理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

害虫

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/10/23(日) 21:22:06.88 ID:CAP_USER
【プレスリリース】LEDと性フェロモンを用いた環境・生産に負荷の少ない新型の害虫誘◯トラップを開発 | 日本の研究.com
https://research-er.jp/articles/view/51451
https://research-er.jp/img/article/20161020/20161020154318.png


岡山大学大学院環境生命科学研究科(農)の宮竹貴久教授、ベンハー芙蓉株式会社(岐阜県岐阜市)、富士フレーバー株式会社(東京都羽村市)らの共同研究グループは、貯蔵穀類の大害虫であるタバコシバンムシが、紫外領域(375nm)の LED の直射光に最もよく反応することを実証。LED と既存の性フェロモンの効果を組み合わせることで、メスオスともに捕獲できることを実際の食品工場で実証し、害虫の行動特性を利用した新型の害虫誘◯トラップの開発に成功しました。本研究成果は 10 月 19 日(米国東部時間午前 7 時)に、アメリカ昆虫学会の公式ジャーナル「Journal of Economic Entomology」(Oxford University Press)オンライン版に掲載されます。

タバコシバンムシは、小麦・米・大豆・菓子・乾麺などの貯蔵穀物の世界的な大害虫で、化学農薬に対する抵抗性系統が出現しています。環境への負荷の視点からも化学的防除が困難で、性フェロモンを用いた方法では、オスしか誘引することができませんでした。

今回開発した新トラップは、オスの誘引とともに、LED の光に対する行動特性を利用して、メスの発生スポットも特定することができます。また、化学農薬と比べて、環境・生産に負荷の少ない方法です。今後、タバコシバンムシの発生スポットを特定できるとともに、格段に効率的な防除・管理が実現できると期待されます。

続きはソースで

images (3)
 

引用元: 【技術】LEDと性フェロモンを用いた環境・生産に負荷の少ない新型の害虫誘殺トラップを開発 [無断転載禁止]©2ch.net

LEDと性フェロモンを用いた環境・生産に負荷の少ない新型の害虫誘殺トラップを開発の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/07/09(土) 21:42:29.29 ID:CAP_USER
ドローンで害虫駆除 光で誘い高電圧で 佐賀 (佐賀新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160709-00010000-saga-sctch
http://amd.c.yimg.jp/im_siggRt6ynKyOBDgOvLuCUdkw9A---x900-y597-q90/amd/20160709-00010000-saga-000-1-view.jpg
http://amd.c.yimg.jp/im_sigguVDky9AF7ajP0lAKtwppmg---x900-y656-q90/amd/20160709-00010000-saga-001-1-view.jpg
http://www.optim.co.jp/wp-content/uploads/2016/06/20160615_optim.pdf


佐賀県、佐賀大、オプティム実験成功

 農業研究などの連携事業に取り組む佐賀県、佐賀大学、ITシステム開発のオプティム(本店・佐賀市、菅谷俊二社長)が、夜間にドローン(小型無人機)を飛行させ、害虫を駆除する実証実験に成功した。圃場上空を旋回するドローンにつり下げた光源が虫を誘い出し、薬剤を使わずに高電圧で◯虫するもので、甲虫やウンカなど夜行性害虫への効果が期待される。「自動飛行で寝ている間に害虫駆除」を理想に、実用化に向けた研究を進める。

 3者は2015年8月にIT(情報技術)農業の研究と人材育成で連携協定を締結。県や大学の見地を基にオプティムが、人工知能(AI)を搭載した多機能型ドローンを開発し、佐賀大学農学部附属アグリ創生教育研究センター(佐賀市)の圃場で実験を重ねてきた。

 稲などに深刻な被害をもたらすウンカ類は、昼間は葉の裏側に隠れて温存されるほか、薬剤への抵抗性を持つものもあり、従来の防除方法では完全に駆除できないこともあった。


IT化農業

 このドローンには病害虫が発生している箇所を自動解析して農薬を散布する機能もあり、活発に飛び回る夜間に捕捉・◯虫することで効果的な防除方法の確立につながる可能性もある。

 将来的にはロボット掃除機のように、自動飛行と充電を繰り返す“無人化”を検討している。県農業試験研究センターの田崎博文所長は「規模拡大が進む一方で農業の担い手が不足する中、農業のIT化は必要不可欠」と期待を寄せる。

 3者はIT技術を駆使して生産した農産物のブランド化についての研究にも着手。パッケージの2次元コードをスマートフォンなどで読み込むと、ウェブサイトに接続して栽培の課程や生産者からのメッセージの動画が表示されるアプリを開発した。佐賀大学の渡邉啓一農学部長は「SNSとの連動で、味の感想や調理法、生産者への要望も書き込める。生産者と消費者、消費者同士をつなげて共感を広げれば、生産者はマーケティング情報として生かすことができる」と展望を語る。

安くて安全

 一連の研究開発で目指すのは生産者の省力化と高品質化の両立だ。菅谷社長は「農薬が少ないものを食べたいという消費者と、無農薬・減農薬栽培は手間暇がかかりすぎるという生産者の間で利害が対立している一面もあったが、(IT農業により)低価格で安心・安全な野菜を届けることができれば画期的なこと。佐賀が新たな産業革命の発祥地になりつつあると確信している」と話す。

ダウンロード (3)
 

引用元: 【技術】ドローンで害虫駆除 光で誘い高電圧で 佐賀 [無断転載禁止]c2ch.net

ドローンで害虫駆除 光で誘い高電圧で 佐賀の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/06/25(土) 02:26:02.78 ID:CAP_USER
不妊化による害虫駆除法を考案した昆虫学者に賞授与 米
AFPBBNews 2016年06月23日 16:11 発信地:パリ/フランス
http://www.afpbb.com/articles/-/3091414

【6月23日 AFP】ハエの交尾と聞いて、情熱をかきたてられる人はそう多くないだろう。
しかし、長年その研究に取り組み、その過程で人工的な不妊化による害虫駆除法を考案した米国の昆虫学者2人にこのほど、「当初は風変わりに見えながら社会に大きな影響を与えた」研究に贈られる米国の賞「ゴールデン・グース賞(Golden Goose Award)」が授与された。

授賞したのは、ともに故人であるエドワード・ナイプリング(Edward Knipling)とレイモンド・ブッシュランド(Raymond Bushland)両氏。
半世紀余り前、物笑いの種にされたり無駄遣いだと非難されたりしながらも、長期にわたって肉食性のラセンウジバエの交尾の解明に懸命に取り組んだ。

両氏は研究過程で、ラセンウジバエやツェツェバエ、ネッタイシマカなど、病気を媒介する害虫の根絶に向けた「不妊虫放飼法(SIT)」と呼ばれる手法を考案。
これは放射線で不妊化させた虫を生息地に放ち、不妊化した雄と雌を交尾させ、ふ化しない卵を産ませ、個体数を減らすものだ。

続きはソースで

ダウンロード (1)

(c)AFP

▽関連
The Golden Goose Award
http://www.goldengooseaward.org/
AWARDEES: Edward F. Knipling and Raymond C. Bushland
SCIENCE: The Sex Life of the Screwworm Fly
FEDERAL FUNDING AGENCY: U.S. Department of Agriculture Agricultural Research Service
http://www.goldengooseaward.org/awardees/screwworms

引用元: 【受賞】ゴールデン・グース賞 不妊化による害虫駆除法を考案した昆虫学者に ラセンウジバエを1982年までに米国から駆除©2ch.net

ゴールデン・グース賞 不妊化による害虫駆除法を考案した昆虫学者に ラセンウジバエを1982年までに米国から駆除の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/06/21(日) 08:24:40.42 ID:???.net
縄文土器に多くの害虫痕跡発見 熊本大小畑教授-熊本のニュース│ くまにちコム
http://kumanichi.com/news/local/main/20150613002.xhtml
全国最多のコクゾウムシ圧痕を発見!-宮崎市本野原遺跡- - 熊本大学
http://www.kumamoto-u.ac.jp/whatsnew/zinbun/20150611-1
http://www.kumamoto-u.ac.jp/daigakujouhou/kouhou/pressrelease/2015-file/release150611_1.pdf

画像
http://kumanichi.com/news/local/main/photo/20150613002_DAT_20150613064219004.jpg
コクゾウムシの圧痕が見つかった土器と圧痕のアップ


 熊本大文学部の小畑弘己教授(55)=東北アジア植物考古学=は12日、縄文時代後期前半(3800年前~3400年前)の本野原遺跡=宮崎市=の土器群から、貯蔵食物に取り付く害虫コクゾウムシの圧痕(痕跡)173点を見つけた、と明らかにした。

 1カ所の遺跡で見つかった数では全国最多。小畑教授は「同遺跡における豊富な貯蔵食物の存在と、定住的生活を示す証拠」としている。

 コクゾウムシは体長3~4ミリで、定住的な集落にあるドングリやクリなど、でんぷん質の貯蔵食物を食べる害虫。圧痕とは、土器の粘土の中に紛れ込んだ植物の種子や昆虫の痕跡。

続きはソースで

images (1)

(飛松佐和子)

引用元: 【考古学】縄文土器に多くのコクゾウムシ圧痕を発見 宮崎市本野原遺跡 熊本大学

縄文土器に多くのコクゾウムシ圧痕を発見 宮崎市本野原遺跡 熊本大学の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/06/18(木) 18:23:27.80 ID:???.net
フェロモンで雄を混乱、同性間で「生殖行動」 ガ問題対策 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3052067

画像
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/b/3/500x400/img_b3e9a1be7f256da9638f98cb09f56070111882.jpg


【6月18日 AFP】英ロンドン(London)にある自然史博物館(Natural History Museum)では、雌のガが分泌するフェロモン(生理活性物質)を使って雄のガを混乱させ、雄同士を生殖活動に向かわせるという奇抜なシステムの試験が行われている。布を食い荒らす害虫のガの繁殖を防ぐのが狙いだという。

 英農業技術エグゾセクト(Exosect)は、微量濃度のフェロモンを染み込ませたタブレットを開発。これを雄のガにこすり付けると、他の雄を引き寄せるようになるという。タブレットは、ろう状物質の粉を固めたものだという。

 同社の広報担当、ジョルジーナ・ドノバン(Georgina Donovan)氏は17日、AFPの取材に「この粉は、雄のガの感覚能力を抑え込み、通常通りに雌を見分ることができなくなる」と語った。また「フェロモンの粉が付いていない雄が、粉を塗布処理した雄に出合うと、羽を振動させるなどの交尾行動を示し始める」と付け加えた。

 エグゾセクトは、雄のガを混乱させて他の雄との交尾を試みさせることは、害虫の脅威に対処する方法として、より効率的で環境に優しいと指摘。その点においては、防虫剤に含まれるような従来型の◯虫剤より優れているとした。

 ロンドンにあるハンプトン・コート宮殿(Hampton Court Palace)、国会議事堂(Houses of Parliament)、ロイヤル・オペラ・ハウス(Royal Opera House)とともに同社のシステムを使用している自然史博物館は、試験期間中にガの個体数が半減したと述べている。

続きはソースで

ダウンロード

(c)AFP

引用元: 【環境/技術】フェロモンで雄を混乱させ、雄同士を生殖活動に向かわせるシステム ガ問題対策 英自然史博物館

【アッー!?】フェロモンで雄を混乱させ、雄同士を生殖活動に向かわせるシステム ガ問題対策 英自然史博物館の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/06(金) 21:16:54.37 ID:???*.net
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201502/20150206_15047.html
青色の光でハエ、蚊などの害虫が死ぬことを東北大大学院農学研究科の堀雅敏准教授(応用昆虫学)らの
研究グループが発見した。紫外線に生物への毒性があることは知られていたが、可視光にも◯虫効果があると確認したのは初めて。農薬を使わない害虫駆除への応用が期待できそうだ。

2


 グループは、発光ダイオード(LED)の照明を使い、波長の異なる12種類の光をショウジョウバエのさなぎに4日間、照射した。

 いずれも青色に見える波長440ナノメートル(1ナノは10億分の1メートル)の光では73%、467ナノメートルの光では95%のさなぎが成虫になる前に死滅した。467ナノメートルの光では卵や幼虫、成虫でも同様の効果があった。

 一方、ほかの波長の光では、さなぎの致死率は40%以下にとどまった。
 小麦粉を好む害虫ヒラタコクヌストモドキや蚊(チカイエカ)のさなぎも青色光を当てると死んだ。
 ただ、有効な波長や光の強度には違いがあった。

続きはソースで

<可視光>電磁波の一種で、波長の長さによって赤、黄、緑、青、紫と色が変わる。おおむね400~500ナノメートルの波長帯が青色。赤より波長の長い赤外線、紫より波長の短い紫外線は肉眼では見えない。一般に光は波長が短いほどエネルギーが強い。

引用元: 【科学】青色光にハエや蚊などの害虫駆除効果-東北大院

青色光にハエや蚊などの害虫駆除効果-東北大院の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ