理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

女子

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/01/16(土) 18:39:55.12 ID:CAP_USER*.net
島尻安伊子科学技術担当相は、理系の学問に通じた女性「リケジョ」をメンバーとする私的懇談会を近く政府内に発足させる意向を固めた。

科学技術の進展で未来の暮らしがどう変わるか女性の視点を生かして分かりやすく説明する報告をまとめ、関連施策への国民理解を深めるのが狙い。
顔触れは宇宙飛行士の山崎直子さんら数人となる予定だ。

続きはソースで

ダウンロード


http://this.kiji.is/60999073230569473

引用元: 【政治】政府、「リケジョ」懇談会発足へ

政府、「リケジョ」懇談会発足への続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: テキサスクローバーホールド(愛知県) 2014/02/10(月) 01:04:59.15 ID:FHMplqfE0 BE:1276416768-PLT(12001) ポイント特典

STAP細胞「リケジョ」の快挙 「文系男子」の出番はどこにある?

http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/images/20140206/ecn1402060734005-p1.jpg
画期的な研究成果を発表した理化学研究所の小保方晴子さん

 「STAP細胞」と呼ばれる万能細胞の簡便な製作方法を開発した理化学研究所の小保方晴子氏が注目されている。
30歳の若さで研究リーダーとして業績を上げた。しかも、美人である。

 かつては女性が苦手で敬遠する傾向があった理科系の専門を女性が目指す通称「理系女(リケジョ)」が増えてきたこともあって注目されている。

 「○○女」とか「美人○○」といった形で女性であることが特別に注目されることは、本来の仕事上、区別すべきでない男女の別を必要以上に強調して好ましくないと筆者は考えているが、本稿で堅いことは言うまい。
注目される「理系女」に対して、たぶん本紙の読者に多いであろう「文系男子」の存在意義を考える。

 近年、大学受験生の志望で、理科系学部の人気が高まっている。就職の際に理科系の素養のある人材にニーズが高まっていることが理由だ。

 研究開発が必要となる製造業のような理系職場以外に、製造業以外のビジネスでも、IT(情報技術)方面の理解と適応の点で、また、データを使った調査や意思決定が重要性を増している昨今、ビジネスパーソンには、理数的な能力がより多く求められるようになった。

 率直にいって、多くの文系学部出身ビジネスマンは、理数、特に数学に弱すぎる。
たとえば、金融マンであれば、複利計算や確率・統計を十分に「使いこなせる」スキルが必要だ。
文系ビジネスマンは、せめてもう少し数学を勉強するといい。

 とはいえ、文系ビジネスマンが、これから急に理数に強くなると期待することは現実的でない。
それでは、文系男子はどこに活路を見いだすといいのか。

 文系男子の活路は、ズバリ「人間関係のスキル」にある。主な活躍の場は、「営業」と「マネジメント」の2方面だ。

(続く)
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20140206/ecn1402060734005-n1.htm
10



STAP細胞「リケジョ」の快挙 「文系男子」の出番はどこにある?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ダイビングフットスタンプ(愛知県) 2014/02/04(火) 03:12:22.61 ID:Dy8jGZmX0 BE:957312094-PLT(12001) ポイント特典

福島)めざせ小保方さん 理系女子に女性科学者が講演
2014年2月3日03時00分

http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140202001564_comm.jpg
女性科学者の話を熱心に聞く女子高校生たち=福島市三河南町のコラッセふくしま

 「STAP(スタップ)細胞を開発した小保方晴子さんをめざせ!」――海外で活躍する第一線の研究者を含む7人の女性科学者らが福島市で2日、県内の理系志望の女子高校生たちに研究内容などを講演した。

 日本女性科学者の会などが「被災地の高校生に夢をもってもらおう」と主催。福島、磐城、会津、会津学鳳の県立4高校の生徒ら約200人が集まった。

 胚(はい)の発生を研究する「発生学」が専門の、米国国立衛生研究所研究員の外山玲子さんは「自分の仮説を証明する実験結果が出た時の高揚感と興奮は何ものにもかえられない」。
「競争相手と会った時は、どこまで研究が進んでいるか、と互いに顔色をうかがう」と競争の実態も披露した。

bbc4210a.jpg

http://www.asahi.com/articles/ASG225RGFG22UGTB00C.html



理系女子(リケジョ)の比率 薬学→50% 化学→30% 物理→10% 機械・電気→5% これが理系だ!の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/03(月) 15:35:12.84 ID:???0

★リケジョ、小保方さんに続け ピンクの研究着に夢こめて
2014年1月31日11時54分

1

新型万能細胞(STAP〈スタップ〉細胞)の研究を主導し、作製に成功――。理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の小保方(おぼかた)晴子さん(30)の画期的成果は、「リケジョ」と呼ばれる理系の女子学生らに力を与えた。「ぶれない信念をもちたい」。
そう語る女性たちは目を輝かせ、夢を追いかける。

「研究は自分との闘い。あの年齢で研究リーダーを務め、成果を出したことがすごい」。
小保方さんの母校・早稲田大先進理工学部4年の池田愛花さん(22)は喜ぶ一方、これから進む自らの道を見つめて気を引き締めた。同級生の中には親の反対などで文系に進んだ人もいた。
そんな中での小保方さんの快挙。池田さんは「女子だから理系はなし、という偏見をなくしたい」と力を込める。

「理系女子の憧れですね!開発成功おめでとうございます!」。首都大学東京の都市教養学部物理学コースで学ぶ佐藤真柚(まゆ)さん(22)は30日、代表を務める理系女子大学生のインカレサークル「凛(りん)」のツイッターに書き込んだ。

http://www.asahi.com/articles/ASG102VZWG10UTIL003.html

写真・図版ピンクの研究着で作業をする山下陽子さん=30日、神戸市灘区、諫山卓弥撮影
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140130003338_comm.jpg
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140130003349_comm.jpg
STAP細胞について説明する理研発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子さん=神戸市中央区、諫山卓弥撮影
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140130003353_comm.jpg
科学分野の女性研究者の割合
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140130004060_comm.jpg



【朝日新聞】リケジョ、小保方さんに続け ピンクの研究着に夢こめての続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 伊勢うどんφ ★ 2013/11/27(水) 12:54:45.55 ID:???i

東北大学大学院医学系研究科教授 大隅典子

大学生の「理系女子」は全体のわずか12%
 100年前、東北大学が受け入れた日本初の女子大生は「理系」だった。
しかし「フィールズ賞」を男性が独占しているなど、世界的に理系分野では女性より男性の活躍が目立つ。いったい男女の能力はどこまで違うのだろうか──。

■女は男より頭が悪いのか

 13対1――。これは1983年にアメリカで行われた数学の学力調査で700点以上の高得点を獲得した13歳未満の子どもの男女の割合です。この結果だけをみれば「女子は数学が苦手なんだ」と感じるかもしれません。

 たしかに日本の大学生のうち、「理系」の学部に在籍している女子は約12%。
また「数学のノーベル賞」とも呼ばれるフィールズ賞の歴代受賞者はすべて男性です。
数学や物理の分野で活躍する女性が少ないことは事実です。

 しかし、それが「女子は生まれつき数学が苦手」という結論を導き出すかといえば、違います。

 冒頭に紹介した学力調査では、2005年の男女比は4対1となっています。
約20年の間に数学における男女の学力差は大きく改善しているのです。

5

>>2に続く
プレジデント 2013/11/27 08:45
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20131127-00011293-president-nb



なぜ理系に進学する女子が少ないかの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/11/18(月) 08:51:20.50 ID:???0

大学の理系学部といえば、男子学生が大半を占め、理系女子(通称・リケジョ)は圧倒的に少数派。
だが、中にはとびっきりの美女もいる。その中の一人が、上智大学・理工学部機能創造理工学科4年の五十嵐美樹さん。

「ヤバい、超伝導キター、って瞬間が最高の気分!!」という美樹さんの研究テーマは、「臨界電流密度をあげるための層の重ね方」。
日々、超伝導を起こすYBCO薄膜を作っているとのことだが、この研究が実は、環境問題にも貢献するそうだ。

例えば送電線に超伝導素材を使えるようになれば、送電ロスがなくなる。その結果、発電量も減らすことができるという。

今年、ミス理系コンテストのグランプリにも選ばれたという彼女。
将来は世界のインフラを整備する仕事を希望し、大手電機メーカーへの就職が内定している。
http://www.news-postseven.com/archives/20131118_227349.html

【ミス理系グランプリの五十嵐美樹さん(上智大学)】
4

http://www.news-postseven.com/picture/2013/11/igarashi.jpg



【画像あり】ミス理系グランプリ獲得 上智大学理工学部美女の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ