊出生率、1.41に上昇 16年ぶりの水準 それでも子供の数は過去最少、晩産化も過去最高の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 一般人φ ★ 2013/05/31(金) 00:17:56.93 ID:???

 川崎重工業は30日、利用されていない非食用の稲わらから低コストでバイオエタノールを製造する技術を確立したと発表した。食用のサトウキビなどを使う技術が普及しているが、食糧不足が問題になる中、非食用の植物を使う技術への期待は大きい。今後、南米や東南アジアで売り込みを図り、サトウキビの絞りかすを原料にする技術の開発なども進める。 

農林水産省の公募事業で、2008年度から5年間、実証試験を行っていた。秋田県潟上市に日産200リットルの能力を持つプラントを建設。従来のように硫酸や酵素を使わず、熱水で稲わらの糖化処理を行う独自技術により、1リットルあたり40円でバイオエタノールが製造できるようになった。

▽記事引用元 産経新聞(2013.5.30 15:41
)
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130530/biz13053015430031-n1.htm


▽川崎重工業プレスリリース
http://www.khi.co.jp/news/detail/20130530_1.html
d9708ea2.jpg



稲わらから低コストでバイオエタノールを製造する技術を確立、1リットル40円/川崎重工の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ