理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

天体

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/12/03(水) 09:40:58.02 ID:???.net
ニュース - 科学&宇宙 - 「サウロンの目」銀河までの距離を特定 - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト(ナショジオ)
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20141128002


 天文学者らのチームが26日、宇宙にある多くの物体と地球との距離を測る新たな方法が、銀河の中心に潜む巨大なブラックホールから得られたと発表した。新しい計測法は、これまでよりはるかに正確だという。

 天体の距離を測る上で突破口となったのは、銀河NGC 4151だ。映画「ロード・オブ・ザ・リング」に登場する災いをもたらす悪役に似ていることから、「サウロンの目」(Eyeof Sauron)と呼ばれている。

 邪悪な姿をしたこの銀河と地球との距離は、従来の推定では1300万~9500万光年と非常に幅があった。しかし天文学者らは、土地測量と同様の手法を用いることで距離を6200万光年と特定できたとしている。

 今週発表された論文で画期的な計測方法が詳しく述べられているが、映画の筋書き同様「リング」が重要な鍵を握っている。この場合のリングは、NGC 4151の中心にある巨大なブラックホールを取り巻く、ちりでできた輪だ。

◆めったにない贈り物

 サウサンプトン大学のセバスチャン・ホーニグ(Sebastian Hoenig)氏率いる天文学者らの研究チームは、ハワイ、マウナケア山頂にあるW・M・ケック天文台の口径約10メートルの望遠鏡2基と干渉測定を利用。2基の望遠鏡の物理的な距離と等しい、口径約85メートルの単一鏡と同じ解像度を実現した。これはハッブル宇宙望遠鏡の100倍の解像度に相当する。

 これにより研究チームは、NGC 4151の中心と、ブラックホールを取り囲む高温のちりでできたリングからの赤外線放射を非常に鮮明な画像でとらえることができた。このような赤外線放射は、同様の「活動銀河」によく見られる特徴だ。次に、リングからブラックホールまでの距離を三角形の底辺として用い、研究者らは地球からNGC 4151までの距離を割り出すことに成功した。

続きはソースで

今回の研究成果は、「Nature」誌に11月27日付で掲載された。

引用元: 【宇宙】「サウロンの目」銀河までの距離を特定

「サウロンの目」銀河までの距離を特定の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/11/07(金) 02:00:13.40 ID:???.net
天の川銀河中心のブラックホールに近づいた天体、実は巨大星

今年夏に天の川銀河中心の巨大ブラックホールを接近通過した天体が、引き裂かれることなく生き残ったことがわかった。
観測から、この天体は当初予測されたガス雲ではなく、連星が合体してできた巨大星とみられている。
----------------
【2014年11月6日 Keck Observatory】

天の川銀河の中心にある、太陽の数百万倍もの質量を持つ巨大質量ブラックホールのそばを今年夏に通過することで注目されていた天体G2が、意外にも何事もなく残っていることが米・ハワイのケック天文台での赤外線観測からわかった。
これまでG2は地球3個分ほどの重さの水素ガス雲と考えられ、ブラックホール接近時に重力の影響で引き裂かれるようすを観測すれば、ブラックホールやその周辺環境について探る手がかりになるとして注目を集めていた。

画像
http://www.astroarts.co.jp/news/2014/11/06g2/attachments/g2.jpg
ブラックホールのそばを通過したG2。
ケック望遠鏡で撮影した赤外線画像では広がった像となりブラックホールの位置(緑)と重なるが、実際ははるかにコンパクトだ(提供:Andrea Ghez, Gunther Witzel/UCLA Galactic Center Group/W. M. Keck Observatory)

G2が重力で引き裂かれずそのまま残ったことから、実はその正体はガス雲ではなく、ブラックホールの周囲を一緒に回っていた2つの星が合体してできた、ガスと塵をまとった大質量星であるらしいことがわかった。
研究発表者のAndrea Ghezさんによれば、銀河中心部にある大質量星の連星は合体すると100万年以上の間膨張し、その後で元のサイズに戻る。G2はこうした、膨張している状態なのだろう。

銀河中心に見られる大質量星の連星は形成過程がよくわかっていなかったが、多くはG2のような天体が膨張を終えて元に戻った姿なのかもしれない。
また、従来は巨大質量ブラックホールの周囲には若い星が存在しないと思われてきたが見つかったことや、反対に年老いた星が多く存在すると思われてきたが実際には少なかったことなども、観測で明らかにされている。
__________

▽記事引用元
http://www.astroarts.co.jp/news/2014/11/06g2/index-j.shtml
AstroArts(http://www.astroarts.co.jp/index-j.html)2014年11月6日

引用元: 【宇宙】天の川銀河中心のブラックホールに近づいた天体、実は巨大星

天の川銀河中心のブラックホールに近づいた天体、実は巨大星の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/10/20(月) 22:58:07.18 ID:???.net
2015年7月に冥王星に接近する予定のNASAの無人探査機「ニュー・ホライズンズ」。
その観測対象に、ハッブル宇宙望遠鏡により発見された3つのカイパーベルト天体(巨大彗星)が加わる可能性が出てきた。

カイパーベルトとは海王星軌道の外側を周回する天体が集まってできたリング状の領域であり、これまで宇宙船がそこを訪れたことはない。冥王星はカイパーベルトのなかでも特に大きな天体の1つとされている。

カイパーベルト天体は、46億年前の太陽系形成期の様子を今に残すものだと考えられている。
特定済みの3つのカイパーベルト天体(上のCG画像はそのうちの1つ)は、ニュー・ホライズンズが冥王星(かつては惑星とされていた)に接近した後に通過する領域に位置していると見られる。
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2014102001

引用元: 【宇宙】ニュー・ホライズンズの新ターゲット

ニュー・ホライズンズの新ターゲットの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/09/30(火) 22:22:04.78 ID:???.net
冥王星は惑星か、研究者3人の見解
Nadia Drake,
National Geographic News
September 29, 2014

惑星とはどのような天体をいうのか。そして小さな氷の天体、冥王星は惑星なのか否か。
ハーバード・スミソニアン天体物理学センターは先週開催したイベントで、長らく決着のつかないこの議論を改めて取り上げた。

アメリカ、マサチューセッツ州ケンブリッジで開かれた同イベントでは、3人の優れた研究者がそれぞれの見解 を述べた。
3人のうち、“冥王星は惑星である”派は2人、“惑星でない”派は1人。
彼らの主張を聴いたうえで、 科学者、教師、一般の人々からなる聴衆は投票に参加し、どの惑星の定義を支持するか、また冥王星は惑星だと 思うかどうかを意思表示した。

その結果、“冥王星は惑星である”とする票が多数を占めた。

このように一般の間では、惑星の地位を支持されることの多い冥王星だが、国際天文学連合(IAU)は2006年の 総会において“惑星”の定義を見直し、冥王星を惑星の分類から外した。

その根拠はこうだ。
観測可能な太陽系の外縁部では、ほかにも複数の天体が見つかっており、冥王星はそれら 氷の小天体のうち最大のものですらない可能性がある。
さらには、まだ発見されていないこのような天体が多数 存在すると考えられる。
そのような状況で、冥王星だけを惑星と呼ぶことができるだろうか。

しかしそうなると、冥王星やその類似天体を新たに分類し、従来からの8つの惑星との違いを説明する必要が出 てくる。

そこでIAU総会では投票の結果、これらの天体を“準惑星”と呼ぶことに決定し、冥王星はこの新たなカテゴリ ーに属する最初の天体の1つとなった。
そのほか準惑星には、小惑星帯に位置するケレス、およびエリス、ハウメ ア、マケマケが分類されている。
ハウメアとマケマケは、冥王星と同じく、海王星の軌道の外側にあるエッジワ ース・カイパーベルトという氷の天体の密集地帯に位置する。

しかしこの“準惑星”は、惑星と名がつきながらも実際には惑星ではない。
準惑星はIAUの3つある惑星の基準 のうち2つを満たしている。
球形であることと、太陽の周りを公転していることだ。
しかし、水星から海王星まで の惑星とは異なり、準惑星は公転軌道を独占し、他の太陽系小天体をその周囲から一掃するだけの質量には達し ていない。

「木星は近隣の天体を一掃している。地球も近隣の天体を一掃している。
しかし小惑星帯に位置するケレスは一 掃していない。冥王星も同様だ」と、
IAUの小惑星センター副所長ギャレス・ウィリアムズ(Gareth Williams) 氏は述べる。
ウィリアムズ氏は今回のイベントに登壇し、IAUによる惑星の定義を提示した。
「私の見解では、冥 王星は惑星ではない」。

IAUの定義では、準惑星は惑星の一種ではなく、いってみれば準惑星という別の種類の天体なのだ。

***引用ここまで 全文は記事引用元でご覧ください***
_____________

▽記事引用元
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20140929003
National Geographic(http://www.nationalgeographic.co.jp/)September 29, 2014配信記事

▽関連リンク
Harvard-Smithsonian Center for Astrophysics
Is Pluto a Planet? The Votes Are In
Release No.: 2014-25
For Release: Monday, September 22, 2014 - 10:00am
http://www.cfa.harvard.edu/news/2014-25

☆ご依頼いただきました。

引用元: 【天体】冥王星は惑星か、研究者3人の見解

冥王星って惑星でいいよね?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/09/18(木) 13:00:13.57 ID:???0.net
矮小銀河の中心に超大質量ブラックホール発見
【AFPBB News】 2014/09/18 09:22

【9月18日AFP】超小型の矮小(わいしょう)銀河の中心に潜む「超大質量」ブラックホールを、ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)を用いた観測で発見したとの研究論文が、17日の英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された。超大質量ブラックホールが存在する銀河としては観測史上最小と いう。

論文によるとこの超大質量ブラックホールは、超小型ながらも非常に高密度で星が凝集している銀河「M60-UCD1」の中心部で発見された。同銀河は地球から約5000万光年の距離にある。

M60-UCD1には約1億4000万個の星が詰まっているが、直径は天の川銀河(Milky Way)の500分の1に当たる300光年しかない。

ブラックホールは、光さえも外に出られないほどの極めて強力な重力を持つ不思議な天体。
超大質量ブラックホールはこれまで、天の川銀河を含む大型銀河の中心でのみ見つかっており、これほど小型の銀河で発見されたのは今回が初めてだ。

今回の観測を行った天文学者チームは、同ブラックホールの質量を算出したところ、M60-UCD1銀河の全質量の15%に上るという結果が出て驚いたという。同ブラックホールは、太陽の2000万倍、天の川銀河の中心にあるブラックホールの5倍に相当する質量を持っていた。

考えられる説明の一つは、M60-UCD1がかつて、はるかに大型の銀河の一部だったが、銀河が分裂してブラックホールを含む部分が残されたというものだ。

もしこの説が誤りで、超コンパクトな矮小銀河の内部には一般的に超大質量ブラックホールが潜んでいるということが、さらなる観測によって判明した場合には、学説の再考が求められることになるかもしれない。

今回の発見は、天の川銀河を含む宇宙の領域に、これまで推測されていた数の2倍のブラックホールが存在する可能性があることを意味すると、論文は指摘している。(c)AFP

ソース: http://www.afpbb.com/articles/-/3026224

引用元: 【天文学】矮小銀河の中心に超大質量ブラックホール発見、英科学誌ネイチャーに掲載 [14/09/18]

【宇宙ヤバイ】矮小銀河の中心に超大質量ブラックホール発見の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/09/01(月) 23:28:42.22 ID:???0.net
今回の観測データから推察される小惑星の衝突の想像図。ダストの増加量から直径100~1000km の小惑星がさらに大きな小惑星に秒速15~18kmで衝突して砕け散ったと計算されている(Kavli IPMU)
http://www.zaikei.co.jp/files/general/2014083122083950big.jpg

東京大学のウィプー・ルジョーパカーン特任研究員らによる研究グループは、2つの巨大な天体が激しく衝突してできた塵が爆発的に増大することを観測するのに成功した。

 星は、宇宙空間を漂う塵が集まり、それらが衝突を繰り返しながらできていくと考えられており、例えば、地球と同じサイズの星は約1億年かけて成長することになる。

 今回の研究では、NASAのスピッツァー宇宙望遠鏡を使い、ある地球から約1200光年離れたNGC 2547星団内にある、約3500万歳の若い恒星の赤外線観測を定期的におこなったところ、突然塵の量が劇的に増加したことを発見した。

 研究メンバーは、「突然のダストの増加は、二つの巨大な小惑星が衝突したためだと考えられます。
衝突によって細かな砂粒くらいの粒子が雲をつくり、その後粒子同士が衝突を繰り返してさらに細かくなり、ゆっくりと恒星から離れて行った様子もわかりました」とコメントしており、地球のような岩石惑星が作られる際に起きる劇的な現象を初めてリアルタイムで観測することに成功したと言える。

今後は、本研究成果によって惑星形成のメカニズム理解が進むと期待されている。

なお、この内容は8月29日に「Science」に掲載された。

http://www.zaikei.co.jp/article/20140831/211731.html

引用元: 【宇宙】東大、巨大小惑星の衝突を観測[9/1]

東大、巨大小惑星の衝突を観測の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ