理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

噴火

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/12/11(日) 22:22:06.76 ID:CAP_USER
鹿児島)人工地震でマグマ状態探る 桜島で気象庁など
野崎智也 2016年12月9日03時00分

鹿児島市の桜島で8日未明、京都大や気象庁などが、ダイナマイトを使って人工地震を起こし、地下のマグマの状態を探る「構造探査」を実施した。
揺れの伝わり方を分析してマグマの深さや供給路などを探り、今後の噴火予測に役立てる。
 
京大や鹿児島大、九州大など9大学と気象庁が実施し、今年で7回目。
約40人が調査に参加した。

続きはソースで

▽引用元:朝日新聞DIGITAL 2016年12月9日03時00分配信記事
http://www.asahi.com/articles/ASJD80CG8JD7TLTB00S.html

▽関連リンク
気象庁
2016年桜島構造探査の実施について 平成28年10月4日
http://www.jma.go.jp/jma/press/1610/04b/sakurajima161004.pdf

ダウンロード (2)

引用元: 【火山】ダイナマイトで人工地震を発生させマグマの状態探る 桜島構造探査の実施/気象庁など ©2ch.net

ダイナマイトで人工地震を発生させマグマの状態探る 桜島構造探査の実施/気象庁などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/12/04(日) 22:32:53.98 ID:CAP_USER
草津白根山「湯釜の水温」高い状態 活動活発を示す成分を検出

気象庁は2日、群馬県の草津白根山で活発な火山活動が続いていると発表した。
山頂火口の湯釜からは、火山活動の活発化を示す化学成分が検出されており、水温は平年より高い状態が続いているという。

気象庁によると、草津白根山では2014年3月ごろから山頂の湯釜周辺を震源とする火山性地震が増加し、膨張を示す地殻変動が観測されていたが、1年ほど前からは停滞している。

続きはソースで

▽引用元:Hazard lab 2016年12月03日 13時26分
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/8/18120.html
ダウンロード (2)


引用元: 【火山】草津白根山「湯釜の水温」高い状態 活動活発を示す成分を検出/気象庁©2ch.net

【火山】草津白根山「湯釜の水温」高い状態 活動活発を示す成分を検出/気象庁の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/11/17(木) 17:40:58.10 ID:CAP_USER9
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161117/k10010772811000.html

気象庁は、ここ数年の間に火山活動に高まりが見られた富山県の弥陀ヶ原など3つの火山について、来月1日から24時間体制で火山活動の監視を行うことになりました。

新たに24時間体制で監視が行われるのは、青森県の八甲田山と、青森と秋田の県境にある十和田、それに、富山県の弥陀ヶ原の3つの火山です。

3つの火山では、ここ数年の間に噴気が一時的に活発になるなど、火山活動の高まりが見られ、おととし9月の御嶽山の噴火を受けて、気象庁が火口周辺に観測機器を整備するなどして、24時間体制で監視を行う「常時観測火山」に加える計画を進めてきました。

続きはソースで

ダウンロード (2)


引用元: 【気象】八甲田山など3火山で火山活動の高まり。24時間の監視体制へ [無断転載禁止]©2ch.net

八甲田山など3火山で火山活動の高まり。24時間の監視体制への続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/11/06(日) 23:18:07.55 ID:CAP_USER
富士山噴火 大地震との関係を物理学的に解析 静岡大理学部

富士山噴火と歴史的な大地震の関係性について、静岡大理学部の研究グループが物理学的観点からまとめた論文が、日本地球惑星科学連合の公式科学誌「PEPS」電子版に10月末、掲載された。
大地震の後に震源近くの火山が噴火しやすくなるという説はあるが、地下の応力と体積の変化から関係性を検討する手法は新しく、今後の研究の進ちょくに注目が集まる。

研究グループは震源が異なる複数の地震を対象に、富士山の噴火口になる貫入脈とマグマだまりが影響を受ける仕組みを解析した。
貫入脈は、過去の履歴から最も主要な噴火口になっている北西-南東と、東日本大震災を引き起こした東北地方太平洋沖地震後に活動が活発化した北北東-南南西の2方向を検討した。

地震の作用で貫入脈が押し開けられ、マグマだまりを圧縮する力が強まると、噴火の可能性が高まる。
研究グループの計算方法によると、マグマだまりについて東北地方太平洋沖地震ではほとんど変化がなかったが、南海トラフ沿いの巨大地震や元禄関東地震などでは圧縮する力が働いた。

対象地震の中で明確な噴火記録が残るのは南海トラフ巨大地震の一つとされる宝永地震の直後だけ。
貫入脈について同地震では開かせる力が働いたが、元禄関東地震では逆に閉じさせる力が強まっていた。

続きはソースで

▽引用元:YAHOO!ニュース @S[アットエス] by 静岡新聞?11/3(木) 7:58配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161103-00000004-at_s-l22

▽関連
Progress in Earth and Planetary Science (PEPS)
過去の地震による火山下のマグマ溜まりおよびマグマ経路への静弾性的影響: 富士山の場合
http://progearthplanetsci.org/highlights_j/102.html
ダウンロード


引用元: 【物理】富士山噴火と歴史的な大地震の関係性 物理学的に解析/静岡大理学部 ©2ch.net

富士山噴火と歴史的な大地震の関係性 物理学的に解析/静岡大理学部の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/11/04(金) 01:20:00.92 ID:CAP_USER
桜島、数十年以内に大規模噴火 地下マグマが蓄積

桜島(鹿児島市)を含む姶良カルデラの地下にあるマグマが年間1150万立方メートルのペースで増えているとの研究結果を英ブリストル大、京都大のグループが英科学誌の電子版に発表した。
東京ドーム約9個分に相当する。
グループは大正大噴火(1914年)の規模と時期を考慮すると、数十年以内に桜島で再び大きな噴火が起きる恐れがあるとしている。
 
続きはソースで

▽引用元:共同通信 2016/11/2 17:51
http://this.kiji.is/166464634061668360
鹿児島・姶良カルデラ
http://giwiz-nor.c.yimg.jp/im_siggfESx.0nPTmL8zkhfPFInQw---exp3h/r/iwiz-nor/ch/images/166469919523833337/origin_1.jpg

▽関連
京都大学
カルデラにおけるマグマ蓄積形態と蓄積速度 ―地下における 3 次元弾性定数と熱プロセスの考慮の重要性―
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2016/documents/160913_2/01.pdf

Scientific Reports 6, Article?number:?32691 (2016)
doi:10.1038/srep32691
Thermomechanical controls on magma supply and volcanic deformation: application to Aira caldera, Japan
http://www.nature.com/articles/srep32691
ダウンロード


引用元: 【火山】桜島、数十年以内に大規模噴火が起きる恐れ 地下マグマが蓄積/英ブリストル大、京都大©2ch.net

桜島、数十年以内に大規模噴火が起きる恐れ 地下マグマが蓄積/英ブリストル大、京都大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/10/19(水) 17:32:15.58 ID:CAP_USER9
海上保安庁は19日、噴火活動を平成25年11月から繰り返していた小笠原諸島・西之島(東京)に
上陸し、海岸や海底の様子を調べる水路測量を実施すると明らかにした。調査は22日~11月10日で、早ければ半年ほどで海図を作製する。

海保によると、西之島は9月の観測時点で約1900メートル四方の範囲に広がっている。陸地の面積は約2.68平方キロメートル(東京ドーム約57個分)と噴火前の約12倍となり、海図ができれば領海と排他的経済水域(EEZ)の合計が約50平方キロメートル拡大する見通し。

続きはソースで

ソース/産経新聞社
http://www.sankei.com/life/news/161019/lif1610190045-n1.html
ダウンロード


引用元: 【社会】海保が西之島の海図作製へ 面積ドーム57個分に拡大 [無断転載禁止]©2ch.net

海保が西之島の海図作製へ 面積ドーム57個分に拡大の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ