理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

堀江貴文

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2018/06/30(土) 06:06:25.37 ID:CAP_USER
インターステラテクノロジズ(IST)は6月30日、北海道大樹町にて観測ロケット「MOMO2号機」を打ち上げたが、数メートル上昇したのちにエンジンが停止。その結果、機体は落下、炎上した。

MOMO2号機 落下 炎上 ロケット落下直後の射点の様子(C)SHOWROOM

続きはソースで

■ロケット落下直後の射点の様子(C)SHOWROOM
https://news.mynavi.jp/article/20180630-657513/images/001.jpg
■射点から4キロ離れた地点から見た、ロケット落下直後の様子
https://news.mynavi.jp/article/20180630-657513/images/002.jpg

マイナビニュース
https://news.mynavi.jp/article/20180630-657513/
images (2)


引用元: 【宇宙開発】〈画像〉堀江貴文氏が出資する宇宙ベンチャー「MOMO」2号機、打ち上げるも落下炎上[06/30]

〈画像〉堀江貴文氏が出資する宇宙ベンチャー「MOMO」2号機、打ち上げるも落下炎上の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/05/13(土) 17:58:30.48 ID:CAP_USER
2017年05月13日 17時43分
(写真)
ロケット開発を進めるインターステラテクノロジズ社の稲川社長(4月、北海道大樹町で)
(画像)
「インターステラテクノロジズ」が開発中の小型ロケットのイメージ図(同社提供)


 北海道大樹町(たいきちょう)で新興企業が開発を進める小型ロケットの最終段階のエンジン燃焼実験が、同町で17日に行われる。

 成功すればロケットの組み立てと打ち上げの準備作業を本格化させ、民間単独では日本初の快挙となる、ロケットの宇宙空間到達を計画している。

続きはソースで

2017年05月13日 17時43分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
http://www.yomiuri.co.jp/science/20170513-OYT1T50084.html
images (1)


引用元: 【宇宙開発】 堀江貴文氏ら出資、民間ロケットが宇宙へ一歩[05/13] [無断転載禁止]©2ch.net

【宇宙開発】 堀江貴文氏ら出資、民間ロケットが宇宙へ一歩の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/11/11(月) 18:27:57.55 ID:???0

★ポッキーロケット打ち上げ
2013年11月11日 14時01分

【大樹】堀江貴文元ライブドア社長が創業者のSNS(東京)などは11日午前11時11分11秒、町多目的航空公園付近の牧草地で「ポッキーロケット」を打ち上げた。江崎グリコ(本社大阪)の企画。
チョコレート色に塗装した小型液体燃料ロケットを高度ほぼ1111メートルに届かせた。
民間開発ロケットが商業目的で打ち上げられるのは国内初。

江崎グリコは同社の菓子「ポッキー」と「プリッツ」の形が数字の「1」に似ていることから1999(平成11)年に11月11日を「ポッキー&プリッツの日」と定めた。

今回は「SNS」が開発した小型液体燃料ロケット(全長3.3メートル、重量23キロ、推力100キロ)の外壁をポッキーそっくりに塗装。SNSがNPO法人北海道宇宙科学技術創成センター(札幌、HASTIC)の協力で打ち上げた。カウントダウンとともに青空に飛び立ったロケットは17秒で目標高度に到達。パラシュートで安全に着地した。

CAMUI(カムイ)型ハイブリッドロケット(同同、同19キロ、同90キロ)もプリッツの装飾を施して同日午後0時11分に発射した。

打ち上げの模様はインターネットの動画サイトで生中継され、6万人以上が見守った。

http://www.tokachi.co.jp/news/201311/20131111-0017060.php
青空に打ち上がったポッキーロケット(右)。左から2本はプリッツロケット(11日11時11分)
1

http://www.tokachi.co.jp/photograph/201311/THM20131111-0017060-0018294.jpg

▽元スレッド
【話題】11月11日はポッキーの日!11時11分に「ポッキーロケット」発射予定!
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1384151358/



ポッキーロケット打ち上げの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: スパイダージャーマン(家) 2013/08/11(日) 17:07:24.95 ID:p3TQ7m2TP BE:5825828399-PLT(12001) ポイント特典

http://www.tokachi.co.jp/news/201308/20130811-0016361.php
【大樹】ライブドア元社長で、小型液体燃料ロケットを開発している「SNS」(東京)の創業者・堀江貴文氏は10日、大樹町多目的航空公園内で開いた記者会見で、大型ロケットエンジンの開発と地上燃焼試験を同町内で行う方針を明らかにした。今後、現在ロケットの射点として使っている町有地を活用できないか関係機関と調整する考え。実現すれば「宇宙のまち・大樹」にとって初の本格的なロケットエンジン関連の試験となる。

SNSのロケット開発に携わってきた牧野一憲氏らスタッフ有志が同町内で立ち上げた新会社「インターステラ テクノロジズ」と連携する。「インターステラ-」はSNSの子会社で、資本金1000万円。町内にロケットの開発拠点(事務所、組み立て工場など)を設ける方向で調整している。従来、SNSのロケットエンジン燃焼試験は赤平市のみで行われていた。

堀江氏は会見で「大樹では(推進力が)2、3トンクラスの大型エンジンを開発しようと思っている。小型エンジンは今まで通り赤平で」と述べた。

同日に行った小型液体燃料ロケット「すずかぜ」の打ち上げ実験結果(暫定値)も公表。高度は過去最高の6.5キロに到達した。最大速度もマッハ1.12を記録し、SNSのロケットでは初めて音速を超えた。

記者会見する堀江氏(中央)とSNS、HASTICのスタッフ
5

http://www.tokachi.co.jp/photograph/201308/THM20130811-0016361-0017532.jpg



堀江氏、大型ロケットエンジン開発への続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ