理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

地場

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/02/01(月) 18:03:23.85 ID:CAP_USER.net
【プレスリリース】質量ゼロのディラック電子の流れを制御できる新しい磁石を発見-超高速スピントロニクス応用への新機軸- - 日本の研究.com
https://research-er.jp/articles/view/42941


発表のポイント:

•質量のないディラック電子(注 1)を有した、電気伝導性を磁場で大幅に制御できる新しい磁石(磁性体)を発見しました。
•磁石の性質を変化させ、ディラック電子層間の電気抵抗(二次元的な閉じ込め度合い)を 10倍以上増強させることにより、三次元のバルク固体(多積層物質)中にもかかわらず、二次元的電子状態に起因する半整数量子ホール効果(注 2)を実証しました。(図 1)
•本研究結果は、ディラック電子の磁気的制御法を確立するための重要な指針を与えるものであり、今後は従来にない超高速スピントロニクス素子を使用した超高速かつ省エネ動作が可能な磁気デバイス(ハードディスクのヘッドや磁気抵抗メモリ MRAM など)等への応用が期待されます。


発表概要:

 固体中の電子の運動が質量のない粒子として記述できるディラック電子系物質は、黒鉛の単原子層(グラフェン)を筆頭に、極めて高い移動度を持つため、次世代エレクトロニクスへの応用が期待されています。

 今回、大阪大学大学院理学研究科 酒井英明准教授(研究開始時:東京大学大学院工学系研究科助教)、
東京大学大学院工学系研究科 石渡晋太郎准教授(JST さきがけ研究者兼任)、同研究科 増田英俊大学院生らの研究グループは、ディラック電子を有するビスマス(原子番号 83 の元素)の二次元層とユーロピウム(原子番号 63 の元素)等からなる磁性ブロック層が積層した磁性体の合成(図 1)に成功し、東京大学物性研究所 徳永将史准教授、東京大学大学院工学系研究科 山崎裕一特任講師(理化学研究所創発物性科学研究センター ユニットリーダ兼任)、東北大学金属材料研究所 塚﨑敦教授らと共同で、ディラック電子の超高速伝導が磁気状態に依存して劇的に変化することを発見しました。
さらにこの効果を利用して、ディラック電子を電気伝導層であるビスマス層(二次元層)内に強く閉じ込めることにより、ディラック電子層が積層したバルクの磁性体において初めて、ホール抵抗値が離散的となる半整数量子ホール効果を実現しました。

 本研究成果は、ディラック電子の強相関量子伝導現象という新規学術分野の開拓だけでなく、
超高速で省エネルギーなエレクトロニクスへの基礎となる超高速スピントロニクス実現に向けた新機軸になると期待されます。

 本研究成果は、Science Advances 誌(日本時間 1 月 30 日午前 4 時)に掲載されます。

続きはソースで

ダウンロード (4)
 

引用元: 【材料科学/量子力学】質量ゼロのディラック電子の流れを制御できる新しい磁石を発見 超高速スピントロニクス応用への新機軸

質量ゼロのディラック電子の流れを制御できる新しい磁石を発見 超高速スピントロニクス応用への新機軸の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/01/18(月) 22:19:43.28 ID:CAP_USER*.net
◆精○の泳ぎをサポートするマイクロロボット

images


独ドレスデンのライプニッツ固体・加工材料研究所が、精○の泳動をサポートするマイクロロボット、Spermbotを発表しました。
チタンでできた微細なチューブ構造をしており、磁場を利用して泳動の弱い精○の卵へ到達をサポートします。

Spermbot のチューブは螺旋形状になっています。
ここに回転磁場を与えることによって Spermbot を回転させ、精○を後方から取り込みます。

続きはソースで

画像:http://o.aolcdn.com/hss/storage/midas/6d0c6d9b07846dd9381d48225ccee022/203273968/spermbot01.png
動画:http://o.aolcdn.com/hss/storage/midas/4e9ade4c9e62bfb9504b28eb99d34663/203274000/spermbot.gif

Engadget Japanese 2016年01月18日 13時00分  
http://japanese.engadget.com/2016/01/17/15/

引用元: 【技術】泳ぎの下手な精○を助けるマイクロロボットをドイツの研究所が発表(動画あり)

泳ぎの下手な精○を助けるマイクロロボットをドイツの研究所が発表(動画あり)の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/07/02(木) 00:35:36.58 ID:???.net
世界最強の磁石でタンパク質解析 新薬開発に期待
引用元:47NEWS 2015/07/01 19:09配信記事
http://www.47news.jp/CN/201507/CN2015070101001703.html 

images

世界で最も強い超電導磁石を利用して、タンパク質の構造を分子レベルで解析できる核磁気共鳴(NMR)装置を開発したと物質・材料研究機構(茨城県つくば市)などが1日発表した。
従来のNMR装置に比べ、細かく見分ける能力が格段に向上し、新薬の開発や新素材の研究など幅広い分野で役立つという。

装置は高さ5メートルの円筒形で重さ約15トン。
超電導物質をコイルにして作った磁石で磁場を発生させ、試料を解析する。
磁場の強さは世界最高の24テスラを達成した。

画像:世界最強の超電導磁石を使った核磁気共鳴装置=1日午後、茨城県つくば市の物質・材料研究機構
http://img.47news.jp/PN/201507/PN2015070101001788.-.-.CI0003.jpg

▽関連リンク
物質・材料研究機構
世界最高磁場※のNMR装置(1020MHz)の開発に成功
高温超伝導体の応用が決め手 新薬創製・新物質開発の高速化にむけて大きな前進
http://www.nims.go.jp/news/press/07/201507010.html

引用元: 【技術】世界最強の超電導磁石を利用 核磁気共鳴(NMR)装置を開発 タンパク質構造を分子レベルで解析/物質・材料研究機構

世界最強の超電導磁石を利用 核磁気共鳴(NMR)装置を開発 タンパク質構造を分子レベルで解析/物質・材料研究機構の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ