理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

埼玉医科大学

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/05/15(月) 23:33:13.10 ID:CAP_USER9
http://www.sankei.com/affairs/news/170515/afr1705150025-n1.html

 「心臓手術のスーパードクター」としてマスコミにたびたび取り上げられている埼玉医科大の心臓外科医、新浪博士(本名新浪博)教授に手術を依頼したのに別の医師が執刀したとして、手術から半月後の2014年5月に死亡した埼玉県の女性=当時(64)=の遺族が16日、大学と新浪教授らに総額1億円の損害賠償を求め、さいたま地裁川越支部に提訴することが15日、分かった。

続きはソースで
ダウンロード (2)


引用元: 【社会】 “スーパードクター”の執刀かなわず死亡、遺族が埼玉医大を提訴へ ★4©2ch.net

“スーパードクター”の執刀かなわず死亡、遺族が埼玉医大を提訴への続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/07/18(木) 22:51:57.29 ID:???

タフなマウスできた 持久力上げるたんぱく質発見


【今直也】持久力を上げるのに必要なたんぱく質を東京大と埼玉医大の研究チームがマウスの実験で突き止めた。
このたんぱく質を過剰に働くようにすると、マラソンランナーのように持久力が増したという。
16日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ電子版で発表された。

酸素を使って脂肪や糖質を燃やす有酸素運動には、筋肉細胞の中にあるミトコンドリアで、効率的に筋肉を動かすエネルギーを作ることが必要だ。

研究チームは、より効率よくエネルギーを作るため「COX7RP」というたんぱく質がかかわっていることを特定した。
このたんぱく質を働かなくしたマウスでは、持続的な運動ができなくなった一方、過剰に発現させたマウスでは持久力がのびてマラソンランナー型になったという。

ミトコンドリアの働きは老化や糖尿病、がんなどに関係している。
人間の病気の理解や治療法の発見につながる可能性がある。

90bdb9ee.jpg

▽記事引用元 朝日新聞DIGITAL2013年7月18日8時49分配信記事
http://www.asahi.com/tech_science/update/0716/TKY201307160373.html

▽関連
Nature Communications 4, Article number: 2147 doi:10.1038/ncomms3147
Received 30 January 2013 Accepted 14 June 2013 Published 16 July 2013
A stabilizing factor for mitochondrial respiratory supercomplex assembly regulates energy metabolism in muscle
http://www.nature.com/ncomms/2013/130716/ncomms3147/abs/ncomms3147.html
東大病院 プレスリリース
筋肉運動の持続力を生み出すミトコンドリア遺伝子の発見
―ミトコンドリア呼吸鎖のスーパー複合体を作る因子が酸素呼吸の効率を上げる―
http://www.h.u-tokyo.ac.jp/press/press_archive/20130717.html
http://www.h.u-tokyo.ac.jp/vcms_lf/release_20130717.pdf



【生化学】タフなマウスできた 持久力上げるたんぱく質発見「COX7RP」発見/東京大などの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ