理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

夏バテ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/06/13(土) 14:37:39.82 ID:???*.net BE:287993214-PLT(14012)
sssp://img.2ch.sc/ico/u_hoshi.gif
 若いさやを丸ごと食べるオクラは、夏バテ防止に効果大。高温を好むので、6月から栽培すれば成功率もぐっとアップします。真夏のどっさり収穫を目指して、さっそく育ててみましょう。
教えてくださるのは、恵泉女学園大学人間社会学部教授(生活園芸、野菜園芸学)の藤田智(ふじた・さとし)さんです。

ダウンロード


* * *

■ビタミンや食物繊維が豊富で夏バテ防止にうってつけ!

 高温を好むアフリカ原産のオクラは、夏の日ざしの下でぐんぐん育つ熱帯性野菜。ビタミンや食物繊維などが豊富なうえ、夏の間次々と収穫できるので、夏バテ防止のスタミナ野菜として積極的に栽培したい野菜です。

 品種には、切り口が五角形のオクラのほか、少しくらいとり遅れてもかたくなりにくい丸オクラなどがあります。

続きはソースで

画像
http://textview.jp/wp-content/uploads/2015/06/16501062015_p028_01.jpg
http://textview.jp/wp-content/uploads/2015/06/16501062015_p028_02.jpg

http://dot.asahi.com/nhktext/2015061200067.html 

引用元: 【園芸】夏バテ防止のスタミナ野菜「オクラ」を育ててみよう

夏バテ防止のスタミナ野菜「オクラ」を育ててみようの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: TEKKAMAKI(宮城県) 2013/09/26(木) 08:11:50.09 ID:Bl4/vmDr0 BE:2525435074-PLT(20000) ポイント特典

ようやく秋めいてきたが、夏の疲れもどっと出るころ。実は初夏から秋にかけては、一年のうちで、最も抜け毛が増えるシーズンでもある。

とくに9月はその傾向が著しく、イギリスの学会誌 『ブリティッシュ・ジャーナル・ダーマトロジー』にも、9月に抜け毛がもっとも増えるという観察結果が発表されているほど。

なぜ、今の時期に抜け毛が増えるのか? レディース頭髪外来もあるAACクリニック銀座の浜中聡子院長に話を聞いた。

「7~8月の暑さによる寝不足、夏バテなど体の疲れからくる血流不全といった要因が、1~2カ月遅れで抜け毛に発展しているといわれます。

また、夏のあいだに無意識に浴びがちな紫外線による髪への負担も大きく関係しています」

髪の毛はその性質上、紫外線を吸収しやすいうえ、近年は紫外線量も増えている。

「紫外線を吸収すると髪の内部のたんぱく質バランスが崩れてしまい、水分保有率が下がってしまいます」

髪の水分や栄養分が減れば、切れ毛やパさつき、ゴワつきといったダメージヘアの原因になってしまう。

また、紫外線によって頭皮に活性酸素が発生すれば、頭皮の細胞が老化し、発毛や育毛にも問題が生じやすい。

もちろん、髪の毛には毛周期と呼ばれるヘアサイクルがあり、今の時期に限らず、一年中ある程度の本数は抜けている。ただ、秋や春はとくに髪の毛が生え変わりやすく、抜け毛を実感する人が多いようだ。

>>2以降へ
96316504.jpg



ハゲる前に読んでおけ! 抜け毛に悩まされている人必読 ハゲは絶叫でもしてろの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: チリ人φ ★ 2013/07/12(金) 08:04:16.44 ID:???

ニワトリも夏バテします-。梅雨が明け、連日真夏日を記録する中、夏バテによる産卵数の減少を防ごうと、和歌山県養鶏研究所(同県日高川町)が特産品の梅酢やサンショウなどを混ぜた餌の開発に乗り出した。
養鶏業者にとって「頭痛の種」でもある夏バテの解消効果が実証されれば、県産品を用いた餌が全国に広まる
好機にもなるため、研究成果は関係者の注目を集めている。


・夏場は減る卵の重さ
鶏は、羽毛に覆われ体温を発散する方法が限られているため、暑さに弱い。特に夏場は気温の上昇で夏バテを起こし、食欲が減退したり、水を大量に飲んで餌を食べられなくなったりする。35度を超えれば命にもかかわるという。

同研究所が一昨年実施した調査によると、鶏1羽が1日あたりに産む卵の重さは、5~6月に比べて7月で5%、8月で14・5%も低下した。最近続いている猛暑で研究所内の鶏は早くも夏バテ気味で、栄養不足から卵の質の低下もみられるという。

対策として大型ファンを回したり、スプリンクラーで散水したりするなどの方法はあるが、多額の設置費や
維持費がかかることがネックとなり、二の足を踏む業者は多い。

・エサで中から抗酸化
そこで研究所は、鶏の餌に着目。暑さで鶏にストレスがかかり体内で酸化作用が進んだ結果、夏バテに
つながっていると推測し、広島大学家畜管理学研究室と共同で酸化を防ぐ作用があるとされている梅酢などを餌に混ぜて効果を試すことにした。

今年度は、梅干しを漬ける際に出る梅酢を用いて実験。他にも効果が期待できるサンショウの種子を利用した研究にも取り組む。

サンショウは、全国の生産量の8割を占める和歌山県の特産品。食用は主に果皮の部分だが、研究に
用いるのは種子の部分で、県内だけで年間約30トンが産業廃棄物として処理されているため有効利用の期待もかかる。

当面の研究では、50羽の鶏に梅酢を添加した配合飼料を1日平均120グラム与え、産卵数や肝機能の
変化などを調べる。サンショウの種子については、配合飼料に混ぜる最も効果的な割合などを探る。

研究所の藤原美華研究員は「夏バテ対策は農家にとって頭の痛い問題。効果が判明すれば、全国的な
スタンダードになるかもしれない」と話している。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130711/wlf13071113490011-n1.htm
e53c782b.jpg
11

http://sankei.jp.msn.com/images/news/130711/wlf13071113490011-l1.jpg
http://sankei.jp.msn.com/images/news/130711/wlf13071113490011-p2.jpg



【生物】ニワトリも夏バテ、卵も減る 35度超で命取り…和歌山特産「梅酢」「サンショウ」で酷暑乗り切れ!/和歌山県養鶏研究所の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ