理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

執刀

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/05/15(月) 23:33:13.10 ID:CAP_USER9
http://www.sankei.com/affairs/news/170515/afr1705150025-n1.html

 「心臓手術のスーパードクター」としてマスコミにたびたび取り上げられている埼玉医科大の心臓外科医、新浪博士(本名新浪博)教授に手術を依頼したのに別の医師が執刀したとして、手術から半月後の2014年5月に死亡した埼玉県の女性=当時(64)=の遺族が16日、大学と新浪教授らに総額1億円の損害賠償を求め、さいたま地裁川越支部に提訴することが15日、分かった。

続きはソースで
ダウンロード (2)


引用元: 【社会】 “スーパードクター”の執刀かなわず死亡、遺族が埼玉医大を提訴へ ★4©2ch.net

“スーパードクター”の執刀かなわず死亡、遺族が埼玉医大を提訴への続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/09/25(金) 22:36:38.34 ID:???*.net
2015/09/25 22:25

00


 群馬大病院で同じ男性医師(退職)の肝臓手術を受けた患者18人が相次いで死亡した問題で、ほかにも男性医師の手術を受けた患者12人が術後一定期間内に死亡していたことが25日、分かった。
被害対策弁護団が群馬県高崎市で開いた記者会見で、病院側の調査として明らかにした。

 弁護団によると、12人の患者は、男性医師が旧第2外科で手術を担当していた2007~14年に手術を受けた。

 これまで、男性医師が執刀した腹腔鏡や開腹の手術で患者18人が死亡したことが明らかになっている。

引用元:http://www.47news.jp/CN/201509/CN2015092501001964.html

引用元: 【医療事故】さらに12人が手術後死亡 同一医師、群馬大病院[共同通信]

さらに12人が手術後死亡 同一医師、群馬大病院の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/15(木) 18:53:11.88 ID:???.net
13日に大阪府で脳死と判定された6歳未満の女の子の臓器を移植する手術が、14日、岡山市の岡山大学病院で行われ、肺を8歳の女の子に、肝臓を50代の女性に移植する2つの手術が、午後8時までに無事終わりました。

13日に大阪大学附属病院で脳死と判定された6歳未満の女の子の肺は、14日午前8時前に岡山市北区の岡山大学病院に到着し、「特発性間質性肺炎」という重い肺の病気で去年10月から移植を希望していた
関東地方に住む8歳の女の子に移植する手術が行われました。
手術は、およそ20人の態勢で7時間余りかけて午後4時に無事に終わり、執刀した大藤剛宏医師によりますと、移植した肺は順調に機能しているということです。
女の子は、早ければ1か月ほどで退院できる見通しだということで、大藤医師は「無事に手術を終えられ、ほっとしています。
移植を受けた女の子の両親は『感謝の気持ちを表すことばも見つからない』と話していました。
臓器を提供した女の子の体の一部は確実に一緒に成長していき、この世に生き続けます」と述べました。

また、同じ6歳未満の女の子の肝臓を、広島県在住の50代の女性に移植する手術も昼前から岡山大学病院で行われ、およそ9時間後の午後8時前に無事終了したということです。
病院は今後の経過を見ていくことにしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150114/k10014683521000.html

引用元: 【医学】6歳女児の臓器を8歳女児と50代女性へ移植する手術、どちらの手術も無事終了

6歳女児の臓器を8歳女児と50代女性へ移植する手術、どちらの手術も無事終了の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/10(月) 16:05:03.82 ID:???*.net
8Kカメラ搭載の内視鏡で初の手術
【NHK】 2014/11/10 15:39

8K=スーパーハイビジョンの鮮明な画像で体の内部を見ることができる内視鏡が開発され、この内視鏡を使った初めての手術が10日、東京・三鷹市の杏林大学医学部付属病院で行われました。

8K=スーパーハイビジョンのカメラを搭載したこの内視鏡は、ハイビジョンカメラの16倍に当たる3300万画素の鮮明な画像で体の内部を見ることができるのが特徴です。

東京・三鷹市の杏林大学医学部付属病院の手術室にはスーパーハイビジョンの画像を映し出す大型のモニターが持ち込まれ、70歳代の男性から胆のうを摘出する手術が行われました。

手術を行った医師によりますと、今のハイビジョンの内視鏡と比べより細かい血管が見えるということで、将来的には、細かい神経を傷つけないことが求められる進行がんの患者の手術などで役立つ可能性があるということです。

その一方、この内視鏡は、まだ試作機の段階で重さがハイビジョンの10倍、また明るさが40分の1程度しかなく、改良が必要だということです。

執刀した杏林大学の森俊幸教授は「8Kは非常に細かい構造物まで見えるのが印象的だ。今後、より精度の高い手術ができる可能性があると思う」と話しています。

ソース: http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141110/k10013086621000.html

引用元: 【医療】8Kカメラ搭載の内視鏡で初の手術 - 杏林大学医学部付属病院 [14/11/10]

8Kカメラ搭載の内視鏡で初の手術 - 杏林大学医学部付属病院の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ