理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

太古

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 一般人φ ★ 2013/10/13(日) 14:05:17.33 ID:???

 鳥の祖先には尾が2つあった? 新しい研究によると、1億2000万年前のある鳥は、長い1本の尾に加えて、葉のような第2の尾を持っていたという。この発見は、現在の鳥たちに見られる尾が複雑な進化をたどってきたことを示唆している。

 その鳥とは、2番目に古い鳥として知られるジェホロルニス(Jeholornis)だ。生息地は現在の中国。同地域では、この10年間に他の羽毛恐竜の化石が多数発掘されている。ジェホロルニスは化石から、七面鳥ほどの大きさで、翼部分の前肢にツメを持ち、下あごに小さな歯が3本あったことがわかっている。同じく化石から、先が扇のように広がつ長い尾が1本あったと考えられていたが、今回、研究チームは、葉のような第2の尾がこの鳥を飾っていたことを発見したと主張している。

 北京にある中国科学院のジンマイ・オコナー(Jingmai O’Connor)氏は今回の研究論文の中で、「ジェホロルニスの“2つの尾”の羽飾りはユニークだ」と述べている。

 研究によると、この太古の羽飾りの証拠を残すジェホロルニスの11の化石のうち6つの化石に、11本の羽根からなる葉状の尾の形跡があった。背中に「視覚的に目立つ」仕方で真っすぐ突き出ていたという。

◆2つの尾によるディスプレー

 ニューヨークにあるアメリカ自然史博物館の古生物学者マーク・ノレル(Mark Norell)氏は、「明らかに、この葉のような形にディスプレー(誇示)の側面があることは否定できない」と語る。同氏は今回の研究には加わっていない。「クジャクなど、大きな羽をディスプレーに使う現存する鳥たちを思いだす」。

 クジャクのような鳥にとって、羽の機能は、つがいになるかもしれない相手の注意を引くことが何よりも大きい。

 現在の鳥ではオスのほうが目立つ羽を持つことから、目を引く葉のような尾を持っていたのは、ジェホロルニスのオスかメスの一方だったのではないかと研究チームは考えている。

(本文>>2以降に続く)

▽画像 2つの尾をもつ1億2000万年前のジェホロルニス(復元図)。Illustration courtesy Aijuan Shi
b6d35ec2.jpg

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_images/prehistoric-bird-has-two-pronged-tail_72293_600x450.jpg

▽記事引用元 ナショナルジオグラフィックニュース(October 8, 2013)
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20131008001

▽PNAS
「Unique caudal plumage of Jeholornis and complex tail evolution in early birds 」
http://www.pnas.org/content/early/2013/10/02/1316979110.abstract?sid=8ba0510d-473b-46ef-9aa7-b4dcf8d88096



【古生物】太古の鳥ジェホロルニスは2種類の尾羽を持っていた。尾の複雑な進化の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 一般人φ ★ 2013/10/13(日) 14:21:48.00 ID:???

 最近実施された古代人の手形の分析調査から、太古の壁画の大部分が女性によって描かれた可能性が浮上している。
作者が男性という説をだれも疑わなかったが、今後は再考を迫られるかもしれない。

 アメリカ、ペンシルバニア州立大学の考古学者ディーン・スノー(Dean Snow)氏は、フランスとスペインにある計8カ所の洞穴を調査。描かれた手形の指の長さを比較したところ、4分の3が女性の作品と判明したという。

 長い間、創作物は男性の作品という固定観念に縛られてきた。作者とその目的について、実は勝手な想像を巡らしているだけだ」とスノー氏は批判する。

 世界中の洞窟壁画には、多数の手形が描かれている。しかし、太古のバイソンやトナカイ、馬、マンモスなど、数多くの狩猟対象の動物がまず注目され、多くの研究者が狩猟を行う男性が描いたという説を提唱していた。
今回の研究結果はこれに反論を突き付ける形となる。

「狩猟採集社会で狩りをするのは、ほとんど男性だが、獲物を居住場所まで運ぶのは女性だ。男性と同じように、狩りの生産性を担っている。バイソンを追いかけ回していれば済むわけではない」とスノー氏は語る。

 スノー氏の新しい研究結果については、さまざまな意見が飛び交っている。

「手形は現代人と旧石器時代の人々とをつなぐ明確な手掛かりとなるため、壁画の研究に皮肉な事実を突き付けることもある。太古の人々の生活がわかったような気になっていても、調査を進めるほど理解の浅さを思い知らされる」と、イギリスにあるダラム大学の考古学者ポール・ペティット(Paul Pettitt)氏は述べる。

(本文>>2以降に続く)

8

▽記事引用元 ナショナルジオグラフィックニュース(October 10, 2013)
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20131009002



【考古】太古の芸術家は大半が女性だった?の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ