理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

変化

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/05/02(土) 09:09:59.10 ID:???.net
薬品だけで皮膚から神経細胞 京都府立医大グループが成功:社会:中日新聞(CHUNICHI Web)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2015050190205730.html?ref=rank
人の皮膚から神経細胞作製 京都府立医大、化合物加え - 47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/CN/201505/CN2015050101002143.html

画像
http://img.47news.jp/PN/201505/PN2015050101002277.-.-.CI0003.jpg
人の皮膚細胞に6種類の化合物を加えた後(上)と、神経細胞に変化していく様子(京都府立医大提供)


 ヒトの皮膚細胞に6種類の薬品を加えて神経細胞を作ることに、京都府立医大(京都市)のグループが成功した。人工多能性幹細胞(iPS細胞)などから神経細胞を作る方法はあったが、薬品だけで作製したのは初めてで、将来は神経の再生医療に役立つ可能性があるという。成果は1日、学会誌に掲載された。

 体内での再生が難しい神経細胞の作製は、脊髄損傷やパーキンソン病などの治療への応用が期待されている。従来はiPS細胞のほか、皮膚細胞に体外の遺伝子を組み込むことで神経細胞を作る方法がある。

 戴平(たいへい)講師(分子生物学)らのグループは、神経細胞の発生を促す薬品1種類と、神経発生に不要な皮膚内の物質の働きを抑える薬品5種類を、皮膚細胞に加えた。その結果約8割の細胞が3週間程度で、神経の興奮状態やその抑制状態と同じ状態になるなど、神経細胞のいくつかの特徴を示した。

続きはソースで

no title


 生後6カ月~55歳の細胞で実験し、年齢によらずに同程度の結果が得られたほか、大学から委託された大津市の化学メーカー・タカラバイオなど2機関が独立に実験し、再現が確認された。

 一方でさまざまな種類の神経細胞を作り分けられるかや、安全性などは未確認。戴講師は「この作製法は遺伝子を入れないので、これまでより簡単で早い。再生医療に応用できるか見極める
研究を進めたい」と話している。

(中日新聞)

引用元: 【再生医療/生化学】薬品だけで皮膚から神経細胞 京都府立医大グループが成功

【すごい!】薬品だけで皮膚から神経細胞 京都府立医大グループが成功の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/03/01(日) 00:12:12.74 ID:???.net
においで胎児の性別分かる=ワオキツネザルの母親-米大学
引用元:時事ドットコム 
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015022600503

白黒しま模様の長い尾が特徴のワオキツネザルの雌が妊娠すると、分泌物のにおい成分が変化して胎児の性別が分かると、米デューク大などの研究チームが26日までに英科学誌バイオロジー・レターズに発表した。
 
000

ワオキツネザルにとってにおいは重要なコミュニケーション手段であり、群れの仲間が胎児の雌雄を察知することで影響を受けている可能性があるという。
 
ワオキツネザルはマダガスカル島に生息するが、研究チームはデューク大の飼育施設にいる雌12匹について、妊娠前と妊娠中に分泌物を採取して化学分析を行った。
 
その結果、妊娠すると分泌物のにおい成分の種類が減少する傾向は共通するが、胎児が雌よりも雄の場合に大幅に減少した。
この変化のパターンは母親の血液中のホルモン濃度とも関連していた。(2015/02/26-14:56)
(引用ここまで)

▼関連リンク
BIOLOGY LETTERS
Baby on board: olfactory cues indicate pregnancy and fetal sex in a non-human primate
Jeremy Chase Crawford , Christine M. Drea
DOI: 10.1098/rsbl.2014.0831 . Published 25 February 2015
http://rsbl.royalsocietypublishing.org/content/11/2/20140831

Duke University
Boy or Girl? Lemur Scents Have the Answer
How a mother lemur's smell can determine the sex of her baby
February 24, 2015
http://today.duke.edu/2015/02/boyorgirl

引用元: 【生物】ワオキツネザルの雌 妊娠によって分泌物のにおい成分が変化して胎児の性別が分かる/米デューク大など

ワオキツネザルの雌 妊娠によって分泌物のにおい成分が変化して胎児の性別が分かる/米デューク大などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/04/06(月) 21:20:21.76 ID:???*.net BE:287993214-2BP(1012)
sssp://img.2ch.net/premium/8302399.gif
触れるものすべてが黄金に変わるミダースじゃないけど、これは触れる生物すべてが石に変わる湖、場所はタンザニアです。

ダウンロード


化石化した動物の写真を撮り歩いて最近写真集「Across the Ravaged Land」を出版したニック・ブラント(Nick Brandt)さんによると、ここの水は水素イオン指数pH 9~10.5。
極めて強い塩基性(アルカリ性)なので、こんな風に元のかたちのまま保存されてしまうのだとか。

こう話してますよ。

"タンザニア北部ナトロン湖のほとりで、鳥、こうもりなどあらゆる種類の動物が打ち上げられている意外な光景を目にした。どう死んだのか、確かなところを知る人は誰もいない。
だが、湖面は鏡のようなので、水面に映る風景を本物と勘違いしたのだろう。ガラス窓にぶつかる鳥のように。"

続きはソースで

画像
http://www.gizmodo.jp/images/2013/10/131001LethalLake_a.jpg
http://www.gizmodo.jp/images/2013/10/131001LethalLake_b.jpg

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9972829/

引用元: 【国際】触れるものすべてが石に変わる湖 (画像あり)

触れるものすべてが石に変わる湖 (画像あり)の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/03/28(土) 00:22:27.60 ID:???*.net
北海道に生息するヒグマの食生活が、現地開発が進んで以降、エゾシカやサケなど動物を中心としたものから、植物や果実中心に変化したことを京都大や北海道大などのチームが解明し、27日発表した。
成果は英科学誌電子版に掲載された。

00


チームの松林順・京都大大学院生(安定同位体生態学)は「開発に伴い、ヒグマが動物を捕獲する機会が減ったのではないか。詳細な理由を明らかにしたい」と話した。

チームは「ヒグマの行動範囲は広く、開発が北海道全体の生態系に与えた影響も調べられるかもしれない」とした。

画像
北海道・知床半島でサケを食べるヒグマ(知床財団の野別貴博氏提供)
http://img.47news.jp/PN/201503/PN2015032701002372.-.-.CI0003.jpg

2015/03/27 20:48 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201503/CN2015032701002153.html

引用元: 【北海道】ヒグマ、肉食から草食へ変化

【北海道】ヒグマ、肉食から草食へ変化の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/03/28(土) 00:17:41.63 ID:???.net
掲載日:2015年3月27日
http://www.mededge.jp/b/heal/10781

写真はイメージ。
記事と直接の関係はありません。(写真:redondoself/クリエイティブ・コモンズ表示 2.0 一般)
http://mededge.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com/wp-content/uploads/2015/03/150326_YH_music-670x445.jpg

 音楽経験のある人がクラシック音楽を聴くと、遺伝子も反応して活動が変化するようだ。

 フィンランド、ヘルシンキ大学のカンドゥリ・チャクラバルティ氏らの研究グループが、オンライン科学誌のピアJ誌において2015年3月12日報告している。

・クラシック音楽が遺伝子にどう影響?

 脳の画像検査によって、音楽を聴くことで人間の脳構造や機能に変化が見られると分かっている。この効果を仲介する分子のメカニズムはまだ分かっていない。このたびさらにゲノムや生物情報学的な分析によって、遺伝子レベルでの変化があるかを検証することとなった。

 研究グループは、クラシック音楽を聴くと人の「トランスクリプトーム」に効果があるのかを検証した。

 人間はDNAの遺伝情報に基づいてタンパク質を作り出している。タンパク質を作るときには、いったんRNAというDNAの仲間に変換するプロセスがある。このRNAの全体を調べるのがトランスクリプトームで遺伝子の活動を検査できる。

 研究グループは、クラシック音楽を聴いたあとの48人の血液を取ってきて、遺伝子全体のトランスクリプトームを調べた。クラシック音楽を聴いていない比較対照の15人についても同じく行った。

 音楽の経験は音楽に対する反応に影響を与えることが分かっている。そこで、音楽の適性がもともとある人、音楽教育を受けた人という条件の影響も調べている。

続きはソースで

00


<参照>
Playing music by professional musicians activates genes for learning and memory | EurekAlert! Science News
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2015-03/uoh-pmb032715.php

The effect of listening to music on human transcriptome. - PubMed - NCBI
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25789207

引用元: 【分子生物学】音楽を聞くと遺伝子も反応している、脳への影響もある? - ヘルシンキ大学

音楽を聞くと遺伝子も反応している、脳への影響もある? - ヘルシンキ大学の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/03/23(月) 19:14:59.02 ID:???*.net
http://news.livedoor.com/article/detail/9921388/
米誌「ポピュラーサイエンス」電子版の3月20日付記事では、メルボルン大学のRichard Eckard副教授と同僚は、地球温暖化の条件下、多くの食物の味に変化が出る可能性があることを発見した。ニンジンの味と食感が悪くなり、テンサイの色が薄くなる可能性を発見した。

1


高温多湿地域では、ジャガイモ疫病菌感染の確率は増す。
肉類も暑い天候の影響を受ける。鶏や牛などの動物が人類と同じように高温には耐えられない。
ただし、動物には温度を下げるための空調もない。高温は食欲に影響を与える。

気温が上がると、鶏などは摂食量が減少し、体重が減り、肉が硬くなり、食感がぱさぱさになってしまう。

続きはソースで

引用元: 【環境】地球温暖化で多くの食物の味に変化が出る可能性、鶏肉は食感がぱさぱさに

地球温暖化で多くの食物の味に変化が出る可能性、鶏肉は食感がぱさぱさにの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ