1: 2015/06/12(金) 16:46:55.72 ID:???*.net
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150611-OYT1T50224.html

政府は、団塊世代が全員75歳以上の後期高齢者になる2025年の時点で、全国の医療機関の入院ベッド(病床)数を現状の135万床より1割以上削減できるとする推計をまとめた。
 この推計を土台に各都道府県は地域事情に応じた病床数の調整に入る。高齢化に伴う国民医療費の高騰が続くなか、
入院治療の効率化で医療費の抑制を図り、在宅療養への転換を目指す。在宅医療、介護の人材が不足するなか、受け皿整備が大きな課題となる。

 地域ごとの人口予測から25年の入院需要を試算し、全国で必要とされる病床数(精神、結核病床を除く)は
115万~119万床とした。地方の人口減を反映して半数以上の県が、2割以上の病床を削減できると推計。

続きはソースで

no title

病床15万~20万削減へ 政府、25年の適正数推計
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015061101001694.html

引用元: 【医療】病床15万~20万削減へ、政府が2025年度の適正数を推計

病床15万~20万削減へ、政府が2025年度の適正数を推計の続きを読む