理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

国立循環器病研究センター

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 快便100面相◆tTmPcUasmA 2014/04/15(火)22:57:18 ID:0wXogYxNO



 国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)は15日、磁気共鳴画像装置(MRI)を使い、心筋梗塞や狭心症になりやすい血管近くの脂質の塊を発見する新たな方法を開発したと発表した。
新古賀病院(福岡県久留米市)のチームとの共同研究。

 患者に負担をかけずに検査ができる上、早期に異常を発見し、病気の発症予防にも期待できる。

 脂質の塊は不安定プラークと呼ばれ、主にコレステロールでできている。
心臓の冠動脈にでき、破裂すると心筋梗塞の原因になる。
MRIを使用すると、白く輝いて見え、輝度が高いほど塊は大きく、破れやすいことが共同研究で分かった。

写真はソースにて
http://www.47news.jp/CN/201404/CN2014041501001923.html



【先端医療】 心筋梗塞回避に新手法開発 MRIで脂質の塊検出 [2014/04/15]の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 伊勢うどんφ ★ 2013/12/07(土) 22:29:01.06 ID:???

国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)は5日、手足の末端の血管が詰まる難病「バージャー病」の患者の血管に細い管(カテーテル)を通して広げ、血流を再開させる治療に成功したと発表した。この病気のカテーテル治療で、成功したのは全国初という。

 同センター血管内科医長の河原田修身(おさみ)さんによると、バージャー病の患者は全国で約1万人。
悪化すると壊疽(えそ)を起こし、全体の1割は足を切断しており、血管拡張剤などの薬で効果が出ない患者の治療は難しい。

 血流が詰まるひざ下や足首付近の血管は直径1・5~2・5ミリと細く、これまで管を通すのは困難とされていた。
動脈硬化のカテーテル治療に使う器具や手法の発達で、河原田さんはバージャー病の患者にも応用できると判断した。

3e615bb5.jpg

朝日新聞 2013年12月6日00時35分
http://www.asahi.com/articles/OSK201312050149.html



【医療】バージャー病のカテーテル治療成功、全国初/国循センターの続きを読む

このページのトップヘ