理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

失敗

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/28(土) 08:18:08.66 ID:???.net
掲載日:2015年2月27日
http://www.sorae.jp/030826/5453.html

01 (2)


 昨年10月に発生した、米国オービタルATK社(旧オービタル・サイエンシズ社)のアンタレス・ロケットの打ち上げ失敗について、ロイター通信は2月20日、燃料タンクからエンジンに向けて乾燥剤が入り込んだためではないかとする、事故調査委員会の関係者の発言を報じた。

 記事によれば、ターボ・ポンプをはじめとするロケットエンジンのさまざまな場所から、結晶化した乾燥剤の粒子が発見されたという。そこから、乾燥剤がタンクからエンジンへ流れ込んで火花が発生、そしてその火花は、ターボ・ポンプの酸素に富んだ環境の中で火災を誘発し、そこからエンジンの爆発に至ったのではないかという説が浮上したという。

 この乾燥剤は、燃料タンク内の湿気を抑えるために入れられており、打ち上げの前に取り除かれることになっているが、オービタルATK社による作業時の不注意によって、残されたまま打ち上げられた可能性があるとされる。ただし、これはあくまで可能性のひとつであり、そうと決まったわけではない。また乾燥剤がエンジンに流れ込んだことで爆発したのか、あるいは爆発したことで流れ込んだのか、その関係性を決定することは難しいという。

 同紙がオービタルATK社に取材したところによれば、「それは可能性のひとつではあるけれども、主要な候補ではない」
と回答したという。

 さらに別のソースは、「根本的な原因」を見つけるのは困難であることから、原因の断定はせずに調査を終えることになるかもしれないと語ったという。

 この事故は2014年10月28日に発生したもので、シグナス補給船運用3号機を載せたアンタレス・ロケットが打ち上げ直後に爆発し、墜落した。シグナス補給船には国際宇宙ステーションに送り届けるための物資や実験機器などが搭載されていたが、すべて失われることになった。

続きはソースで

<画像>
Image credit: NASA
http://www.sorae.jp/newsimg15/0226antares.jpg

<参照>
Exclusive: Orbital explosion probe said to find debris in engine: sources | Reuters
http://www.reuters.com/article/2015/02/20/us-orbital-atk-gencorp-explosion-idUSKBN0LO28P20150220

引用元: 【宇宙開発】アンタレス打ち上げ失敗、エンジンに乾燥剤が入り込んだためか=ロイター通信

アンタレス打ち上げ失敗、エンジンに乾燥剤が入り込んだためかの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/10(火) 20:59:12.96 ID:???.net
掲載日:2015年2月10日
http://www.afpbb.com/articles/-/3039214

 食料調達を始めようとする若いミツバチには失敗して早死にするケースが多くみられ、これがコロニー崩壊の憂慮すべき現象を引き起こす要因の一つとなっているとした研究論文が、9日の米科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academyof Sciences、PNAS)に掲載された。

2


 科学者らは、農作物の重要な受粉媒介者であるミツバチの個体数が世界中で減少している理由を解明するため、◯虫剤の使用から、ハチが好む植物の消失、病気までに及ぶさまざまな要因の研究を進めている。

 英国、米国、オーストラリアの国際研究チームが行った最新の研究では、蜂群崩壊症候群(CCD)のもう一つの新たな要因として「巣の中の社会的崩壊」が指摘された。

 研究チームは、ミツバチ数千匹に無線発信器を取り付け、ハチの行動を調査した。

 ミツバチは通常、生後2~3週間で蜜の採集を始める。しかし、コロニーが病気や食料不足、その他の慢性ストレス要因に見舞われると、高齢のハチから先に死んでいくため、これを補うかたちで若いハチが蜜採集を始める。ただ、若いハチが蜜採集の飛行を完了させる可能性は低く、初回の採集飛行中に死ぬ確率が極めて高いことを研究チームは発見した。

「この若いハチの集団が蜜採集に向かうことで、食料調達の成果が不振になる上、食料調達係の死を早める事態を招いた。
結果、コロニーの個体数減少を劇的に加速させることにもつながった。これは世界中でみられるCCD現象の観察結果に酷似している」と論文は述べている。

続きはソースで

(c)AFP

<画像>
米メリーランド州ベルツビルのハチ研究施設で飼育されるミツバチ(2007年8月22日撮影、資料写真)。(c)AFP/SAUL LOEB
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/4/0/1024x/img_409a934ea8769a9f0e0fde1bedb6a37a239252.jpg

<参照>
‘Stressed’ young bees could be the cause of colony collapse
http://www.qmul.ac.uk/media/news/items/se/147864.html

Rapid behavioral maturation accelerates failure of stressed honey bee colonies
http://www.pnas.org/content/early/2015/02/04/1422089112

引用元: 【生物/環境】ミツバチのコロニー崩壊、若バチの早死にも要因か 国際研究

ミツバチのコロニー崩壊、若バチの早死にも要因か 国際研究の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/11(火) 23:20:15.79 ID:???.net
「地震予知失敗」に逆転無罪=科学者に責任問えず-イタリア

【ジュネーブ時事】イタリア中部ラクイラで2009年4月に309人が死亡した大地震で、リスクを事前に住民に警告しなかったとして過失致死罪に問われた地震学者ら7人が一審で禁錮6年の有罪判決を受けた裁判で、ラクイラの上級裁判所は10日、罪に問われた科学者6人に逆転無罪の判決を下した。
 
技術的に確立していない地震予知をめぐり、科学者に責任が問えるかどうかが争点となったが、二審は、事前警告については科学者に刑事責任は問えないと判断した。(2014/11/11-13:19)
_________

▽記事引用元
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014111100080
時事ドットコム(http://www.jiji.com/)2014/11/11-13:19配信記事


引用元: 【地震】「地震予知失敗」に逆転無罪 科学者に責任問えず/イタリア__

「地震予知失敗」に逆転無罪 科学者に責任問えず/イタリアの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/13(木) 08:58:49.01 ID:???.net
欧州探査機、彗星に着陸も固定に失敗
2014年11月13日 08:34 発信地:ダルムシュタット/ドイツ

【11月13日 AFP】(一部更新)欧州宇宙機関(ESA)の彗星(すいせい)周回探査機ロゼッタ(Rosetta)から切り離された実験用着陸機「フィラエ(Philae)」は日本時間の13日未明、世界で初めて彗星に着陸した。
だが、彗星表面への固定には失敗し、管制センターでは懸念が広がっている。

ESAの発表によると、フィラエは、地球から5億1000万キロあまり離れた距離で行われた危険な降下ミッションを切り抜け、
67P/チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(Comet 67P/Churyumov-Gerasimenko)に着陸。
7時間に及ぶ降下の後に機体は銛で表面に固定されるはずだったが、無線信号のデータから、彗星表面の軟らかい部分に着地したか、表面で跳ね返されて再び着陸した可能性が示唆された。

ただ、フィラエからは既に大量のデータが送信されているといい、ESAでは実験が続行できるかどうかを調べている。

-----------引用ここまで 全文は引用元参照----------

▽記事引用元
http://www.afpbb.com/articles/-/3031604
AFPBBNews(http://www.afpbb.com/)2014年11月13日 08:34配信記事

▽関連リンク
ESA
Touchdown! Rosetta’s Philae probe lands on comet
http://www.esa.int/Our_Activities/Space_Science/Rosetta/Touchdown!_Rosetta_s_Philae_probe_lands_on_comet


引用元: 【宇宙開発】【宇宙】彗星探査機ロゼッタ 彗星に着陸も実験用着陸機「フィラエ(Philae)」固定に失敗/ESA

彗星探査機ロゼッタ 彗星に着陸も実験用着陸機「フィラエ(Philae)」固定に失敗/ESAの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/29(水) 08:24:33.60 ID:???.net
米無人ロケットが落下、爆発 千葉工大のカメラ搭載

【ワシントン共同】米国の衛星打ち上げ会社オービタル・サイエンシズは28日(日本時間29日)、国際宇宙ステーションに物資を運ぶ無人補給機「シグナス」を、米バージニア州にある米航空宇宙局(NASA)の飛行施設から打ち上げたが、ロケットが直後に発射場に落下して爆発し、打ち上げは失敗した。

千葉工業大が開発に参加した流星観測カメラ「メテオ」を含む2トン超の科学実験器材や食料を搭載していた。
シグナスのステーションへの打ち上げは4回目。
アンタレスロケットの先端に載せてエンジンに点火したが、いったん上昇を始めた後で落下した。

2014/10/29 08:12 【共同通信】
____________

▽記事引用元
http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014102901000803.html
47NEWS(http://www.47news.jp/)2014/10/29 08:12

▽関連スレッド
[転載禁止] 【宇宙開発】アンタレス・ロケット、発射台へ 27日にシグナス補給船運用3号機(Orb-3)を打ち上げ(c)2ch.net
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1414342451/

引用元: 【宇宙開発】アンタレス・ロケットが落下、爆発 無人補給機「シグナス」を搭載

アンタレス・ロケットが落下、爆発 無人補給機「シグナス」を搭載の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/07/21(月) 13:45:21.16 ID:???.net
東京工業大学フロンティア研究センター&応用セラミックス研究所の細野秀雄教授は、超電導の材料を開発する際に失敗した材料(約1000種類)のデータベースを公開する。
実験で仮説が否定された「ネガティブデータ」はグローバルな研究開発競争を戦う上で最も重要な情報の一つ。
1000種類といった大規模データの公開は異例という。超電導研究に取り組む他の研究者が閲覧すれば
同じ失敗を繰り返さずにすみ、研究効率の向上に大きく寄与する。

公開するのは、2010年から実施してきた内閣府の最先端研究開発支援(FIRST)プログラム
「新超電導および関連機能物質の探索と産業用超電導線材の応用」で実験した鉄化合物やチタン化合物、アンチモン化合物などの材料情報。

http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720140721aaaf.html

引用元: 【材料科学】東工大、超電導材料開発での失敗データ公開

東工大、超電導材料開発で失敗したデータを公開の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ