理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

大気

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/11/16(土) 17:14:13.01 ID:???0

★PM2・5が「男性機能」に悪影響! 日本人も他人事じゃない

中国社会科学院が先日、深刻化するPM2・5(微小粒子状物質)などの大気汚染について、「生殖能力にも悪影響を及ぼす」という驚愕のリポートを発表した。これまで、がんへの影響が問題視されてきたが、日本の男性の下半身も直撃しかねない状況だ。専門医に気になる影響を聞いた。

目の前が真っ暗になるほどの大気汚染。中国からの映像を見るたびにゾッとする。中国ではすでに男性の精・子能力が低下しているとも報じられている。また、最近では千葉県内など国内でもPM2・5の高い数値が計測された。

実際に、日本国内でマウスを用いた研究では、微粒子をオスのマウスの肺に注入したところ、そうでないマウスと比べて、精・子を作る能力が明らかに低くなったという結果が過去に出ている。

この研究を行った大分県立看護科学大学生体反応学研究室の吉田成一准教授が説明する。

「肺に微粒子が入ると、オスのマウスの精・子を作る能力が低下し、精巣も傷害されることがわかりました。加えて、妊娠している母親マウスに微粒子を与えると、出生したオスの子マウスの精・子を作る能力は低下し、その影響はマウスが成長した後も続いていたのです」

都市化と精・子の劣化の関連は以前から研究されてきたという。

「先進国で行われた調査結果では、産業が発達した都市では精・子の質が悪くなっているとの報告もあり、人間の精・子にも微粒子は悪影響を及ぼすと考えられます」

イタリアでは、高速道路の料金所で働いている男性の精・子の質が悪くなることが報告されていると言う。ましてや、中国のように大気汚染が日常的に深刻化していれば、市民全体への悪影響は避けられない。(以下略)
3

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131116/frn1311161449002-n1.htm



【健康】PM2・5が「男性機能」に悪影響! 日本人も他人事じゃないの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 白夜φ ★ 2013/11/15(金) 00:26:58.56 ID:???

2013年11月18日 しし座流星群が極大

http://www.astroarts.jp/alacarte/2013/201311/1118a/20131118a.png

2001年に大出現を見せたしし座流星群が、11月18日1時ごろに活動のピークを迎えると予想されている。
テンペル・タットル彗星の通り道を毎年この時期に地球が通過し、そこに残されていたちりが地球の大気にとびこんで、上空100km前後で発光して見える。

今年は満月の夜にあたり、あまり条件がよくない。
深夜すぎにしし座が昇ってくる東の空を中心に空を広く眺めながら気長に待ってみよう。
空の高いところには木星、しし座の脚のあたりには赤い火星が見える。

7398b61c.jpg

▽記事引用元 AstroArts
http://www.astroarts.co.jp/alacarte/2013/201311/1118a/index-j.shtml

▽関連リンク
国立天文台 | 主な流星群
http://www.nao.ac.jp/astro/sky/meteor-stream/major.html



【天文】しし座流星群 11月18日1時ごろに活動のピークの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 白夜φ ★ 2013/11/10(日) 22:14:12.77 ID:???

海洋のCO2吸収は68億トン 気象庁、温暖化の加速懸念

気象庁は6日、地球全体の海洋による二酸化炭素(CO2)の吸収量は年68億トンで増加傾向にあると明らかにした。
同庁は「大気への排出量が増え続ければ海洋の吸収能力が低下し、地球温暖化の加速が懸念される」としている。

国連の気候変動に関する政府間パネルの第5次評価報告書によると、海洋は産業活動によって排出されるCO2の約3割を吸収し、大気中のCO2濃度の上昇を抑えている。
一方で、CO2の吸収で海水の酸性化が進み、生態系に悪影響を与えることなどが指摘されている。
気象庁は6日、HP上で情報提供を始めた。

2013/11/06 18:56 【共同通信】

8

▽記事引用元 47NEWS 2013/11/06 18:56配信記事
http://www.47news.jp/CN/201311/CN2013110601002006.html

▽関連リンク
・気象庁
全球の海洋による二酸化炭素吸収量に関する情報提供の開始について
http://www.jma.go.jp/jma/press/1311/06a/co2_global2013.html
海洋の健康診断表(海洋の総合情報)
http://www.data.kishou.go.jp/kaiyou/shindan/index.html



海洋の二酸化炭素(CO2)吸収量は年68億トンで増加傾向 温暖化の加速懸念/気象庁の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ベガスφ ★ 2013/11/06(水) 08:59:48.29 ID:???

"8歳少女が肺がんに、中国で最年少"

中国で、8歳の少女が肺がんを発症していることが確認された。同国で過去最年少の患者となるが、医師らは大気汚染が肺がんの直接的要因と述べている。中国国営メディアのウェブサイトで報じられた。

中国国営の新華社(Xinhua)通信のウェブサイト「新華網(Xinhuanet)」によると、この少女は、中国東部、江蘇(Jiangsu)省の幹線道路そばに暮らしている。

江蘇省南京(Nanjing)にある江蘇省がん病院(Jiangsu Cancer Hospital)の医師によると、少女は長期間にわたって有害粒子とちりにさらされていたという。

米国がん協会(American Cancer Society)によれば子どもの肺がん発症は極めてまれ。
発症が診断される平均年齢は70歳ほどだ。

だが、中国では、急速な発展により都市部を中心に大気汚染が拡大する中、肺がん患者が急増している。
北京(Beijing)市の保健当局によれば過去30年で肺がんに関連した死亡は4倍に増えており、スモッグで覆われた北京市での最大の死因となっている。

1

2013年11月05日 17:21
http://www.afpbb.com/articles/-/3002705



【医療】8歳少女が肺がんに、中国で最年少、大気汚染が直接的要因と報道の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 不知火(家) 2013/10/28(月) 18:25:47.94 ID:ewAx0uJCP BE:575391124-PLT(22223) ポイント特典

http://jp.eastday.com/node2/home/xw/wy/userobject1ai83057.html
東方ネット28日付報道によると、現在はPM2.5(大気中を浮遊する粒子状物質のうち粒径2.5μm以下の超微粒子)の危険性はよく知られているが、復旦公共衛生学院・上海市大気粒子汚染対応策試験室の「大気中を浮遊する粒子状物質と健康」という研究課題によると、粒径0.25~0.50μmの粒子状物質の危険性はより深刻で、特に心臓血管疾病患者に対してすごく危険なものだ。

最近、同研究論文は公共衛生領域の権威雑誌「環境と健康展望」で発表され、作者の1人の孟夏氏が明らかにしたところによると、ここ数年間、中国全国各地の主要大気汚染物はPM2.5粒子であり、粒径がもっと小さい粒子の健康への影響がどうだろうか?それを研究するために、課題グループが粒径0.25~0.50μmの粒子状物質計23組を研究・分析して「粒径が小さいほど、危険性がより大きい」
という結論が出た。

(編集:範易成)

各粒径の粒子の危害
c743c5c8.jpg

http://jp.eastday.com/node2/home/xw/wy/images/00054165.jpg



PM2.5よりPM0.5の危険性がより深刻の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ボ ラギノール(長野県) 2013/10/08(火) 21:51:47.09 ID:nAkrot1T0 BE:1253626092-PLT(12012) ポイント特典

火星の生命 巨大な火山によって絶滅

2

http://m.ruvr.ru/data/2013/10/03/1323063851/4h_50495694.jpg

 米国の天文学者たちは、火星で巨大な太古の火山の痕跡を発見した。この火山の爆発力は、通常の火山の数十倍で、地質も独特だという。雑誌ネイチャーで発表された。

 火星には火山があり、それはハワイの火山と似ている。火星の火山の大部分は比較的若いが、火星の東半球の台地や丘の起伏を調査した際に、太古の巨大火山の痕跡が発見された。火星では巨大な火山が噴火し、カルデラ地形ができた。これは巨大なクレーターだと考えられていた。

 今回の発見により、火星の大気進化や、火星が生命の誕生にどれほど適しているかに関する学説が覆る可能性がある。

http://japanese.ruvr.ru/2013_10_03/122312953/



火山の爆発で生命が絶滅した火星と10kmの隕石が衝突しても生命が残った地球、一体どこで差が付いたかの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ