理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

天文台

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/04/20(木) 09:09:48.53 ID:CAP_USER9
兵庫県立大西はりま天文台(同県佐用町)は19日、地球に接近中の小惑星「2014 JO25」が約180万キロまで近づいた際の撮影に成功したと発表した。

同天文台によると、小惑星はピーナツ状で、最も長い部分で約650メートル。
数百メートル級の小惑星は数が少なく、200万キロ以内まで近づくのは十数年に1度の確率という。

地球への最接近は計算上、19日午後9時25分ごろとされる。その後は地球から遠ざかる。

続きはソースで

兵庫県立大西はりま天文台が撮影した小惑星「2014 JO25」(円内)=19日午後7時15分ごろ
http://www.sankei.com/west/photos/170419/wst1704190093-p1.html

配信 2017.4.19 22:56更新

産経WEST ニュースサイトを読む
http://www.sankei.com/west/news/170419/wst1704190093-n1.html

ダウンロード


引用元: 【宇宙】地球接近の小惑星 撮影に成功 兵庫の天文台 [無断転載禁止]©2ch.net

地球接近の小惑星 撮影に成功 兵庫の天文台の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/11/05(土) 09:43:01.40 ID:CAP_USER9
2016.11.5 07:51
京大花山天文台ピンチ! 存続へ「宇宙科学館」構想を提案 元総長ら有志、スポンサー集めや寄付金呼びかけ


http://www.sankei.com/images/news/161105/wst1611050018-p1.jpg
講演会で公表された「宇宙科学館」構想=京都市左京区

 京都大花山(かざん)天文台(京都市山科区)の存廃問題で、京大の教授やOBら有志でつくる
「京都花山天文台の将来を考える会(仮称)」は4日、同天文台の存続案として「宇宙科学館」構想を公表した。
構想では「宇宙と人」をテーマに、市民らが集う教育学習施設として活用することを提案している。
ただ、存続・維持に年間で少なくとも1千万円の資金が必要で、スポンサー集めや寄付金を呼びかける方針。

 同日、京都市内で開いた同天文台をめぐる講演会で明らかにした。

 同会が提案する同天文台の存続構想は、
映像やプラネタリウムの各設備を備え、宇宙・地球に関する歴史・文化や研究成果の解説展示を行う「宇宙科学館」
▽最先端のものづくりを行うベンチャー企業が入居する「インキュベーションセンター」
▽星空観察会や野外コンサートなど各種イベントができる「多目的広場」
-などを設置。土地・建物は京大が保有し、運営は新たに設置する民間の一般社団法人が行うとした。

続きはソースで

ソース:産経
http://www.sankei.com/west/news/161105/wst1611050018-n1.html

参考:京大天文台
http://www.kwasan.kyoto-u.ac.jp
ダウンロード


引用元: 【科学】京大・花山天文台が存続の危機 [無断転載禁止]©2ch.net

京大・花山天文台が存続の危機の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/08/12(水) 21:20:10.18 ID:???.net
山形県の板垣公一さんが8月6日、ペガスス座の銀河に超新星を発見した。
板垣さんの超新星発見は今年8個目、通算では108個目となる。
----------
【2015年8月12日 CBAT/ATel】

山形県の板垣公一さんが8月6.6796日(世界時。日本時では7日1時20分ごろ)、ペガスス座方向の銀河NGC 7753に超新星候補天体を17.3等で発見した。
天体の位置は以下のとおり。
赤経 23h47m06.15s
赤緯 +29°29′07.4″ (2000年分点)

画像:ペガスス座の超新星(撮影:板垣公一さん、以下同)
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/08/12sn_peg/attachments/itagaki.jpg

伊・アジアゴ天文台での分光観測から、II型超新星とみられている。

画像:NGC 7753周辺の星図と、DSS画像に表示した超新星。
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/08/12sn_peg/attachments/chart.png

板垣さんによる超新星発見は今年8個目で、通算では108個(独立発見を含む)となった。
板垣さんは2006年5月にも、同じ銀河に超新星2006chを発見している(板垣さんの18個目の発見)。

(引用ここまで 全文は引用元参照)

00


▽記事引用元
AstroArts 2015年8月12日
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/08/12sn_peg/index-j.shtml

☆ご依頼いただきました。

引用元: 【天文】板垣さん、ペガスス座に今年8個目となる超新星発見 通算108個

板垣さん、ペガスス座に今年8個目となる超新星発見 通算108個の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/06/24(水) 18:37:53.72 ID:???.net  

画像 
http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/select/images/20150625k0000m040002000p_size8.jpg

北海道稚内市で撮影された赤っぽいオーロラ=2015年6月23日午後11時33分、なよろ市立天文台の中島克仁さん撮影。天体撮影用カメラで30秒露光

 北海道の一部で23日夜、オーロラが観測された。北海道では3月に11年ぶりにオーロラが観測されており、今年2回目。

 なよろ市立天文台「きたすばる」の職員、中島克仁さんが稚内市で撮影した。
23日は日中から大きな磁気嵐が起き、オーロラが撮影できる可能性が高いとの情報を得たが、天文台のある名寄市は天候が悪かったため、晴れ間を求めて直線距離で約130キロ北の稚内市まで車を走らせた。

続きはソースで

ダウンロード (1)

【伊藤奈々恵】毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20150625k0000m040001000c.html


引用元: 【オーロラ】北海道で観測 今年2回目[06/23]

【オーロラ】北海道で観測 今年2回目の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/03/20(金) 15:41:09.45 ID:???.net
掲載日:2015年3月19日
http://www.47news.jp/CN/201503/CN2015031901001023.html

 滋賀県多賀町の民間天文台「ダイニックアストロパーク天究館」が発見した小惑星が「Heiankyo(平安京)」と命名され、同館が19日発表した。

0 (2)


 京都情報大学院大の作花一志教授が、平和を願ってつくられたとされる都の精神を世界に発信すべきだと名前を提案。平安時代には天体観察が進んだことにもちなんだ。

 同館によると、これまでの観測で、大きさは十数キロメートル、ジャガイモのような形とみられる。

続きはソースで

<画像>
「Heiankyo(平安京)」と命名された小惑星(矢印上とその左斜め上)。軌道を移動する様子を特殊な撮影法で観測したため二つに見える=1992年5月(ダイニックアストロパーク天究館提供)
http://img.47news.jp/PN/201503/PN2015031901001101.-.-.CI0003.jpg

<参照>
Welcome to Dynic Astropark!!
http://www.dynic.co.jp/astro/index_i.html

引用元: 【天文】小惑星の名は平和願い「平安京」 滋賀の民間天文台が発見

小惑星の名は平和願い「平安京」 滋賀の民間天文台が発見の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/03/18(水) 18:51:42.64 ID:???*.net
北海道名寄市にある天文台が、18日未明、通常は北極や南極でしか見られないオーロラの撮影に成功したことが分かりました。
3日ほど前に、太陽の表面で大きな爆発があり、電気を帯びた大量の粒子が地球に飛来したのが原因で、天文台によりますと、国内でオーロラが撮影できたのは、11年ぶりだということです。

001 (2)


オーロラを撮影したのは、北海道北部の名寄市にある「なよろ市立天文台」です。18日午前3時半すぎ、天文台の職員が、北の空がオーロラの光で赤く染まっているのを撮影したということで、国内でのオーロラの撮影は、平成16年11月以来、11年ぶりだということです。

オーロラは、太陽から届いた電気を帯びた粒子が、北極や南極に集まって光を発する現象で、太陽の表面で大きな爆発があり、地球の磁場が乱れると、日本の北海道のような低い緯度の地域でも観測できることがあります。

続きはソースで 

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150318/k10010020031000.html

引用元: 【気象】北海道でオーロラ撮影 国内で11年ぶり

北海道でオーロラ撮影 国内で11年ぶりの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ