理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

外来

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/09/22(火) 12:32:03.16 ID:???.net
外来水草、異常な繁殖力 琵琶湖、駆除後も猛暑で再生 (京都新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150922-00000001-kyt-sctch

画像
http://amd.c.yimg.jp/amd/20150922-00000001-kyt-000-1-view.jpg
大規模駆除した場所で再生し、繁殖域を広げるオオバナミズキンバイ(草津市・矢橋中間水路)


 外来種の水草で今春までに琵琶湖では大規模駆除されたオオバナミズキンバイが、今夏の猛暑によって、駆除地域の多くで再び繁殖していることがわかった。昨年度は初めて生育面積を縮小させることに成功したが、群落を全て駆除して「巡回・監視区域」になったエリアでも再生が確認された。関係者は、異常な繁殖力を見せる特定外来生物の対策に頭を悩ませている。

 オオバナミズキンバイは南米・北米原産で、成長スピードの速さと切断した茎から再生できる繁殖力が特徴。琵琶湖では2009年に初めて見つかった。同年に約140平方メートルだった育成面積は14年末に15万7千平方メートルに拡大。県やNPO法人、漁協などが対策協議会を立ち上げ駆除に取り組み、今春にいったん約4万6千平方メートルまで減らした。

 滋賀県草津市の矢橋中間水路は機械駆除で約3万3千平方メートル分の群落をほぼ刈り取り、「巡回・監視区域」になった。だが、7月ごろからオオバナミズキンバイが姿を見せ始め、今では沿岸部を覆う。津田江内湖(草津市)や雄琴港(大津市)などほかの巡回・監視区域でも今夏になってオオバナミズキンバイが再び確認された。

続きはソースで

images


引用元: 【環境】外来水草、異常な繁殖力 琵琶湖、駆除後も猛暑で再生

外来水草、異常な繁殖力 琵琶湖、駆除後も猛暑で再生の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/09/13(日) 12:36:24.10 ID:???*.net
◆どう猛外来スズメバチ、本土で確認…韓国からか

ダウンロード


環境省は11日、どう猛で繁殖力が強い特定外来生物「ツマアカスズメバチ」の巣が北九州市門司区で見つかったと発表した。

3年前に国内で初確認された長崎県の離島・対馬以外で確認されたのは初めて。
同省は周辺に他の巣がないか調査し、見つかれば駆除する方針だ。

環境省や北九州市によると、巣は8月28日、同市門司区松原3の下水処理場「市新町浄化センター」の敷地内にあるイチョウの木で見つかった。
駆除した業者が「特定外来生物のハチに似ている」と市に報告して判明した。

続きはソースで

写真:特定外来生物のツマアカスズメバチ(環境省提供)
http://amd.c.yimg.jp/amd/20150912-00050105-yom-000-3-view.jpg
北九州市で見つかった巣(北九州市提供)
http://amd.c.yimg.jp/amd/20150912-00050105-yom-001-3-view.jpg

読売新聞 2015年9月13日(日)11時45分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150912-00050105-yom-soci

【関連記事】
中国原産のスズメバチ「ツマアカスズメバチ」北九州に 対馬以外で侵入初確認/環境省



引用元: 【生物】どう猛外来スズメバチ、本土で確認…韓国から侵入の可能性[9/13]

どう猛外来スズメバチ、本土で確認…韓国から侵入の可能性の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/02/28(土) 15:33:07.56 ID:???*.net
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/editorial/64916.html

5


 外来生物法で、生態系などに悪影響を及ぼすとして特定外来生物に指定されているアライグマの捕獲頭数の増加傾向が、県内で続いている。県、各市町は講習会を繰り返して、捕獲従事者の確保に努めているが、個体数の増加に歯止めが掛かっていない。

 外来生物は、従来は地域にいなかったのに人間によって海外から入ってきたもの。こうした生物が、生態系や人の生命などに悪影響を与えたり、その恐れがあったりすると特定外来生物の指定を受け、規制・防除の対象となる。
県地域農業課によると、外来生物の多くは環境になじめず定着できないが、一部には地域環境が生息条件をぴたりと満たすものがあり、アライグマもその一つという。

 アライグマは、家屋の天井裏や床下のみならず、壁の隙間までねぐらにしたり、ごみをあさったりすることがあるなど、山地だけでなく人間の生活圏にも容易に入り込んできている。

 本県の有害捕獲頭数は、初めて行われた2001年度は5頭だったが、10年度は368頭に増加。13年度も314頭が捕獲された。
市町別で同年度に捕獲数が多かったのは福井市の72頭で同市では過去最多。
次いで越前町62頭。越前市、坂井市、小浜市なども目立つ。

 県地域農業課は、捕獲頭数の増加はそのまま、生息数増加の反映だと説明。県内のアライグマは
「天敵など個体数を抑える要因がない。爆発的に増えている状態」(同課)と危惧する。

続きはソースで

引用元: 【生物】「爆発的に増えている状態」 アライグマ県内で急増 天敵不在、生態系に懸念も 福井

「爆発的に増えている状態」 アライグマ県内で急増 天敵不在、生態系に懸念も 福井の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ