1: 2017/05/08(月) 18:08:36.54 ID:CAP_USER9
地域の坂の傾きが約1.5度上がると、住民が中等度の糖尿病になるリスクが18%低下するとの調査結果を、東京医科歯科大などの研究チームが8日、発表した。
同大の藤原武男教授(公衆衛生学)は「日常的に坂を歩くことで、運動と同じ効果が得られている可能性がある」と分析している。

研究チームは2010年、愛知県武豊町など6市町46地域に住む65歳以上の男女計8904人の調査を実施。住んでいる地域の坂の傾斜と、糖尿病との関連を調べた。

続きはソースで

配信 (2017/05/08-17:49)

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017050801007&g=soc
ダウンロード


引用元: 【研究】中度の糖尿病、軽い坂で抑制?傾斜1.5度で18%減-医科歯科大など [無断転載禁止]©2ch.net

中度の糖尿病、軽い坂で抑制?傾斜1.5度で18%減-医科歯科大などの続きを読む