理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

大阪大学病院

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/14(水) 00:39:50.84 ID:???0.net
移植待ち女児、初の脳死…両親希望で臓器提供へ

 日本臓器移植ネットワークは13日、拡張型心筋症で大阪大病院に入院していた6歳未満の女児が改正臓器移植法に基づき、脳死と判定されたと発表した。

(略)

読売新聞:http://www.yomiuri.co.jp/science/20150113-OYT1T50092.html

引用元: 【命のリレー】移植待ち女児(6歳)が脳死で臓器提供へ…両親希望[1/13]

【命のリレー】移植待ち女児(6歳)が脳死で臓器提供へ…両親希望[1/13]の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2013/12/24(火) 06:36:41.83 ID:???0 BE:342921252-PLT(12557)

大阪大病院(大阪府吹田市)は23日、愛知県で脳死と判定された30代の女性が提供した心臓と肺を、同時に20代の女性に移植する手術を終えたと発表した。
日本臓器移植ネットワークによると、心肺同時移植は国内2例目。

20代女性は心臓の一部が硬くなり、広がりにくくなる拘束型心筋症で、肺の働きも落ちていた。
大阪大病院によると、手術は23日午前6時8分に開始。午後2時50分に終わり、容体は安定しているという。

8

*+*+ NIKKEI NET +*+*
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO64484610T21C13A2CR8000/



心臓と肺の同時移植…阪大病院、20代女性にの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/11(水) 16:41:36.03 ID:???0

★拡張型心筋症の杉本類ちゃん 移植待機へ渡米

重い心臓病を患い、心臓移植でしか助からないと診断された大阪の1歳の男の子が、心臓の提供者を待つためアメリカに出発しました。

杉本類ちゃん(1)は、入院先の大阪大学病院から救急車で関西空港に向かい、チャーター機に乗りました。

類ちゃんは生後3ヵ月の時に「拡張型心筋症」を発症し、心臓移植でしか助からないと診断されました。

しかし、国内では子どもの臓器提供が進まないことから、両親は海外での移植手術を決断し、募金活動を続けました。

一刻も早くドナーを見つけるため、これまでに集まった募金およそ1億5700万円でアメリカに向かい、類ちゃんは現地の病院でドナーを待つことになりました。

移植手術全体に必要な額にはまだ約3300万円足りないため、両親は引き続き協力を呼びかけています。(以下略)

ダウンロード

http://www.ktv.jp/news/index.html#0455844

★心臓移植へ1歳児が渡米
http://www.nhk.or.jp/kansai-news/20131211/3642481.html
http://www.nhk.or.jp/kansai-news/20131211/3642481_2003642481_m.jpg



拡張型心筋症の杉本類ちゃん心臓移植へ 1歳児がチャーター機で渡米 引き続き募金募集中の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: エタ沈φ ★ 2013/08/22(木) 21:02:27.23 ID:???

大阪大病院は21日、慢性膵炎(すいえん)の患者から膵臓(すいぞう)を摘出し、インスリンを分泌する膵島(すいとう)だけを分離して体内に戻す自家膵島移植に国内で初めて成功した、と発表した。患者は口で食事ができなくなるほど症状が悪化していたが、数年ぶりに口で食事ができるまで回復したといい、生活の質(QOL)を上げる技術として注目される。

担当した伊藤寿記(としのり)教授(消化器外科)によると、患者は30代女性。5歳で膵炎と診断され、10年ほど前に慢性の中でも激しい炎症を繰り返す遺伝性と判明した。

膵炎の患者は食事をすると、自分で分泌した膵液によって膵臓が消化されてしまい、激しい痛みが生じる。
遺伝性はこの症状を繰り返し、食事ができなくなることがある。今回の患者も数年前から食事ができず、静脈に栄養液を直接注入していた。

患者はこれまでに膵臓の大部分を摘出しており、他人からの膵臓移植を待っていたが、伊藤教授は拒絶反応を懸念し、本人から残りの膵臓全てを摘出し、膵島だけを分離して体内に戻す方法を採用した。
7月3日に手術を実施し、肝臓の門脈(血管)に移植した膵島は正常に機能しているという。

国内で10万人あたり約40人いる慢性膵炎患者のうち遺伝性患者はまれだという。これまでの遺伝性の治療法は膵臓を全て摘出するため、その後はインスリンの注射が不可欠だったが、この手法だと、注射が不要になる場合がある。ただ、今回は分離した膵島がわずかなため、注射は今後も必要だという。

患者は近く退院する予定。21日に記者会見し、「食べても痛みがなくなり、とてもうれしい」と笑顔で話した。

毎日新聞 2013年08月21日 11時12分(最終更新 08月21日 12時07分)
http://mainichi.jp/select/news/20130821k0000e040212000c.html
673a2d7f.jpg



【医療】自家膵島移植、国内初の成功/阪大の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ