理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

大仏

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2018/12/06(木) 16:45:03.66 ID:CAP_USER
奈良大学は、全国の216体の仏像について、マイクロソフトの学習済みAI「Cognitive Services」を活用して、仏像の推定年齢や表情などを分析した調査結果を公表した。

仏像の感情測定では、Cognitive ServicesのFace APIを使って、怒り、恐怖、喜び、中立、悲しみなど、8つの表情を数値化し、傾向を分析。その結果、測定できた仏像の平均年齢は38歳。正法寺の釈迦如来坐像が2.9歳で最年少、西大寺の叡尊上人像の83.5歳が最年長となった。

続きはソースで

https://www.watch.impress.co.jp/img/ipw/docs/1156/786/ashura_s.jpg

Impress Watch
https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1156786.html
ダウンロード (9)


引用元: 奈良・鎌倉時代の大仏は「怒り」。奈良大学が216大仏の表情や年齢分析。MSのAI活用[12/05]

奈良・鎌倉時代の大仏は「怒り」。奈良大学が216大仏の表情や年齢分析。MSのAI活用の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2018/05/15(火) 19:31:08.67 ID:CAP_USER
奈良県吉野町の遺跡で、新たに、奈良時代のものとみられる大型の建物の跡が見つかりました。
調査した地元の教育委員会などは、大仏を建立した聖武天皇などがたびたび訪れたと伝えられる「吉野離宮」の中心的な建物ではないかとみて注目しています。

奈良県吉野町にある国の史跡「宮滝遺跡」で、吉野町教育委員会と県立橿原考古学研究所が去年からことしにかけて発掘調査したところ、東西23.7メートル、南北9.6メートルの大型の建物の跡が新たに見つかりました。

屋根の下の部分に幅2メートル余りのひさしが付いた格式高い建物で、奈良時代前半に建てられたとみられています。

古代の歴史書「続日本紀」には、奈良時代の女帝の元正天皇や、東大寺の大仏を建立した聖武天皇が、吉野にあった「吉野離宮」をたびたび訪れたと記されています。

町の教育委員会と橿原考古学研究所は、規模や年代から「吉野離宮」の中心的な建物、正殿の跡ではないかとみて注目しています。

続きはソースで

関連ソース画像
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180515/K10011439491_1805151826_1805151842_01_02.jpg

NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180515/k10011439491000.html
ダウンロード (3)


引用元: 【考古学】大型の建物跡発見 飛鳥時代の「吉野離宮」の中心的な建物か 奈良[05/15]

大型の建物跡発見 飛鳥時代の「吉野離宮」の中心的な建物か 奈良の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/03/22(火) 23:38:13.33 ID:CAP_USER.net
東京文化財研究所(東京都台東区)は22日、55年ぶりに保存修理した国宝、鎌倉大仏(阿弥陀如来坐像、あみだにょらいざぞう)について、13世紀の創建当初から顔だけが金色だった可能性があると発表した。

ダウンロード (5)


鎌倉大仏は江戸時代の文献に金色だったと記され、顔については「金箔(きんぱく)」とする明治時代の報告書があるほか、金メッキ説もある。今回の修理に伴い、X線による金属調査などで大仏の右頬などに残る金が目の周囲や鼻でも確認された。

調査を担当した同研究所の森井順之(まさゆき)主任研究員は「金は創建当初のものと推測される」と話している。【因幡健悦】

画像
http://amd.c.yimg.jp/amd/20160322-00000113-mai-000-6-view.jpg
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160322-00000113-mai-soci

引用元: 【歴史】鎌倉大仏、13世紀に作られたとき顔だけ金色だった可能性

鎌倉大仏、13世紀に作られたとき顔だけ金色だった可能性の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/12/03(木) 16:14:17.51 ID:CAP_USER.net
大仏さまの髪は半分だった…レーザー調査で判明

東大寺(奈良市)は3日、大仏(盧舎那仏・るしゃなぶつ)の頭にある渦巻きの髪「螺髪(らほつ)」について、造立時に「966個」とされていた数は、現在は「492個」であることがわかったと発表した。
レーザーを使った調査で判明したという。

大仏は奈良時代の752年に完成。寺の史料「東大寺要録」などには、天平勝宝元年(749年)に螺髪を966個作ったと記されている。
大仏の頭部はその後、戦火で焼け落ちるなどしたため、現在の頭部は1691年に修復されたものだが、頭部の後ろには仏の光を象徴する装飾・光背こうはいがあり、螺髪の正確な個数を数えることができなかった。

一方で、参拝客などから螺髪の数を尋ねる質問が多いため、寺は今夏、東京大生産技術研究所の大石岳史准教授(メディア工学)に調査を依頼。

続きはソースで

ダウンロード


▽引用元
YOMIURI ONLINE 2015年12月03日
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20151203-OYO1T50031.html

▽関連サイト
華厳宗大本山 東大寺 公式ホームページ
よくあるご質問 Q6 大仏さまの螺髪(らほつ)の数はいくつありますか?
http://www.todaiji.or.jp/contents/qa/qa.html#q6
http://www.todaiji.or.jp/contents/qa/images/r_1.jpg
http://www.todaiji.or.jp/contents/qa/images/r_2.jpg
http://www.todaiji.or.jp/contents/qa/images/rahotsu.jpg

引用元: 【計測工学/建築史】東大寺・大仏さまの髪は半分だった レーザー調査で判明 造立時に966個あった渦巻きの髪「螺髪」、現在は492個

東大寺・大仏さまの髪は半分だった レーザー調査で判明 造立時に966個あった渦巻きの髪「螺髪」、現在は492個の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ