理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/02/05(日) 22:46:18.67 ID:CAP_USER
小惑星に油井飛行士の名前「Kimiyayui」

国際天文学連合小惑星センター(米国)は3日までに、宇宙飛行士の油井亀美也さん(47)の名前を小惑星に付けたと発表した。油井さんは1月31日に更新したツイッターに「小惑星か彗星に自分の名前を!

続きはソースで

▽引用元:産経ニュース 2017.2.4 12:11更新
http://www.sankei.com/life/news/170204/lif1702040029-n1.html
ダウンロード (2)


引用元: 【天文】小惑星に油井亀美也飛行士の名前「Kimiyayui」©2ch.net

小惑星に油井亀美也飛行士の名前「Kimiyayui」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/02/04(土) 01:05:52.81 ID:CAP_USER9 BE:511393199-PLT(15100)
 夢の色がどのように見えるのか、という興味深い実態調査を行ったのがAPA(アメリカ心理学会)。
APAは'93年と'09年の2度にわたって、10代から80代までの被験者を対象にこの調査を行ったところ、どちらの結果も、カラーの夢を見ると答えた被験者の割合は、30歳未満が約80%に対し、60代ではわずか20%程度であったという。

 つまり、生まれが'49年以前の者と'63年以降の者とでは夢の色に明確な差があると判明したのだ。

 この差は一体何か。
APAは一つの結論として、「世代間における夢の違いは、カラーテレビの普及によるものだ」という驚きの報告をしたのだ。

 そもそもなぜ人は夢を見るのか。睡眠時、脳を構成する神経細胞同士をつなげるシナプスにより記憶の取捨選択が行われる。
その際に生じる日々の記憶の「断片」が、夢の素になるのだ。

 この記憶の断片には、特にテレビの視覚情報が多く含まれることが判明している。

続きはソースで

 『週刊現代』2017年2月11日号より

人間の夢に「色」がついたのは、カラーテレビが普及した後だった! アメリカ心理学会が驚きの報告(現代ビジネス)- Yahoo!ニュース 2/4(土) 0:01配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170204-00050846-gendaibiz-bus_all
images


引用元: 【研究】人間の夢に「色」がついたのは、カラーテレビが普及した後だった! アメリカ心理学会が驚きの報告 [無断転載禁止]©2ch.net

人間の夢に「色」がついたのは、カラーテレビが普及した後だった! アメリカ心理学会が驚きの報告の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/02/04(土) 11:20:02.02 ID:CAP_USER9
ビジネスライクなマジシャンたちが、テレビなどで、超能力と思わせるようなエンターテイメント的なことを大々的にやっていた影響もあって、超能力と聞くとどうしても「ネタ」とか「タネあり」とか思ってしまう人も多いかもしれないが、世界的には真面目に超能力が研究されており、つい最近でもFBIの機密解除された公文書から、超能力の存在が明らかとなった。

テレパシーに関する研究も進んでおり、「ドリームテレパシー」は、人間がテレパシーを使って眠っている人とコミュニケーションできることを示唆している。
そしてそれは我々が無意識に行っているかもしれないのだ。
あなたが昨日の夜見たその夢は、実は誰かのテレパシーにより影響をうけていたのかもしれない。

この概念は決して新しいものではなく、近代心理学の父にまで遡ることができる。
例えば、フロイトは精神分析学的思考におけるテレパシーの意味合いや、夢に対する思考のテレパシー的影響について考察している。
ユングはテレパシー仮説を微塵も疑うことなく信じており、これに関連する”超常”現象を説明する理論的枠組みも考案した。

偉大な学者の多くが、各種の非物理的現象を研究することを推奨しているようだ。
セイブルック大学の心理学者スタンレー・クリップナー博士は次のように記している。

夢の中で発生するテレパシー的効果の可能性を裏付ける大量の逸話的、臨床的な資料が存在する(Krippner, 1974)。
しかしながら、本トピックに対する実験的アプローチは、精神生理学実験技術が登場するまで不可能であった。
急速眼球運動(レム睡眠)の最中に目覚めた睡眠実験の被験者は、夢の内容を覚えている頻度が高いことが発見された。
結果として、”テレパシー受信者”に対して、離れた場所にいる”テレパシー送信者”が集中している対象刺激に関する夢を見るよう求めることが可能になった。

■テレパシーを介して他人に夢を見せるという実験と結果

1960年代中頃、精神科医のモンタギュー・ウルマンはニューヨークのマイモニデス医療センターでいくつもの実験を行い、無作為に選択された素材に関する夢を人々に見せることができるという仮説を検証した。
その内容はアート、映画、写真など、何でも構わない。実験を開始してから間もなく、クリップナーも加わった。彼は夢、心理学、超心理学の分野で多大な業績を残した人物であった。

実験は10年以上続き、「統計的に有意な結果」を生み出した。
実験では大抵の場合、”テレパシー送信者”と”テレパシー受信者”がいた。
彼らは実験室で少しの間だけ顔を合わせ、それから完全に隔離された部屋に入って眠った。
送信者には封筒が渡され待機した。封筒には写真や絵の類が入っている。
受信者はレム睡眠が始まってからしばらくして起こされ、見ていた夢を報告する。

■絵画「ダンス教室」を使った非常に重要なセッション

テレパシー実験を象徴する重要なセッションが、エドガー・ドガ作の『ダンス教室』を使ったものだ。
この絵には、何人かの若い女性がいるダンス教室の様子が描かれている。
この絵画のイメージをテレパシー送信者から受信者に送ってもらった。

クリップナーによると、受信者は見ていた夢についてこのように報告したという。

https://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/e/c/ec25edb9.jpg

「5、6人くらいの人がいる教室にいて、学校のようだと感じました」
「私と踊ろうとする女の子が1人いました」

多少の誤差はあるものの、受信者の夢にはまさにダンス教室のあの光景が広がっていたのだ。
そのプロセスは解明されていないが確かにテレパシーは存在する
こうした結果は素晴らしく、人が他人の夢に介入できるというアイデアの扉を大きく開く。
情報が伝達されるプロセスについては分かっていないし、心から心へ伝達される様子を観察することもできないが、実際にそれが起きるという証拠はある。
超心理学的現象を評価した研究を調べれば、こうしたことが一般的であることが分かる――仕組みが分からないだけで、現象が発生することは知られているのだ。

http://karapaia.com/archives/52233436.html

続きはソースで
ダウンロード


引用元: 【科学】テレパシーで他人の夢に影響を与えることができる!研究で明らかとなった、その証拠 [無断転載禁止]©2ch.net

テレパシーで他人の夢に影響を与えることができる!研究で明らかとなった、その証拠の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/01/28(木) 18:05:36.11 ID:CAP_USER.net
脳の活動から夢を解読?…SFを現実に (読売新聞(ヨミドクター)) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160128-00010001-yomidr-sctch

images


 米映画「ロボコップ」では、重傷を負った警察官の体がロボットに置き換わる。SFではおなじみの設定で、有名作品も多い。

 頭で考えるだけで機械を動かす技術は「ブレーン・マシン・インターフェース(BMI)」と呼ばれ、現実でもどんどん進歩している。
事故や病気で手足などの機能を失った人が切実に待ち望む技術だからだ。

 大阪大の脳外科医、平田雅之・特任准教授(53)らの研究チームは2013年、全身の筋肉が動かなくなる筋萎縮性側索硬化症(ALS)の男性の脳波を脳の表面に置いたセンサーで読み取り、義手を動かしたり、パソコンの文字を入力したりする臨床研究に成功した。
平田さんは「脳卒中などで体や意思疎通が不自由な人は国内で150万人以上。早く実用化させたい」と話す。

 この研究を、脳の情報を読み取る科学で支えた一人が京都大の神谷之康(かみたにゆきやす)教授(45)(脳情報学)だ。
学生時代に哲学を学んだ神谷さんは、「物質である脳から、どのようにして心が生まれるのか」を突き詰めていくうちに脳研究の道に入った、という経歴を持つ。

 「夢の解読に成功?」。神谷さんが13年に米科学誌に発表した論文は、世界で話題になった。夢の世界と現実を結んだSFも多い。
例えば米映画「インセプション」は産業スパイが他人の夢に入り込む大胆な設定だった。

 「他人の夢に入るのは、高い壁があります」。神谷さんはそう言いながら、夢の研究を教えてくれた。

 まず3人の被験者で、夢の内容を調べた。睡眠中に脳波をとり、夢を見ている最中に起こして内容を聞く。これを200回繰り返し、夢の内容を「建物」「車」など約20項目に整理した。

 次に被験者に各項目に関係する写真を見せ、同時に機能的磁気共鳴画像(fMRI)という装置で脳が活動する部位を撮影した。
この画像を解析し、3人別々に夢の内容を当てるプログラムを開発したという。

 最後に3人にfMRIの装置の中で寝てもらい、夢の内容の解読に挑戦した。
その結果、3人で延べ60項目のうち「男性」「文字」「部屋」「食べ物」など15項目については、約7割の精度で当たったという。

 「でも男性は誰なのか、どんな食べ物かはわかりません」と神谷さん。
研究が進めば、頭にぱっと浮かんだアイデアを記録するレコーダーができるかも。そんな夢はいいけれど、夜の夢はあまりのぞかれたくないなあ。


 <インセプション>
 2010年公開。レオナルド・ディカプリオさん主演、渡辺謙さん共演。薬を使って他人の夢に侵入、脳内のアイデアを奪う産業スパイの攻防を描いたSFアクション作品だ。
複数の人が夢の世界を共有でき、夢の中で眠るとさらに別の夢の世界に移動するなど、独創的な設定が好評を博した。

引用元: 【認知神経科学】脳の活動から夢を解読?…SFを現実に

脳の活動から夢を解読?…SFを現実にの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/05/12(月) 22:29:35.27 ID:???.net

寝ている人が夢を自覚できるようにする方法が研究で明らかとなった。
睡眠中の脳に微弱な電流を流すというものだ。

夢の最中に「あ、これは夢だ!」と気がついたら、それは明晰夢だ。
明晰夢を自然に見ることのできる人は、恐らくほんの一握りしかいない。
彼らは空を飛ぶといった現実世界ではあり得ない冒険を、実際のことのように体験できるという。
物語の展開を自在に操り、怖さを和らげたり刺激を増したりできる人もいる。

夢を見ている本人はもちろんだが、神経科学者たちにとっても明晰夢は心躍る現象だ。
意識の研究の手段と考えられているからだ。
しかし、自然に明晰夢を見ることのできない人に明晰夢を引き起こすことは難しく、研究が思うように進まなかった。
だが今回、解決策となり得る新たな方法が「Nature Neuroscience」誌オンライン版に5月11日付けで掲載された。

ドイツ、フランクフルト大学の臨床心理学者で研究を率いたウルスラ・フォス(Ursula Voss)氏は、
睡眠中の脳に弱い電気刺激を与えることで「夢の中での意識状態は極めて簡単に変化する」と話す。

◆睡眠中に脳を刺激

フォス氏の研究チームは、明晰夢の経験がない健康な若年成人27名を採用。被験者はそれぞれ数回にわたって研究室で夜を過ごした。人が夢を見るレム(急速眼球運動)睡眠の出現から2分後、被験者の前頭葉に微弱電(2~100ヘルツ)または電気を流さない疑似電流を30秒間与えた。

効果は、いわゆるガンマ周波数帯の40ヘルツで脳を刺激したときに現れた。被験者の脳波がそれに同調したのだ。
起こされた被験者は77%の確率で明晰夢を見たと報告した。

続きはソースで

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20140512004&expand


引用元: 【脳科学】明晰夢を見る方法が明らかに 睡眠中の脳に微弱な電流を流す


【マジか・・・】明晰夢を見る方法が明らかに 睡眠中の脳に微弱な電流を流すの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/12/29(日) 00:16:40.77 ID:???

類似性に敏感な人は日常生活でのデジャビュ経験頻度が高い

2013年12月26日

楠見孝 教育学研究科教授、杉森絵里子 早稲田大学高等研究所助教(元 本学教育学研究科)の研究グループが、デジャビュ(既視感)の個人差について検討しました。
デジャビュは、過去の出来事と類似した出来事に直面した場合に起こるのではないかという先行研究の示唆から、類似性に敏感な人とデジャビュの関係について検討した結果、これらの二つは大きく相関することが明らかになりました。

本成果は、2013年12月3日(英国時間)に、ヨーロッパ認知心理学会誌「Journal of Cognitive Psychology」の電子版に掲載されました。

背景
実際は一度も体験したことがないと分かってはいるものの、どこかで体験したことのように感じてしまうことを「デジャビュ(既視感)」といいます。
先行研究では、実際に今体験している出来事(シーン)が、以前体験した場面と形態的に類似している場合、かつ、その以前体験した場面についての詳しい情報が思い出せない場合に、デジャビュを体験しやすいのではないかと示唆されてきました(類似性仮説)。
本研究ではこの類似性仮説について検証するため、「個人差」に着目し、形態的類似性に敏感な人とデジャビュ体験の頻度の関係を、44名の大学生に参加してもらい、質問紙と実験によって検討しました。

研究手法とその成果
(※中略)

結果
1.「日常生活における形態的類似性の敏感度」と「実験室における形態的類似性の敏感度」の間に高い相関が見られました。
また、2.「日常生活におけるデジャビュ体験の頻度」と相関があったのは、「日常生活における形態的類似性の敏感度」
「実験室における形態的類似性の敏感度」「親しみ評定課題における形態類似画像に対する評定値」の三つでした。

このことから、
(a)日常生活において類似性に敏感な人は、実験室において画像を呈示された際にも類似性に敏感であること、
(b)デジャビュ経験の頻度が高い人は類似性に敏感であること、
(c)デジャビュ経験の頻度が高い人は類似した画像を見たときに親しみを感じやすいことが明らかになりました。

3

▽記事引用元 京都大学 2013年12月26日
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2013_1/131226_1.htm



【認知心理】類似性に敏感な人は日常生活でのデジャビュ経験頻度が高い/京都大などの続きを読む

このページのトップヘ