理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

四則演算

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/16(日) 15:10:28.45 ID:???0

★算数の天才なのに、計算ができない男の子のはなし
プレジデントFamily 2014年3月号

日本ではなじみが薄い「算数障害」を扱った翻訳絵本があります。翻訳者に、障害の内容や、障害を気づくポイント、子供が算数障害だった場合、何ができるのかを聞きました。

◆50人に1人の子供が苦しんでいる

家で時間をかけてやればできるのに、学校で時間を競わせる計算テストになると頭も心もフリーズ。
計算のできないダメな子と同級生からばかにされ、自分でもダメな子のレッテルを貼ってしまう……。

『算数の天才なのに計算ができない男の子のはなし』(岩崎書店 1600円+税)には、そんな小学校3年生の男の子、マックスが主人公として登場します。

けれどもマックスは、九九は覚えられなくても、算数Iの問題はすらすらと解ける、実は数学の天才だったのです!?
教師たちは、そんなマックスの才能を見抜き、そこを伸ばそうとします。

この絵本との出合いは、シカゴで開催された学習障害の国際学会会場。まず絵のかわいらしさに引かれ、そしてまだ日本では知られていない算数障害についての認識を多くの人に広めたいと思ったのが翻訳の直接的なきっかけです。

算数障害とは、知的能力には問題がないのに、ある一定の算数・数学に関することが著しくできない機能障害を言います。
>>2へ続く

3

http://president.jp/articles/-/11918



算数の天才なのに、計算ができない男の子のはなしの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: TEKKAMAKI(愛知県) 2013/12/29(日) 09:16:31.53 ID:YVoKMMGJP BE:878053853-PLT(12122) ポイント特典
1df65fdc.jpg
 

https://livedoor.blogimg.jp/crownbirds-rikeinews/imgs/1/4/14c2326d.jpg

1.01の法則と0.99の法則が深いとネットで話題になっている。
こちらの式は1.01に365を乗算させた結果と、同じように0.99に365を乗算させた結果を比べると明らかな違いが浮かび上がるのだと言う。
1.01と0.99はたった0.02しか違わない。だがその違いを積み重ねていくと結果的に歴然とした差が出てくると言う教えのようだ。果たしてどのような結果になるのだろうか。

さて関数電卓やGoogleの電卓機能を使い1.01と0.99にそれぞれ365乗をしてみた結果以下のような結果になることが判った。

1.01^365 = 37.7834343
0.99^365 = 0.0255179645


1.01のほうは切り上げて38という結果。およそ38倍もの大きさになることが判った。
逆に0.99のほうは切り上げて0.03となり、なんと元の数より小さくなってしまった。とても不思議なことであるが今回はその計算にまつわる理系的な話ではなく、この結果がもたらす「意味」が何かという事だ。

実はこれは楽天の三木谷社長が執筆した「成功のコンセプト~Principles for Success」に記載されている内容で、要約すると「1.00」をベースとして考えた際、1.01のようなちょっとした努力や成長でも365日積み重ねると大きな力になると言う。
逆に0.99のようにちょっとでもサボって積み重ねていくと何も生み出さないと言う教えのようだ。

計算結果としても、教えとしても面白い話だ。
たった0.02の違いでここまで差が出てくると言うのは、人生においても学ぶべき結果なのかもしれない。

http://www.yukawanet.com/archives/4384058.html



『1.01』と『0.99』の法則が非常に深いと話題に←なぜ掛ける? 足せばそんなに差はないじゃんwwの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: イス攻撃(岡山県) 2013/10/24(木) 19:31:35.95 ID:/H1QYDUb0 BE:523168632-PLT(12108) ポイント特典

92%が解けないと話題の計算問題!「7+7÷7+7×7-7」の答えが分かる人は頭がいいらしい

「92%がこの単純な問題を間違えます!」と書かれた計算問題が、海外で話題になっています。

問題は「7+7÷7+7×7-7=?」で、答えを「00」「08」「50」「56」の4つから選ぶというもの

肩の力を抜いて解いてみましょう。答えは↓
http://matome.naver.jp/odai/2136127773402371101
7



「7+7÷7+7×7-7」 92%が解けないと話題の計算問題の続きを読む

このページのトップヘ