理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

増毛

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/09/03(木) 10:24:31.78 ID:???*.net
20~59才男性を対象に行った『薄毛に関する意識調査』(2014年、リクルートライフスタイル)によると、髪への不安がある人のうち、薄毛が気になる割合は、調査対象となったすべての年代で70%以上を占める
という結果に。これを見ると、女性の想像以上に、男性は自分の髪について気にしていることがわかる。

「以前は、薄毛が目立つ前に何とかしたいという20~30代のかたが多かったのですが、5年ほど前から50代以降の男性がグンと増えました」

こう話すのは、アデランス東日本カウンセリング室室長の住田雅史さん。

最近は、薄毛をあきらめるのではなく、おしゃれに関心を持ち、改善に前向きな50代以上の男性が増えたのだという。

「以前は転勤など、生活の変わり目にかつらをつけたり、周囲に気づかれないように少しずつ増毛を行うことが主流でしたが、最近は一気に髪を増やしてイメージチェンジする人も珍しくありません」(住田さん)

妻と一緒に相談に来る人も多く、「娘の結婚式があるので、すぐにかっこよくなりたい」「妻に増毛したら似合うはずと言われた」など、家族の後押しが、一歩踏み出すきっかけになることが増えてきているそう。

続きはソースで

images (1)


※女性セブン2015年9月17日号
http://www.news-postseven.com/archives/20150903_348018.html

引用元: 【医療】薄毛の専門医「治療は格段に進歩。早ければ早いほど効果が出やすい」

薄毛の専門医「治療は格段に進歩。早ければ早いほど効果が出やすい」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/22(月) 08:33:45.79 ID:???.net
まつ毛の本数が少ない、短いと悩んでいる人向けの薬が29日、発売される。緑内障の治療薬を使っている人は、まつげがフサフサしているという「副作用」に注目し開発された。
まつ毛に人工毛を接着するエクステンションのトラブルが問題となる中、医師の処方による「目力アップ」が可能になるかもしれない。

製品名は「グラッシュビスタ」。
今年3月、日本初のまつ毛貧毛症治療薬として、厚生労働省から製造販売承認を受けた。
成分は緑内障の点眼薬と一緒で、1日1回、寝る前に上まつ毛の生え際に塗る。自由診療のため各医療機関で異なるが、70日分が1万~数万円で販売される見込みだ。

約170人を対象に行われた臨床試験では、薬を4カ月間使うと、約8割の人が「長さ」「太さ」「濃さ」などの印象度が改善したという。副作用には結膜の充血などがある。

まつ毛のエクステは手軽に受けられる一方、国民生活センターにはアレルギーやかぶれなど、年間100件前後の相談が寄せられている。東邦大学医療センター大橋病院(東京都目黒区)の富田剛司教授は「元々点眼する薬なので、エクステに比べれば目への障害は少ないのではないか」と話している。(岡崎明子)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140921-00000007-asahi-ent

引用元: 【医療】まつ毛フサフサ?国内初の薬 緑内障治療薬で「副作用」

【ハゲ歓喜?】まつ毛フサフサ?国内初の薬 緑内障治療薬で「副作用」の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ