理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

天体

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/05/07(木) 12:19:01.33 ID:???.net
観測史上最も遠方の銀河を発見、地球から約131億光年 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150507-00000008-jij_afp-sctch

画像
http://amd.c.yimg.jp/im_siggk2p3q4kBkBnaA2hOCEZjOg---x600-y600-q90/amd/20150507-00000008-jij_afp-000-3-view.jpg
観測史上最も遠方にあると確認された銀河「EGS-zs8-1」(2015年5月5日提供)。【翻訳編集】 AFPBB News


【AFP=時事】観測史上最も遠方にある銀河が、米エール大学(Yale University)などの天文学者チームにより発見された。地球から約131億光年にあるこの銀河は、明るい青色の星の集まりのように見えるという。

 エール大は発表した声明で、「EGS-zs8-1」と呼ばれるこの銀河は「初期宇宙に存在する最も明るく、最も質量の大きい天体の一つ」と指摘している。

 地球からの正確な距離の算出は、米ハワイ(Hawaii)のWMケック天文台(W.M. Keck Observatory)にある口径10メートルの望遠鏡に搭載された近赤外多天体撮像分光器「MOSFIRE」を用いて行われた。

 EGS-zs8-1は、米航空宇宙局(NASA)のハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)とスピッツァー宇宙望遠鏡(Spitzer Space Telescope)の画像で初めて確認されていた。

 エール大や米カリフォルニア大学サンタクルーズ校(University of California, Santa Cruz)などの天文学者チームによると、EGS-zs8-1ではいまだに天の川銀河(Milky Way)の約80倍の速度で星形成が進んでいるという。

 発見に関する詳細は5日、英学術誌「アストロフィジカル・ジャーナル・レターズ(Astrophysical Journal Letters)」に発表された。【翻訳編集】 AFPBB News

1
 

引用元: 【天文学】観測史上最も遠方の銀河「EGS-zs8-1」を発見、地球から約131億光年

観測史上最も遠方の銀河「EGS-zs8-1」を発見、地球から約131億光年の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/04/25(土) 08:25:40.91 ID:???.net
掲載日:2015年4月24日
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/04/24hubble/index-j.shtml

1


 ハッブル宇宙望遠鏡(HST)は1990年4月24日にスペースシャトル「ディスカバリー号」で打ち上げられた。
地球の大気の影響を受けないおかげで鮮明な画像を撮影できるという強みを活かし、太陽系内の天体から数十億光年も離れた銀河まで、科学的に重要な天体から純粋に見た目が美しいものまで、様々なターゲットを撮影してきた。

 数度の修理や機器の交換を経て、HSTは今年25周年を迎えた。毎年この記念日にはお祝いの画像が公開されているが、今年選ばれたのは打ち上げ花火のように星が集まっている画像だ。りゅうこつ座の方向約2万光年の距離に位置している「Westerlund 2」で、周囲に広がる星形成領域「ガム29」もとらえられている。

画像
Westerlund 2とガム29。可視光線と近赤外線での観測データを合成。
(提供:NASA, ESA, the Hubble Heritage Team (STScI/AURA), A. Nota (ESA/STScI), and the Westerlund 2 Science Team)
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/04/24hubble/attachments/westerlund2.jpg

続きはソースで

<参照>
Celestial fireworks celebrate Hubble’s 25th anniversary | ESA/Hubble
http://www.spacetelescope.org/news/heic1509/

Hubble 25 Years | ESA/Hubble | ESA/Hubble
https://www.spacetelescope.org/projects/Hubble25/

引用元: 【天文】ハッブル宇宙望遠鏡、打ち上げ25周年

ハッブル宇宙望遠鏡、打ち上げ25周年の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/04/18(土) 08:30:36.01 ID:???.net
新説:水星に似た原始惑星の衝突が地球の核を形成 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/041600053/

画像
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/041600053/ph_thumb.jpg?__scale=w:768,h:768&_sh=03d0720710
水星の写真(2008年撮影)。水星に似た天体が若き地球に衝突し、核の溶融状態を保つために必要な放射性元素をもたらした可能性がある。(PHOTOGRAPH BY NASA/JOHNS HOPKINS UNIVERSITY APPLIED PHYSICS LABORATORY/CARNEGIE INSTITUTION OF WASHINGTON)


 地球内部にあるドロドロの熱い部分(核)は、今から数十億年前、若き日の地球と水星に似た原始惑星の衝突によってできたとする説が、4月15日付け『Nature』誌に発表された。

 米カーネギー研究所のリチャード・カールソン氏は、同論文の付随論評において、「興味深い結論」であり、これまでそのようなアイデアを裏付ける「実験的証拠は限定的(かつ議論の余地があるもの)
だった」と記している。

 地球の核を直接見ることはできないが、地震波が伝播する様子から、その成分は主に溶けた鉄とニッケルであることがわかっている。また、これらの熱い物質が、地磁気およびプレートテクトニクスのもとになっている。しかし、その核が地球誕生から45億年にもわたって溶融状態を保っている理由は、謎に包まれていた。

 地球誕生のきっかけとなった微惑星の衝突で生じた熱は、徐々に宇宙へと逃げて行ったはずだ。すなわち、核の成分が鉄とニッケルだけなら、大昔に凝固していなければおかしい。そこで疑われたのが、放射性元素の存在である。その崩壊によって生じた熱が、核の融解と地磁気を維持していると考えられている。しかし、具体的にどの元素が寄与しているかまでは明らかにされていなかった。

 同論文では、ウランとトリウムをその最有力候補としている。これらの放射性元素は、まだ形成過程にあった地球に、水星に似た原始惑星が衝突したときにもたらされた可能性があるというのだ。

謎の解明

 地球内部の放射性元素として候補に挙がっていたのは、カリウム、ウラン、トリウムの3種類。論文の筆頭著者である英オックスフォード大学の地球科学者、アンケ・ウォーラース氏は「私たちの目的のひとつは、3つのうちどれが核の融解に寄与しているかを解明することでした」と述べている。

 もうひとつの目的が、もっと深い謎の解明である。その謎とは、ごつごつした地殻に含まれるサマリウムとネオジムという希土類元素の割合が特徴的なこと。

続きはソースで

00

文=Michael D. Lemonick/訳=堀込泰三

引用元: 【地球科学】新説:水星に似た原始惑星の衝突が地球の核を形成 核の溶融状態を保っている放射性元素の存在は、衝突で説明できる

新説:水星に似た原始惑星の衝突が地球の核を形成 核の溶融状態を保っている放射性元素の存在は、衝突で説明できるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/03/31(火) 02:03:10.18 ID:???.net
掲載日:2015年3月30日
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/03/30sn_cep/index-j.shtml

10


 東京都の嶋邦博さんが3月23.7875日(世界時。日本時では24日4時ごろ)、ケフェウス座方向の銀河NGC 6951に超新星候補天体を15.5等で発見した。天体の位置は以下のとおり。

赤経 20h37m25.58s
赤緯 +66°07′11.5″ (2000年分点)

ケフェウス座の超新星(印の箇所)の発見画像。(撮影:嶋邦博さん。24日3時54分 15秒露出)
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/03/30sn_cep/attachments/sn_cep.jpg

 米・リック天文台での分光観測などから、「Ibn型」という珍しいタイプの超新星とみられる。

 嶋さんによる超新星発見は今年1個目、通算で3個目となる。

NGC 6951周辺の星図と、DSS画像に表示した超新星。
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/03/30sn_cep/attachments/chart.png

<参照>
AstroArts: 投稿画像ギャラリー: PSN J20372558+6607115 in NGC6951
http://www.astroarts.co.jp/photo-gallery/photo/25595.html

ATel #7298: Spectroscopic Classifications of PSN J20372558+6607115 with Lick 3-m Reflector
http://www.astronomerstelegram.org/?read=7298

CBAT "Transient Object Followup Reports%quot;
http://www.cbat.eps.harvard.edu/unconf/followups/J20372558+6607115.html

引用元: 【天文】嶋さんがケフェウス座に超新星を発見

嶋さんがケフェウス座に超新星を発見の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/03/09(月) 22:23:08.19 ID:???.net
掲載日:2015年3月4日
http://gigazine.net/news/20150304-3753-cruithne/

1


 惑星の周りを公転する天体を「衛星」と呼び、地球の周りを回る「月」がよく例に挙げられます。
人工衛星を除けば月以外に地球の衛星はないように思えますが、見かけ上、地球を周回し楕円とは異なるらせん状の複雑な軌道をとってぐるぐる回る小惑星「3753 Cruithne(クルースン)」の存在が知られています。

 クルースンが地球の周りをどんな風に回るのかは、以下のムービーで確認できます。

Near-Earth Asteroid 3753 Cruithne - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=lRaqYClJ154&hd=1




中央の天体は太陽で、一番左が地球、地球と太陽の間にある小さな黄色い点がクルースンを示しています。
http://i.gzn.jp/img/2015/03/04/3753-cruithne/a01_m.jpg

太陽の周りを円に近い軌道で回る地球に対して、クルースンは楕円の軌道を描きます。
http://i.gzn.jp/img/2015/03/04/3753-cruithne/a02_m.jpg

地球とクルースンの位置関係を示すために、緑色の線を入れてみます。
http://i.gzn.jp/img/2015/03/04/3753-cruithne/a03_m.jpg

地球を中心にクルースンとの距離を白い線で描くとこんな感じ。
http://i.gzn.jp/img/2015/03/04/3753-cruithne/a04_m.jpg

白い線が描く図形を眺めると、地球に対するクルースンの軌道は、楕円をゆがめたわらじのような形状を
描くことが分かります。なお、この軌道の形は学術的には「馬蹄形」と表現されています。
http://i.gzn.jp/img/2015/03/04/3753-cruithne/a06_m.jpg


次に、地球を中心とした場合のクルースンの軌道がよく分かるムービーがこれ。地球と同じ速度で
動く物体に乗って太陽系を「上から」眺めた様子を表現しています。

Near-Earth Asteroid 3753 Cruithne - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=dsHsYjuudVo&hd=1


続きはソースで

<参照> 
JPL Small-Body Database Browser - 3753 Cruithne (1986 TO) 
http://ssd.jpl.nasa.gov/sbdb.cgi?orb=1;sstr=3753 

Earth's other 'moon' and its crazy orbit could reveal mysteries of the solar system 
https://theconversation.com/earths-other-moon-and-its-crazy-orbit-could-reveal-mysteries-of-the-solar-system-38010

引用元: 【天文/NEO】「月」以外に地球の周りを回っている知られざる天体とは?

「月」以外に地球の周りを回っている知られざる天体とは?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/03/02(月) 21:15:42.40 ID:???.net
掲載日:2015年3月2日
http://www.zaikei.co.jp/article/20150302/238087.html

no title


 千葉大学の松本洋介特任助教らによる研究グループは、スーパーコンピュータ「京」を用いたシミュレーションによって、超新星残骸衝撃波を始めとする様々な天体衝撃波で高エネルギーの電子を効率よく生成することができるメカニズムを明らかにした。

 超新星爆発の名残である超新星残骸やブラックホールから飛び出すジェットなどの天体における爆発現象では、電波からX線・ガンマ線にわたる様々な波長の電磁波が放射される。しかし、その具体的なメカニズムは解明されていなかった。

 今回の研究では、スーパーコンピュータ「京」を使ってシミュレーションを行ったところ、超新星残骸衝撃波を始めとする天体衝撃波の波面で磁気リコネクションと呼ばれるプラズマ過程が起きることで、電子が効率的に加速されることが分かった。

続きはソースで

なお、この内容は2月27日に「Science」に掲載された。

<画像>
(上段左)衝撃波の構造。色は電子密度、線は磁力線をあらわす。(上段右)一部領域の拡大図。(下段)電子が磁場の塊(灰色線)に衝突しながらエネルギーを獲得する様子(赤線)。背景色は磁場の紙面に垂直な成分の大きさをあらわす(Matsumoto et al., Science, 2015の図より)
http://www.zaikei.co.jp/files/general/2015030211392440big.jpg

<参照>
スーパーコンピュータ「京」で解き明かした宇宙線加速:天体衝撃波における高エネルギー電子生成機構の新理論を発表 | 国立天文台(NAOJ)
http://www.nao.ac.jp/news/science/2015/20150227-cfca.html

Stochastic electron acceleration during spontaneous turbulent reconnection in a strong shock wave
http://www.sciencemag.org/content/347/6225/974.abstract

引用元: 【宇宙物理】千葉大など、スーパーコンピュータ「京」で宇宙線加速の謎を解明

千葉大など、スーパーコンピュータ「京」で宇宙線加速の謎を解明の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ