理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

太陽系外

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2018/06/28(木) 09:06:21.78 ID:CAP_USER
2018/6/28 09:00
©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】観測史上初めて太陽系外から飛んできた小惑星と昨年認定された「オウムアムア」について、米航空宇宙局(NASA)などの国際チームは27日、飛行の特徴から実際はガスやちりを放出しながら飛ぶ彗星だったとする研究成果を発表した。

続きはソースで

https://this.kiji.is/384856303124087905


ダウンロード (1)

引用元: 【宇宙】小惑星「オウムアムア」実は彗星 ガス、ちり放出で加速[06/28]

小惑星「オウムアムア」実は彗星 ガス、ちり放出で加速の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/27(火) 21:30:29.55 ID:???.net
掲載日:2015年1月27日

 2012年、ケンタウルス座の方向約430光年彼方の若い恒星J1407(1SWASP J140747.93-394542.6)に、土星のような環を持った惑星が見つかった。恒星の手前を惑星が通過する「トランジット現象」の観測データを調べたオランダとアメリカの研究チームが、2007年に57日間にわたって惑星の環によるとみられる複数回の減光が起こっていることをつきとめたのだ。

 研究チームによる新たな解析から、この惑星J1407bの環の巨大さが明らかになってきた。J1407bは木星の10~40倍の質量と考えられ、30個以上も重なる環の全体の直径は約1億2000万kmにも及ぶ。これは太陽~金星の距離よりも大きく、土星の環の200倍という大きさだ。

 「このJ1407bが土星と同じ位置にあったら、その環は月よりずっと大きく見えるでしょう」(オランダ・ライデン大学のMatthew Kenworthyさん)。

 恒星の光を大きく遮る環は分厚く大量の物質を含むと考えられる。さらに、土星の環のように明瞭で大きな隙間があることから、その部分では火星~地球程度の質量の大型衛星が作られているかもしれないという。太陽系外でこれほどの規模の衛星が作られつつあるようすがとらえられたのは初めてのことだ。

続きはソースで

<画像>
J1407bの巨大な環(イメージ図提供:Ron Miller)
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/01/27j1407b/attachments/j1407b.jpg

土星の環がJ1407bの環と同じ大きさなら、月より大きく、望遠鏡いらずで見ることができる
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/01/27j1407b/attachments/chart.jpg

<参照>
Giant rings around exoplanets J1407b were much more rings of Saturn - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=CVnEac4Y48Y



“Super Saturn” Has an Enormous Ring System and Maybe Even Exomoons
http://www.universetoday.com/118500/super-saturn-has-an-enormous-ring-system-and-maybe-even-exomoons/

Cornell University Library - [1501.05652] Modeling giant extrasolar ring systems in eclipse and the case of J1407b:
sculpting by exomoons?
http://arxiv.org/abs/1501.05652

<記事掲載元>
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/01/27j1407b/index-j.shtml

引用元: 【宇宙】土星の200倍、巨大な環を持つ系外惑星

土星の200倍、巨大な環を持つ系外惑星の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: TOY_BOx@みそしるφ ★ 2013/11/22(金) 04:34:29.12 ID:???

太陽系の外から飛んできたとてつもなく高いエネルギーを持つ素粒子ニュートリノを検出したと、千葉大が参加する国際研究チームが22日付の米科学誌サイエンスに発表した。

南極の巨大な氷床を観測装置として利用する実験「アイスキューブ」の成果。

これほど高いエネルギーのニュートリノを発生させる天体は謎だが、ブラックホールや超新星爆発などが考えられるという。
吉田滋・千葉大准教授は「検出は世界初。はっきり分かっていない(宇宙を飛び交う粒子の)宇宙線の起源を解明できるかもしれない」としている。

9625eaeb.png

▽記事引用元 : 2013/11/22 04:00 【共同通信】
 http://www.47news.jp/CN/201311/CN2013112101001987.html

Science 22 November 2013 :Vol. 342 no. 6161 DOI: 10.1126/science.1242856
 Evidence for High-Energy Extraterrestrial Neutrinos at the IceCube Detector
  http://www.sciencemag.org/content/342/6161/1242856
IceCube Home Page  http://icecube.wisc.edu/
千葉大学 粒子線物理学研究室  http://www.ppl.phys.chiba-u.jp/



【ニュートリノ】南極の実験施設 アイスキューブ・ニュートリノ観測所でニュートリノ検出 宇宙から高エネルギー粒子の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ