理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

大砲

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2019/05/08(水) 04:32:24.27 ID:CAP_USER
■海軍艦艇向け誘導砲弾「エクスカリバーN5」実射試験を完了

2019年5月6日(現地時間)、アメリカ海軍とレイセオンはアリゾナ州の試験場で実施していた誘導砲弾「エクスカリバーN5」の実射試験を終え、満足いく結果が得られたと発表しました。エクスカリバーN5は、野砲(155mm榴弾砲)用として使用されている誘導砲弾「エクスカリバー」の海軍版で、艦艇の主砲として用いられている5インチ(127mm)砲に作られたもの。「N5」は「for Naval 5-inch Gun(海軍5インチ砲用)」を意味しています。
https://otakei.otakuma.net/wp/wp-content/uploads/2019/05/Excalibur_N5.jpg

エクスカリバーは、風の影響などで弾道がそれ、なかなか初弾から命中させるのは難しい火砲に対し、ミサイル並みの精度をもたらす誘導砲弾です。弾体には安定翼がついており、ロックオンされた目標へ向け、GPS誘導で飛翔します。155mm榴弾砲用では、39口径長で40km、52口径長で50km以上の射程距離で、誤差は半径2m以内。従来の無誘導の弾体では、これだけの精度を初弾から出すのはほぼ不可能です。現在まで1400発以上が実戦で使用されています。

 このエクスカリバーを海軍艦艇の主砲である5インチ砲(Mk.45)用に設計し直したものが、エクスカリバーN5です。155mm榴弾砲用と約7割が共通化されていますが、口径が127mmと小さくなるため、誘導装置をコンパクトにまとめると同時に、動かない地面で使う野砲と違い、波で動揺する艦砲という違いも開発の課題でした。
https://otakei.otakuma.net/wp/wp-content/uploads/2019/05/Mk45_Mod4_QuickFact.jpg

続きはソースで

https://otakei.otakuma.net/wp/wp-content/uploads/2019/05/5in_Gun_Fire.jpg

https://otakei.otakuma.net/wp/wp-content/uploads/2019/05/5inch_Gun_Fire.jpg

Excalibur N5 Fired from 5-Inch Naval Gun During Testing
https://youtu.be/70q4ZXkSgJE



https://otakei.otakuma.net/archives/2019050706.html
ダウンロード (1)
※画像はイメージで本文と関係ありません


引用元: 【米海軍】海軍版誘導砲弾「エクスカリバーN5」、野砲用と同じだけの命中精度を実現[05/07]

【米海軍】海軍版誘導砲弾「エクスカリバーN5」、野砲用と同じだけの命中精度を実現の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: キャプテンシステムρφ ★ 2013/11/16(土) 22:49:36.40 ID:???0

2013年7月19日に撮影された衛星写真によると、中国の砂漠地帯の施設に大型のオブジェクトがあることを示しています。
この施設は中国の軍事実験施設で、異常に大きなオブジェクトは大砲と思われ、それぞれ24mと33mもあります。

水平に設置されているこの2つの物体は、コンクリート製ブロックの上に搭載されています。
2011年に発見され、2013年7月の段階でも残っていたようです。

2011年に撮影されたものは、発射試験を行った後と思われます。
33mの設置された大砲と、その前方にターゲットと思われる関連物体が写っていました。

中国は歴史的に大口径・長射程の大砲に興味を示しています。
1970年代から今まで幾度かに渡って「スーパーガン」を実験的に製作していました。
また1990年代には、イラクのバビロン計画で製作された「ジェラルド・ブル」に似た長距離砲のテストを
計画・構築していたと明らかになりました。

バビロン計画では衛星軌道の狙撃を目標としていたようですが、
中国の「スーパーガン」もそれに匹敵する性能になる可能性があります。

---
中国の「スーパーガン」は設計的にはジェラルド・ブルに似て見えますが、中国は戦略の主眼を弾道ミサイルとしているため、衛星を狙撃するような長距離砲の運用は考えにくいでしょう。

衛星写真では外部電源と思われる設備が欠如していますが、レールガンのプロトタイプである可能性も否定できません。
他の可能性としては、単なる発射試験の設備として過去の実験システムを再利用しているということです。

※画像
ddc7c03b.jpg

http://www.janes.com/images/assets/056/30056/Chinese_sat_imagery.jpg

http://www.janes.com/article/30056/satellite-imagery-reveals-mystery-supergun-in-chinese-desert



【軍事】中国、長距離砲「スーパーガン」の発射試験を行う?それともレールガン? 衛星が捉えた謎の物体の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ