理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

害獣

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/07/09(土) 10:12:17.98 ID:CAP_USER
カヤネズミ「イネの食害なし」 滋賀県立大がフン解析 (京都新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160709-00000004-kyt-sctch
滋賀県立大学/水田に生息するカヤネズミの食性研究の成果について
http://www.usp.ac.jp/topics/ses20160614/


 日本最小のネズミで、田んぼなどに巣を作る「カヤネズミ」のフンをDNA解析したところ、イネをほとんど食べないことが、滋賀県立大(彦根市)非常勤講師で「全国カヤネズミ・ネットワーク」代表の畠佐代子さんと、同大学の高倉耕一准教授の共同研究で分かった。

 農家の中にはイネを食い荒らす害獣としてカヤネズミを捕◯する例もあるが、研究結果から「イネの食害はほとんどないと言える」とし、レッドリストで滋賀県で「希少種」、京都府で「準絶滅危惧種」となっているカヤネズミの保護を呼び掛けている。

 カヤネズミは体長が大人の親指大(約6センチ)、体重も五百円硬貨1枚分(7~8グラム)しかない、旧大陸由来のネズミ。国内では、北は宮城県から南は鹿児島県まで広く分布し、オギやススキなど背の高いイネ科の植物を編んで巣を作る。

 畠さんらは昨年6~11月に、彦根市開出今町の水田約5ヘクタール(休耕田含む)を対象にカヤネズミの巣を探し、巣の中に残っているフンをイネなど6種類の食べ物に絞ってDNA解析した。

 その結果、発見した29個の巣のうち21個からスズメノヒエ、8個からイヌビエのDNAを検出。一方、イネのDNAを確認したのはわずか1個で、他もオンブバッタを1個から検出しただけだった。

 畠さんらは研究の成果を分かりやすくまとめた小冊子を千部作成し、地元農家や小中学校に配布した。畠さんは「カヤネズミは良好な水辺や草地など、多様な生物がすむ環境指標となる生き物。京滋でも生息地が減っており、カヤネズミがすめる環境を保全管理し、保護を図る必要がある」と訴える。

ダウンロード (6)
 

引用元: 【生態学/環境】カヤネズミ「イネの食害なし」 滋賀県立大がフン解析 [無断転載禁止]©2ch.net

カヤネズミ「イネの食害なし」 滋賀県立大がフン解析の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/03/16(水) 04:57:27.76 ID:CAP_USER*.net
◆ロンドンで1メートル以上あるネズミの死骸が見つかる

ロンドンで働くガス会社の男性が、巨大なネズミの死骸を見つけました。
ロンドン西部、ハックニーダウンズの運動場近くでこのネズミの死骸を発見したトニー・スミスさんは、約1メートル20センチ、小型犬くらいの大きさだったと主張しています。

ガス技術者のトニー・スミスさんは、誰も信じてはくれないだろうと思い、同僚の電気技師ジェームズ・グリーンさんに頼んで写真を撮ってもらったということです。

スミスさんは「今まで見た中で一番大きいものでした。
猫とジャック・ラッセル・テリアを飼っているのですが、 その2匹を合わせた分よりも大きかった。
4フィート(1メートル20センチ)はありました。
ゴミ箱に突っ込もうと思いましたが、その前に、本物だと信じない人のために写真を撮ることを思いつきました」

続きはソースで

ダウンロード


画像
写真:https://livedoor.4.blogimg.jp/news4vip2/imgs/6/d/6dbf8255-s.jpg

America Force 2016年03月12日
http://www.americaforce.com/archives/56459598.html


引用元: 【国際】1メートル20センチもある巨大ネズミがロンドンで発見される(写真あり)★2

1メートル20センチもある巨大ネズミがロンドンで発見される(写真あり)の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/16(火) 15:39:37.00 ID:???.net
掲載日:2014/12/16

 ラットが仲間に危険を伝える際に分泌される2種類のフェロモンを特定することに、東京大などの研究チームが初めて成功した。嗅覚を使ったコミュニケーションの仕組みの解明や、ネズミなどの害獣駆除に応用が期待される。
論文は15日付の米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。

 昔から「一度ネズミが掛かったネズミ捕り器には二度と掛からない」と言われてきたが、その理由は解明されていなかった。

 東大大学院農学生命科学研究科の武内ゆかり准教授らは、ラットが危険を感じた際に肛門付近から発するさまざまな匂い分子を分析。
ラットにかがせて反応を見ることで、どの分子が「危険」の情報を伝えているかを調べた。

 その結果、4メチルペンタナールとヘキサナールと呼ばれる二つの分子が、フェロモンとして機能していることが判明。
どちらか一つでは機能せず、二つそろって初めて機能することも分かった。

<参照>
日経プレスリリース - 東大、ラットが危険を伝えるフェロモンを同定
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=375972&lindID=5

Proceedings of the National Academy of Sciences - Identification of a pheromone that increases anxiety in rats[PDFファイル]
http://www.pnas.org/content/early/2014/12/10/1414710112.full.pdf

<記事掲載元>
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014121600083

引用元: 【生物】「危険」伝えるフェロモン=ラットで初特定-東大など

「危険」伝えるフェロモン=ラットで初特定-東大などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: 幽斎 ★@\(^o^)/ 2014/05/07(水) 18:59:05.11 ID:???0.net

大阪産マツタケ、絶滅の危機 府が危惧種に分類
http://www.asahi.com/articles/ASG4X4FKLG4XPTIL011.html

大阪府内のマツタケが絶滅の危機にさらされている。府がレッドリスト改訂版で初めて「絶滅危惧種」に分類した。歌人の与謝野晶子が幼いころ、「取っても取ってもある」とマツタケ狩りに興じた地。庶民にも親しまれた秋の味覚が姿を消しつつある。

 リストは2000年の府レッドデータブックを改訂し、菌類を対象に追加して今年3月に発行された。
マツタケは近年発生量が激減。専門家らの評価で「府内で絶滅の危険が増大している種」を意味する「絶滅危惧Ⅱ類」とされた。
 原因として指摘されたのは、共生相手となるアカマツの松枯れや、山を手入れする人が減ったこと。昔は炊事や風呂の火をおこすのに薪や落ち葉を集めたため、土がむき出しになることで生息しやすい環境が作られていたという。

続きはソースで 


引用元: 【社会】大阪産マツタケ、絶滅の危機 府が危惧種に分類


「大阪産マツタケ、絶滅の危機 府が危惧種に分類」についての続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ