理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

善玉

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/11/28(火) 00:16:51.43 ID:CAP_USER9
善玉コレステロールが悪玉に変化 動脈硬化症の仕組み解明
神戸新聞:2017/11/27 11:25

https://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201711/img/a_10768068.jpg
篠原正和准教授


 心臓病などの予防効果があり「善玉コレステロール」と呼ばれる脂質粒子「高比重リポ蛋白質(HDL)」が、動脈硬化症患者の体内では抗炎症機能が低下し、反対に「悪玉」となるメカニズムを、神戸大学大学院医学研究科疫学分野の篠原正和准教授の研究グループらが明らかにした。
動脈硬化症だけでなく、炎症が原因とされる生活習慣病やがんの新たな予防・治療法の開発につながると期待される。
成果は英国科学雑誌「サイエンティフィック・リポート」にオンライン掲載された。

 HDLは体内から余ったコレステロールを肝臓に送り返す。コレステロールが血管の内壁にたまると心筋梗塞や脳卒中の恐れもあるため、HDLは「善玉コレステロール」と言われる。

 研究グループは、健康な人と動脈硬化患者の血液を比較分析。超遠心分離法でHDLを取り出し、免疫細胞「マクロファージ」に接触させた。

続きはソースで

ダウンロード (1)


引用元: 【医療】善玉コレステロールが悪玉に変化 動脈硬化症の仕組み解明 神戸大学大学院

善玉コレステロールが悪玉に変化 動脈硬化症の仕組み解明 神戸大学大学院の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/03/11(金) 17:29:47.58 ID:CAP_USER*.net
「善玉」コレステロールが、一部の人にとっては心臓疾患リスクを高める可能性があるとの研究結果が、米科学誌サイエンスに掲載された。善玉のHDLコレステロール値を上げる医薬品に新たな疑問を投げかける報告だ。

HDLコレステロールは通常、動脈の血流を妨げる悪玉のLDLコレステロールの作用を抑え、一般的には心臓疾患のリスクを下げるとされている。
しかし研究によると、まれな遺伝子変異によってHDL値が高い一部の人は、逆に心臓疾患のリスクも高まるという。

続きはソースで

ダウンロード

ソース/ロイター
http://jp.reuters.com/article/cholesterol-idJPKCN0WD0IJ

引用元: 【健康】善玉コレステロール、一部の人には逆効果=研究

善玉コレステロール、一部の人には逆効果=研究の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 伊勢うどんφ ★ 2013/12/08(日) 18:46:28.62 ID:???

 善玉コレステロール(HDL)の生成を抑えている遺伝子が肥満の原因になる脂肪酸の合成も抑制していることを、京都大医学研究科の尾野亘講師と堀江貴裕助教らのグループが見つけた。
安全な動脈硬化の治療薬の開発につながる成果で、英科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」で発表した。

 尾野講師らは、遺伝子RNAの一種(miRNA33)を抑制すると、血中の善玉コレステロールが増えることを見つけている。
このRNAを阻害する薬剤は動脈硬化の治療薬として期待されているが、どんな副作用があるかはよく分かっていない。

 尾野講師らはマウスでRNAをなくすと、肥満になることを実験で見つけた。
肥満や脂肪肝の原因になる脂肪酸の合成が進んでいたことから、脂肪酸の合成を抑制する働きがあることが分かった。

 尾野講師は「動脈硬化の治療薬としてRNAを阻害する薬剤だけを用いると、
肥満や脂肪肝になる可能性が高い。脂肪酸の合成を抑える薬剤も必要になるだろう」と話している。

8fd425ae.jpg

京都新聞 2013年12月08日 08時40分配信
http://s.kyoto-np.jp/top/article/20131208000008

NATURE COMMUNICATIONS
MicroRNA-33 regulates sterol regulatory element-binding protein 1 expression in mice
http://www.nature.com/ncomms/2013/131203/ncomms3883/full/ncomms3883.html



【マイクロRNA】脂肪酸とコレステロール合成の切り替えスイッチの発見に成功/京大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 中年'sリフト(宮城県) 2013/09/29(日) 13:52:49.30 ID:26LrwWOE0 BE:1803882645-PLT(20000) ポイント特典

ワルシャワ(ポーランド)のNencki Insitituteの研究陣が悪性の脳がん細胞を「欺き」、悪性のグリオーム(神経膠腫)を善玉の腫瘍に変身させる技術を開発した。

善玉腫瘍となれば、もはや免疫システムで浄化できる。
Journal of Pathology掲載論文で発表された。
神経システムにはミクログリア(小膠細胞)と呼ばれるものがある。
外来のバクテリア、ウィルス、がん細胞などを駆逐するファーゴサイト(食細胞)の一種だ。

こうした修復機構の存在にもかかわらず、時として脳にグリオームが形成されることがある。
悪性グリオームの場合、通例患者は1年以内に死亡するが、善玉の場合は生存率が高くなる。
実験にはマウスが用いられた。実験の過程で、悪性グリオームにはサイトカインCSF2と呼ばれるたんぱく質が多く含まれていることが突き止められた。

そこで学者らは特殊なペプチド分子を創り出し、披験体に投与、グリオーム細胞内にサイトカインを作り出す機能を停止させた。結果、悪性のものを善玉に変造することに成功した。
次には人間に同様の効果があるかどうか実験される。

閲覧注意 脳みそっぽいもの
3

http://m.ruvr.ru/data/2013/09/28/1322302515/4078129489_6bf3e3bf3c_z.jpg
http://japanese.ruvr.ru/2013_09_28/122076897/



脳腫瘍の特効薬が完成間近 脳腫瘍「Oh ! No !」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 白夜φ ★ 2013/07/09(火) 09:32:16.92 ID:???

慢性腎臓病起こす細胞=炎症で善玉が悪玉に-東北大

慢性腎臓病は、腎臓内で血液の赤血球を作るのに必要なホルモンを生み出す善玉細胞が、炎症のため悪玉に変わるのが主因だと、東北大大学院医学系研究科の山本雅之教授らが6日、米腎臓学会誌電子版に発表した。
 
マウスの実験では、抗炎症薬を投与すると悪玉から元の善玉に戻す効果があり、症状の進行を止めることができた。
慢性腎臓病の新たな治療法を開発する手掛かりになるという。(2013/07/06-21:26)
_____________

10

▽記事引用元 時事ドットコム2013/07/06-21:26配信記事
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013070600305

▽関連
東北大学 プレスリリース
腎臓病悪化の原因細胞を同定~慢性腎臓病の治療法開発に光~
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2013/07/press20130705-03.html
詳細(プレスリリース本文)
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press_20130705_03web.pdf



【医学】慢性腎臓病 赤血球を作るのに必要なホルモンを生み出す善玉細胞が、炎症のため悪玉に変わるのが主因/東北大の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ