理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

大国

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 名無しさん 2014/03/30(日)22:54:41 ID:yyCmeLmhB

 石油メジャーもメタンハイドレートに関心を寄せているし、青山氏によればアメリカ、中国、ロシア、韓国、インドなどの国はとうに日本が隠れた資源大国だと認識しているそうだ。

また、そのことを日本政府は知りながら国民に隠し続けている不可思議な国と評価しているというのだ。

そのことを青山繁晴氏は田母神俊雄氏との対談で明かしている。

http://www.youtube.com/watch?v=TtVb_SglvdU



 このチャンネル桜で語られた事実には唖然とさせられる。

 なぜかなら、日本海の無尽蔵とも言えるメタンハイドレートが注目されるようになり、日本がわざわざ海外から高い金を払って天然ガスを輸入しなくてもよくなれば、こんなすばらしいことはないのに、それを喜ばない勢力が日本にはいるというのだから。

 それはどういうことかと言うと、一つにはこれまでのエネルギー資源に関しては利権がまとわりついているからである。近代以降、人類は石炭、石油、天然ガスと埋蔵資源を活用してきたわけだが、そのいずれもがわが国では、財界、官僚、政治家、大学などの利権になっている。

 だから、もしメタンハイドレートが実用化されると、石油や天然ガスの利権を持っている役所や政治家らが困ることになるらしい。だから、いくら日本海に無尽蔵のエネルギー資源が眠っているとわかっていても、予算をつけたくなくて研究開発させないというのだ。

 それともう一つは、日本は先の戦争で敗戦国となったのだから、エネルギー資源を自前で確保してはいけないことになっているというのである。



日本は世界有数の資源大国の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/11(水) 15:56:29.12 ID:???0

★宇宙開発、米は「もう露に運賃支払いたくない」

中国が初の月面着陸を目指すなど、大国間の宇宙開発競争が再び激しさを増してきた。

米国は有人飛行復活へ、民間と連携して巻き返しを図る。一方、若田光一さんも乗り込んだ唯一の有人宇宙船を持つロシアの宇宙技術は、スマートフォンでも利用される。国威発揚か、商業利用か。現状を探った。

◆17年にも再開
1969年のアポロ11号の月面着陸以来、世界の宇宙探査をリードしてきた米国。2011年に財政難からスペースシャトルを引退させた後、独自の有人宇宙船を持たない状況が続く。11月、約400キロ・メートル上空の国際宇宙ステーション(ISS)に若田さんらを運んだのも、ロシアの有人宇宙船ソユーズだった。

「これ以上ロシアに運賃を支払わなくて済むよう、米国は再び自分たちの手で飛行士を宇宙に送り出す必要がある」

米航空宇宙局(NASA)のチャールズ・ボールデン長官は11月17日、米フロリダ州のNASAケネディ宇宙センターで職員らを前に、危機感をあらわにした。ロシアはソユーズの運賃を毎年のように値上げし、今年4月のNASAと露宇宙庁の契約では1人あたり7100万ドル(約72億円)に達した。08年比で1・5倍だ。

ロシアだけでなく、後発の中国、インドも追い上げる中、オバマ政権は威信をかけ、復権に乗り出した。14年度のNASAの予算要求額は前年度とほぼ同じ177億ドル(約1兆8000億円)と制約がある中、NASAは、スペースX社やボーイング社など民間企業に委託し、ISSを往復する有人宇宙船の開発を進め、17年の初飛行を目指す。

ISSより遠い小惑星や火星の探査用には、NASAが自前で有人宇宙船「オリオン」を開発中だ。来年9月に無人試験飛行、21年に有人飛行に挑む予定だ。30年代までに有人火星探査の実現を目指す。

02a78e80.jpg

(2013年12月11日08時02分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20131211-OYT1T00211.htm



宇宙開発、米は「もう露に運賃支払いたくない」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆EKKKKKKKKA @ウェザーρ ★ 2013/11/03(日) 13:21:48.35 ID:???0

2013.11.03 Sun posted at 12:38 JST

メキシコで肥満対策の一環として高カロリー食品に課税する法案が通過した(CNN)
メキシコ議会はこのほど、肥満対策の一環として審議されていた高カロリー食品と炭酸飲料への課税を可決した。ペニャニエト大統領の署名を経て施行される見通しだ。

カロリーの高い食品すべてに8%、炭酸飲料には1リットル当たり1ペソ(約8円)の税を課す案で、10月31日に上院を通過した。対象の食品を具体的に示すリストはないが、「揚げ物や甘い菓子、穀類を主原料とする食品など」とされる。

世界保健機関(WHO)の統計によると、メキシコ人が1年間に飲む炭酸飲料は163リットル。
米国の平均より4割も多く、世界最大の消費国となっている。

メキシコは今年、国連食糧農業機関(FAO)の調査で肥満率が米国を抜いて世界トップとなった。
同国保健当局は小児科医の2団体と協力し、医師らを対象に子どもの肥満問題や治療法、予防法の周知を図る運動に取り組んでいる。

▽ソース:CNN
http://www.cnn.co.jp/world/35039382.html
f22d7010.gif



「肥満大国」メキシコ 高カロリー食品と炭酸飲料に課税への続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 垂直落下式DDT(愛知県) 2013/08/13(火) 12:31:25.18 ID:MIoJngMP0● BE:4908687089-PLT(12100) ポイント特典

韓国の科学技術の水準が技術大国の米国を100点として比較した評点で77.8点にとどまったことが分かった。

韓国未来創造科学部(省に相当)と韓国科学技術企画評価院は、「第3次科学技術基本計画」に基づき、国家戦略技術120項目について、韓国と米国、欧州連合(EU)、中国、日本の技術水準を比較した。
米韓以外の評点は、EUが94.5%、日本が93.4%で韓国を大きく上回り、中国は67.0点だった。

中国は全体の技術水準では韓国に劣ったが、航空・宇宙分野では韓国を11.5点も上回る78.3点だった。
今回の調査は科学技術基本法が2年ごとに国の重要技術の水準を調査するよう義務付けているもので、対象項目は電子・情報通信、医療、バイオ、航空宇宙、ナノテク・素材、機械・製造・工程など10分野にわたる。

調査は韓国の産業界、学界などから推薦を受けた専門家約2000人を対象にアンケートを行う方式で、論文・特許分析も並行して行われた。
韓国科学技術企画評価院のチェ・ハンリム博士は
「今後は政府予算を航空・宇宙など競争力が劣る分野に集中すべきだ」と指摘した。

詳細 Yahoo!ニュース 2013/8/13
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130813-00000423-chosun-kr
7



【速報】 科学技術のレベル比較 米国100・日本93.4・韓国77.8・中国67.0の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 依頼36-38,43@白夜φ ★ 2013/07/04(木) 21:52:33.42 ID:???

インド版GPS衛星打ち上げ成功 宇宙大国入り目指す


【ニューデリー共同】インドの宇宙開発を担うインド宇宙研究機構(ISRO)は2日、車両や船舶、航空機の位置を宇宙から測定するインド版衛星利用測位システム(GPS)用の最初の衛星の打ち上げに成功したと発表した。
インドは火星探査を計画するなど宇宙開発を積極的に推進、この分野での大国入りを目指す狙いがある。

ISROによると、衛星はインド版GPSの展開に必要な衛星7基のうち最初の1基に当たり、2015~16年までに全ての打ち上げを目指す。
インド版GPSはインドの国土のほか、国境から1500キロ離れた地域までカバーし、事実上南アジア全域での利用が可能となる。

2013/07/02 13:53 【共同通信】
____________

▽記事引用元 47NEWS 2013/07/02 13:53配信記事
http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013070201001868.html

1日、インド南部の宇宙センターから打ち上げられる、衛星を載せたロケット(ロイター=共同)
8

http://img.47news.jp/PN/201307/PN2013070201001872.-.-.CI0003.jpg

▽関連
ISRO Press Release July 02, 2013
PSLV-C22 Successfully Launches IRNSS-1A, India's First Navigation Satellite
http://www.isro.org/pressrelease/scripts/pressreleasein.aspx?Jul02_2013

☆ご依頼いただきました。



【宇宙開発】インド版GPS衛星打ち上げ成功 宇宙大国入り目指すの続きを読む

このページのトップヘ